デジモノ

2013年8月13日 (火)

せいくらべ(ぉぃ)

P7270484

最近のガラクタ(ヤフオク経由)。

あ、RX1は、ガラクタでなく、「タバコ」(つまり大きさ比較用)です。

あとの4台は、まあ、今は誰も使ってない(ほんとか?)、Windows CE機です。

左の2台が、NECの、モバイルギア2(1は、MS-DOSベースです、って誰も知らないか)。R500 とR550です。
右のは、小さい青いのが、カシオの「カシオペア」という機種です。カシオペア座の正式なつづりを、15年前にこれで覚えたものです(w。
あと、RX1との間にはさまっているのが、ビクターのインターリンクの、わりと初期のMP-C102です(とはいえ後発ですから、CE3.01です)。

どれも結構お気に入りなのです。昔は全部欲しいと思っていましたが、実際に買うと、バイクや軽自動車が新車で買えそうなのでやめました(w。ざっくりで1台10万くらいで、した、よね。

#それでも、カシオペア2台とシャープの(当時)13万もする1台を買っちゃったのは、もう時効にして下さい(泣。

使ってみてわかるというのは、確かにある、と今更ながら再確認できたのが面白かった(完全に遊びモードですが)。
#物欲な人には、物欲な友がいれば幸せだが、僕の周りには、そういう人がいなかったので、ただの人柱でした。

そんな中、この中で一番のお気に入りは、意外にインターリンクさんです。
なんでかというと、OSが3.1で、Access(データベース)が使える、かつ、「乾電池駆動!!!」なので、最新のエネループを4本ぶちこんで、予備のエネループをポケットに入れておけば、なんぼでもエネルギー補給できるという素晴らしさです。
しかも縦解像度が他の2倍だし。情報量でも勝利と。
惜しいのが、キーが手前側にきているので、パームレスト的余裕がないこと。
あとは電池の蓋が、華奢なところか。
でも十分薄いし、キーも大きめなので、モバイルギアより使いやすいかも。

あえて2位は、R550かな。
R500も基本はいっしょ(なので、550のサブ的位置)ですが、OSのバージョンが上で、かつ「ややコンパクト」なので。あと若干キーが軽くて打ちやすいかも。ともかくキーの大きさ。

3位は、なぜかカシオペア。
コンパクト、かつ乾電池駆動(2本)。
リチウムイオンバッテリーのものが多いけれど、これもいつまで使えるやら・・・。
今、(勝手に)ebayで盛り上がっている(と思っている)、15150とかの汎用リチウム電池に、無理やり交換して延命もできそう(あるいはセル交換業者に頼むとか)ではあります。
#これが特殊な形状のタイプだと、セル入手も、交換業者も、互換品入手も総ダメです。
大きさが、例えばシグマリオンとか、HP 620LXとかとあまり変わりない(少しは小さく軽いけれど)のが、意外な残念ポイント。あとは、有名な、液晶コントラストのなさ(薄い)と、キータッチ。

しかし、どれもよいところ、悪いところがあるのが、なんというか、開発者の魂が感じられるというか、いい意味で悩んでしまいます。
活気があった時代の商品って、そんなことを感じるものですね。そんなところに、アナログ・デジタルの垣根なく、いいなぁ、と思います。しんみり。

順番が逆なのですが、なぜ僕が、いまさらWindowsCE機にはまったかという理由。

最初は、「昔あこがれの機種が、いまや野口英世さん1~2枚かい!」ということ。
次が、「使ってみたら、意外に使えそうやんか!」ということ。
さらに、「安いなら、他のものも、使ってみようやん!」という、廃人的リピート(麻薬的)感覚。(で結局、万単位の買い物になってしまうことは明白。)

Excelが簡易的に使えるのは、わりといいなぁ。単に計算機として使える(コンピュータの本来の使い方?)。
Wordは、今はやりのPomeraより安く使えそうだし。モバイルギアは、キーも大きく、入力しやすそうだなぁ。
お?PowerpointやAccess!そんなのまでできるんだ。
とか。PCなら諭吉さん数枚放出な感覚ですね。

あとはゲームの「ソリティア」に、あほほど嵌った世代だし。(あと、タイプマスター、なんて誰も知らんか。)

懐かしがりながら、文書入力や計算機などとしての活用を考えていると、少し楽しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年8月 9日 (金)

やむを得ず買いました

Imgp0020_2

こんな僕が言うのもなんですけれど、プリンタのような出力機器というのは、デジタルからアナログへ、退化?させている気がします。
でも、「家族が要求するから」という、やむをえない要求が強いように思うので、僕のような、ずぼらな人間は「そんな設定なんて、自分で(以下略
とか面倒くさがる。でもしょうがないなぁと設定するみたいな。

文章でも、最近PDF化が進んで、PC上で読むことが、かなり増えました。
僕のような気分屋は、いろんな形で見ると頭に入りやすい気がするので、PCで見たり、印刷して紙で見たりしてます(興味深い資料は、印刷もすることが多い)。
でも家のちょっとした用事は、文書とかでも、デジカメで撮影して持ち歩くので、紙を使うことが少ない。

それはともかく、まあ、3年くらい使ってた、プリンタが壊れたので、一番安いプリンタを探した。で、見つかったのが、写真のプリンタ。貧乏だし。
5000円?うーん、持つの?と思っだけれど、最近は、安くてもけっこう持つようなので、ともかく使ってみよう。これなら、たとえ短期間で壊れても妙に納得できる。

愚痴が長くなりそうなので、まとめます。

1.安い割にはわりと画質がいいが、デフォルトだと、「おまえまじめに印刷してるのか」という画質ですので。詳細設定をお勧めします。
2.ふちなし印刷も設定する必要があります。
3.いろいろ設定して、そこそこ画質があがりますが、画質があがれば、それだけ時間がかかる、けっこうかかる。
4.最高画質で写真をプリントしても、そんなに、良くはない。悪くもないけれど。
5.無線は、うちの環境では、わりと使えた。2枚目で印刷できず、通信できなくなったことがあった。
以上の点を考慮し、うちでは、とりあえず満足です。
Windxows XPが主なOSですが、プリンタ動作も、本体に自分でIPアドレスを設定したら、大体OKだったと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月 5日 (日)

linux zaurusをいじったりとか

SL-C3100とか、SL-C860とか、なんか異様に安かったので、ヤフオクで落札。

まあしかし、もう10年くらい前の機種なので、数千円でも、まあそんなもんですか。
(C700は、もっと安かったりするのですが、これは昔、いろいろ痛い思いしたもので、やめときたいです。)
なんというか、SL-C860以前の、キーのぷちぷち感といい、SL-C3000(1000も?)の、もっと洗練した(とはいえ、ちょっと押し下げ感に乏しくちょっと寂しい)キーといい、最近流行りの「感性」に訴えかけるのがうまいというか。
CG Siliconの液晶の美しさとか。ターミナルでのコマンド入力が可能なマニアックさとか。
なんか微妙なところの情報を公開している、マニアックかつオタク好みな感じというか(ここは昔の、mzマイコンあたりからの「文化」っぽいですね)。
Sl-C3100なんかだと、マイクロドライブとか、4GBくらい内臓なので、いろいろ入れられて、面白そうだなぁと思ったりして。
しかし、微妙に付属品が不足していて(まあそれで安いのだけれど多分)、不便だったり。
そういう訳で、添付CD-ROMなんぞどこかに安く転がってないだろうかと、ネット散歩をするわけですが、なかなか当たらない。
当たらないなら、それはそれで、何か理由があるんだろうかと予感しつつ。
で、今日、
に、行き当たったのですよ。
で、「電子辞書・モバイル」のところをクリックする。
そうすると、うーむ、歴代linux zaurusのCD-ROMが、あるわあるわ。
しかも、1枚840円という、わりとリーズナブルな価格。
(送料が幾分かかりますが、5000円以上の会計は送料無料ですね。)
うーむ、メーカー直系の販売サイトで、これだけの値段でのご提供なら、オークションでも、そうそう売られないわけですね。なるほど。
早速私も、2枚ほど注文いたしました。
まさかシャープの経営不振の理由がここにあるってことはないでしょうが、うーむ。
30年くらい前から、シャープ製品は大好きだった(最近の関数電卓には、液晶の劣化が激しく、カシオにしていましたが)のですが、ますます好きになってしまいそうです。
「液晶だけ」のシャープではないってところを、どんどん消費者に見せてあげて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月19日 (水)

Android端末で悩む(電子書籍フォーマットで悩む)

うむー。やっぱりシングルコアでは。

割と気に入っている、中華系のAndroid4端末。
特にブラウザがフリーズして回復しやすい傾向。
YouTubeならともかく、ブラウザでか。

ま、それはいい。
どうせそこそこ安いものなので、新しいものを。
(iPad2じゃ、フラッシュが見られないし。)

で、最有力候補でKindle Fireとか。
電子書籍とか見れて、Androidだし、デュアルコアだし。結構よさげ、特にHD。
しかし、ストア対応してないのが・・・。

ということで、やっぱりパチモン的?中華パッドに目が行くと。
狙いはやっぱり、A9(デュアル、あわよくばクアッドが安ければ)かな。
あとは電池もちがよければ。でもLCDが7インチなら、3000~4000mAh(常々思うけれど、ここはWhの方が適切じゃね?そうじゃなければ、電圧くらい併記せよと。という電気屋の意見。)くらいなら大丈夫か。

サイズ感といい、電池持ちといい、まあ7インチが僕は好きです。
iPadは10インチ弱だけれど、多少手に余るし。
と言って、スマホは小さすぎ。老眼入りかけの中年の目には厳しいわぁ。
ネトラジ用にはよい(文字みないから)のですけれど。

2年くらい前に、KindleをAmazon.comから購入し、まあ今も使ってて、Einkっていいなぁとか、フリーの3G回線接続って楽だなぁとか、その流れでKindleFireなんかもいいかもとか思うこともありましたけど、まあ、電子書籍って、つまるところ、フォーマットが違うから、端末がどんだけ出来が良いかによっている、今のところ。

でも多分、フォーマットは統一される「ハズ」だから。またはどっちも読めるソフトになるとか。いずれね。
(余談だけど、僕の持論は、フォーマット統一の前に電子書籍の普及は、まあないなと思うのです。これは、電子書籍というワードが知られるころからの考えです。)

ま、「大きい」流れの中で、電子書籍というのは、「小さい」わけなので、さほど重視されることはない。それより、やっぱり「汎用性」というのが、今も昔も変わらないキーワード。
ま、その流れで、フォーマットの統一というのもあるのですけれどね。

特に日本人は、昔から「決め撃ち」したがるという。
昔なら、「三種の神器」とか、「巨人・大鵬・卵焼き」とか。
ま、強いものに弱いとか、石橋を叩いて渡るとか。

慎重なのはよいけれど、慎重すぎても、いいもの・おもしろいものは、なかなか出てこないとか。そういう意味でのスピード感が大事とか。
ま、それはおいとくとしても。

政権じゃないけれど、特に日本人は、安定とか、大多数とか、巨人とか大好きなんですよね。絶対強者とか。長いものに巻かれるとか。

そんなわけなので、流れとして、「マルチフォーマット」、つまりどんな形式でもどんとこい、というスタンスと、「横綱相撲」、つまり「おいらに任しとけば、未来永劫大丈夫だぞ」(ま、CDなんか、そこで売れたんですけれど)という「お墨付き」、言い換えれば安心感ということ。
そういうのに、弱いんですよね。
前者は「オタク」好み。
後者は「昭和世代(w)」好み。
お、どちらに転んでも、日本人の好みじゃん。(笑)

まあ、これだけ時間を費やして、共通フォーマットすら定義できない、というのは正直異常なので、そろそろフォーマットを統一しとかないと、お堅いところ(公立図書館とか)から、見捨てられかねないと思います。

そんなわけで、Kindleはやめて、中華系のデュアルコアAndroid端末を購入することに決めました(え?)。
青空文庫もあるしねぇ。
自炊もあるしねぇ。
フォーマットも統一されてないしねぇ。
(ちなみにシャープの「Galapagos」構想は、出た当初から「これはこけるぞ?」と思ってたら、やっぱりそうなりました。まあ、注目すらされてもなかったみたいで、そのうち経営難で。ま、シャープが「目の付けどころがシャープでない」一例だったです。)

あ、シャープ製品は大好きなのですよ。昔から。
(最近のは、それほどでもないかな。なんか当たり前すぎて。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年12月14日 (金)

iPhone4Sでメールで腹立てて

今日は雨なので、電車。
でも30分以上、歩いているように思う。電車は5分かそこいらなのに。
どっちにしても、健康にはよさそうですが、今日は風も強かったので、ちょっと弱りました。

あとだいぶ前に書いたのですが、途中の道(小中学校の近い通学路)に、大きな水溜りができていて、いっつも困っています。なんとかしてください、太宰府市。

そんな中、まあ、いろいろあって、というか、仕事に使う小道具とか買いたくて、ネットで注文したりしてまして。
そういう時に、iPhoneでメールすればよいよね、ということで、ちょこちょこ@niftyのメールをチェック。

ここで問題が発生しているんですよ。

ぜんぜん情報が更新されない。

サーバーに新しいメールは入っているのに、それがiPhoneのsafariに反映されず、なんだか古いキャッシュを表示しているみたい。おかげで、最新のメールが読めやしない。
何度再読み込みしても、状況は同じ。

スマホ版からPC版にしようと思っても、@niftyはflash?を使っているのか、表示されない。
(iPhoneは、flash対応してないですからね。)

やってるうちに、だんだん腹が立ってきて、道路に叩きつけてやろうかと。

ま、そんなわけで、@niftyさん、またはAppleさん、なんとかしてください。

それとは別に、最近ちょっと、@niftyが、うざく感じてきたのは、気のせいだろうか。

今回は、(かないそうもない)お願いばかりですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月25日 (日)

クラッシュ

Dsc01405

Dsc01406

ondaのVi10精英版というやつです。
中国製の、Android4.0パッドですね。

本棚から、カメラの充電器が落ちてきて、こんなことになりました。(ちょっと分かりにくいですね。でもうまく撮影できず。残念。)
静電式パッドの、左上部分(面積にして1/3くらい)が反応しなくなったので、廃棄です。

静電式パッドの、ぬるぬる感がよかったのですが、ブラウザを使っていると、けっこう頻繁に停止し、「アプリが停止しています」というメッセージが出て、その後普通に使えたり、また停止したりという、よく分からない動作をする点が不満でした。(ブラウザ以外は、割と普通に使えていたように思うのですが・・・。)

そういうことで、もし次に買うなら、デュアルコア(またはクアッドコア)のタイプにしたいなぁと思うのです。A9あたり?

そういえば、無印Android4.0パッドがまだあるので(これもブラウザがよくフリーズする)、縦が480ドット(とはいえ、Vi10精英版の600ドットと比べてあんまり不具合を感じないのは、Androidの処理のせい?)ということで、ちょっと不満だけれど、意外に電池が持つので、我慢できる(画面が小さいのが一番電池の寿命に効くと思うのだけれど、解像度も少しは関係するのだろうか)範囲なため、けっこう使ってます。

7インチサイズというのが、ジーンズの尻ポケットに入るぎりぎりなので、結構お気に入りサイズなんですよね。
iPad(miniでなく)は、10インチなので、やはり少し大きい。

でもやっぱり、使いやすいのを使いますよね。
iPadはFlash未対応(Web5.0を期待してという話もあり)なのが、ちょっとだけ難点ですが、けっこうさくさくなのがよいのですよね。

ま、iPadな話はそのうち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月28日 (日)

ツタヤディスカスを試したが

やっぱダメ。古いCDがない。

なので、入会直後に退会手続き。

あーあ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

昔のCDを入手したい

カテが微妙だけど、ソフト的デジタルコンテンツなので。

僕が10代~20代のころ、つまり、レコードからCDへの変遷期。
新し物好きな僕は、当然、CDプレーヤー(と、CDソフト)が欲しかった。
しかし、当時は15万円以上なんて、珍しくなかった。

そんな中、当時在住の広島の有名電気店、ダイイチ(今の、エディオンですよ)へ行き、定価10万くらいの中古のCDプレーヤーを、姉貴と折半で(当時高校生なので、相当貯金をはたきました)購入。
それ以来、レコードがよいとか、CDの寿命とか、ごちゃごちゃした理論(というか、聴いた感じの、主に主観的な、つまり定量的な比較がない状態の、アナログ的な理論)が、多々展開されてきて。

まあ、CDも、学術的な理論でできた機械なので、聞こえがうんぬんとかは、アンプの性能のような気がするし(いまや主流はデジタルアンプみたいですが)、CDやDVDの寿命なんかは、当時(は、半永久的というのが通説だった)には分かってなかったところもあり、20年くらいらしいと新たに分かってきたところはあったり。

いまだに、オーディオは、主観と客観が混合していて、決着がついていないようではありますね。

そんなことは、いいんですが。

そういった、80年代以前のソフト。
一時代を作ったミュージシャンの場合、LPレコードが、CDで再販されたりして、まあ、そこそこ「聞ける」環境ではあります。

#ミュージシャンを、TVなんかでは俗に「アーティスト」と呼ぶことも多いのですが、僕はこの呼び方に、強い違和感を持っています。アーティストは、「芸術家」ですし、ミュージシャンという言葉も既に浸透し、あるのだから、それで呼ぶのが、音楽家の魂に答える呼び方だと思うのです。なので、僕はあえて「ミュージシャン」と呼び、彼らの業績を称えたいと思います。

しかし、そこに問題もあったりしてます。
つまり、再販されればまだよい。しかし、定番ではないので、いつ再販されるか分からない。(そのミュージシャンの、デビューXX年とかの節目には、出勝ちですが。)
再販されればよい方で、そうでないケースも多い。

あと、昔のLPレコードの時代には、「曲構成」に凝ったものも、多い。
つまり、LPの片面(大体2~30分くらい)ごとに、一応のケリをつけ、両面でまた、完成された形で。つまり、聴く人の立場を考えた曲順にしていた。
単に、例えば13曲できました、それをいっぺんにCDにしました、じゃない。

聴き始めは、やっぱり(ミュージシャンの意志にもよるけれど)、例えば、アップテンポな曲にして、ノった状態にして、バラードみたいに、しんみり聞かせる曲は、A面(死語?)の最後から2番目くらいにするとか。で、B面は、最後まで徐々に盛り上がる曲構成にするとか。
コンサートとかも、よく曲構成を考えてるなぁと思いますよ。

ともかく、よく配慮されている。(多分、CDはCDで、メディアの性質を考えていると思いますよ。)

でも、レコード時代の「癖」が、懐かしいと感じることもあるんですよ。
たまーに、昔のカセットを聴いたりすると、特にそう思う。

ということで、昔の音源を、ぜひCDなどのデジタルメディアでも、安定的に入手できれば、ということなんです。
レンタルだと、どうしても、「今」人気のあるものしか置いてないので。

まあ、CDが再販されれば、まだいいのですが、この世界にも、「ハイエナ」が多数で。
(ハイエナ=レアアイテム?を、高値で売りさばくことのみに執心する、インチキ業者)

だから、今やデジタル時代だから、今まで販売された、あらゆるCD(や、レコード)を、(特に著作権切れの作品は)安価に提供するという、デジタルならではの便利さを追求した、供給体制をとるべきだと思ってるんですよ。
もちろん、CDメディアに記録された形でなくともよいことは、言うまでもないでしょね。

やればできるんだけど、めんどくさいとか、つまらない理由で、そこのところがストップしていると思うんですよね。

何度も言ってきているけれど、「やらない」は、「できない」じゃないんですよね。
「やらない」は、「できることを、やらない」ということで、これは新たな「利益を生み出す仕組み」を導入しない、つまり一言で言うと、「サボってる」ということなんですよね。
企業がやってはいけないことの、3位以内には入ることですよね。

僕から見ると、音楽業界が、「サボっている」としか、見えないのですよ。

くだらないこと(目先の利益)ばかりに目を向けないで、外の世界をちゃんと見なさい、そうしないと、早晩あなたの足元には、いきなり底なしの穴が開いて、暗闇に引き込まれますよ、ということですね。

正直、音楽を、素直に楽しめないということが、現在の大きな間違いだと思っています。
多分、一部の人の利益のために、そうなっているんだと思うし、そうだと思えば、全て納得いくという、やらしいこの世界が大嫌いです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年10月27日 (土)

PC-1251の液晶改造

一応科学者の端くれ?みたいな自分なので、blog書くにも、読む人を納得させねばならないと思いつつ、意志に反してなのがまだ未熟なのですが。

ま、いいわけはともかく。

先週くらいに予告していた、ポケットコンピュータPC-1251の液晶が黒ずむが、それは偏光板のせいではないかという話。

無事偏光板を入手でき、しばし遊ぶ。(笑)
2枚の偏光板を90度変えると、変えるたびに明るくなったり、暗くなったり。
それで十分遊べるのですが。
(もっと言うと、水面の光の反射を抑えられるので、ぜひ磯や川などでの生き物採取や釣りなんぞにご活用いただきたいと思います。)

で、結局、液晶が黒いPC-1251を2台ほど入手。
なんだかこのレベルだと、代金より送料が高いなぁ。

ともかく、液晶にアクセスするため、ばらす。

Dsc01169

こんな感じで、黒い液晶。
ま、昔持っていたのも、気づいたら黒くなって。本当、品質が(もういいか)。

Dsc01170

なんか、液晶画面上に、既に偏光板が、リャンメンで貼ってありますね。
確か、液晶って、液晶パネル本体の前後に2枚、偏光板が使われているという記憶があるんですが。
ま、ともかく、そのうちの1枚が、意外にアクセスしやすい形(と言っても、リャンメンって・・・)になってます。
ともかくこいつをはがしてみたらどうなるんだろうか?

Dsc01184

先ほどの「黒さ」が嘘のような・・・。

これで直ればよかったのですが、そうはいかないですね。
原理的に、なんも映るはずもない。

ここで、先に購入しておいた偏光板を、「明るくなる」向き(90度変えてみたら、一目瞭然ですので)にして、組んでみた。
もし、この偏光板が悪いのであれば、よいのですが・・・。

結果として、ダメでした。
裏の偏光板?
しかし、実は液晶パネルを基板から剥がし、裏から観察しましたが、偏光板にアクセスできずじまい。
確か、液晶を挟んで、前後に偏光板があるはずなのですが・・・。(電卓とか、ここのポケコンとかは、だいたい「反射型」の液晶ですが。)

どうもわからないので、とりあえず液晶パネル前面の偏光板を外して、「実験用」のPC-1251を作りました。
これに偏光板をいろいろな向きで置いてみて、遊べるようにしたのです。
そんなこんなで、面白いことが見つけられたら、ということです。

Dsc01189

こんなことしたり・・・

Dsc01190

こんなことしたり・・・。

薄い色になったときは、あ、こりゃ成功かなとか、糠喜びしてしまいましたよ。

液晶って、確か光の偏光方向を90度ほど変えるという原理だったと思うんだけど、こういった結果を見ると、やっぱり、液晶自体の劣化なのかなぁ。

液晶が劣化したときに、どうなるなんて、よく分かってないけれど。
そもそも液晶の寿命すらも。(苦笑)

液晶はちょっと生ものっぽいので、思っているより寿命は短いかも。
電卓なんかも、昔のEL(文字が青色とかで光るやつ)電卓の方が、多分生き残っていると思うですけれど。

ま、そんなこんなで、ポケコン2台1000円+送料と、偏光板およそ800円で、ここまで楽しめるって、結構よいのかも。(と言いつつ、研究品という名の「ジャンク」の増殖に歯止めのかからないこの頃。)

思いついたら、またちょっと考えてみます。

いや、BEEP 10とか、ブラインド入力したら、けなげにビープ音が10回鳴ったりするところが、捨て置けません。この系の人としては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月30日 (日)

iPhone5でテザリング

ちょっと調べていたら、iPhone5では、テザリングに対応しているみたいです。
ソフトバンクでは、サービス提供開始は来年1月15日予定らしい。

やればできるんじゃない。

小出しにしないで、どんどんやれることをやればよいのに。

少しだけ見直しました、ソフトバンク。
(でもまだまだだけど。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)