学問・資格

2012年9月23日 (日)

TOEIC受けてきました

う~ん、やっぱりこんなもんか。

リスニングが・・・。
なんでオーストラリアなまりの人、使うかなぁ。まあいいけど。
練習と同じか、少し悪い感じでした。

リーディングは、練習よりは早かったかな。最後10問くらいは、いい加減に埋めたけど。

でも絶対的な速度が足りない。年のせいか。練習不足のせいか。

ま、悪い結果ではないかもしれないと期待しつつ結果を待ちます。

リスニング・・・(まだ言うか)。

練習、かな。

TOEICの、新公式問題集4は、だいぶ役に立ったとは思います。
5も買ったけれど、結局読む暇なし。

ともかく、疲れた。2時間集中力が持たないです。いかんなぁ。こんなことでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 5日 (木)

証明書の発行

一応、資格関係なもので、カテゴリーを資格としました。

1科目、試験免除になるので。
先週木曜日に、急ぎ速達で、某大学に、学位証明書を申し込みました。
提出期限が月曜日なので、ぎりぎり間に合えばと思って。

結果。今日、届きました。
あんまり意味なかったですね。(しかも速達代で往復1000円くらいかかって。)

結局、試験の申し込みは、よく読むと、学位記のコピーでよかったので、そうしました。

ま、次は、最短1週間と考えます。

一応、県内なんですけれどね。

あんまり思いつきで、資格取ろうとは思わない方がいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 2日 (金)

「勉強しなさい!」と言われたとき、どうしてた?

ブログネタ: 「勉強しなさい!」と言われたとき、どうしてた? 参加数

ということなんですけれど、僕は、親から勉強しなさい、とは言われなかった。

勉強しなくても、なんか仕事はある、と言われてた気がする。(多分、高度経済成長期的な思想なんだったんでしょうね。)

で、自分は、スポーツより勉強の方が好きだったんで、そっちでみんなよりがんばろうと思った。今考えてみると、その先に、どういった世界が広がっているか、(そういう意味で、今は有名な学者さんがメディアに出る機会が多くなって、昔よりは、いい環境ですね。)、だ~れも教えてくれなかった(というか、知っている人がいなかった)。

中学の先生とかでも、教えてくれなかったんですよね。高校でも、な~んか、ピンとこなかったし。要は、大学とか企業の研究室レベルのことを、知っている教員が、いなかったように感じる。今さらだけれども、なんかもったいないことだと思う。(そんな中で、よく湯川さんとか、江崎さんとか、ノーベル賞級の研究ができたもんだ。大尊敬に値しますよ。)

それで僕は、ある意味出遅れた(と今では思う)のですが、大学で研究の面白さに目覚めましたよ。自分の考えどおりに実験して、それを発表したり。面白いじゃないですか。自分が生きているじゃないですか。

オタクでもいいんです。内気でもいいんです。(僕は結構オタク大好きです。)

社会のために、役に立ちたい!という、気持ちがあればいいんです。

会社だってね、社会に役に立たない会社は、だめなんです。

最終目的は、ノーベル賞でも、一流大学卒業でもなくって、もっと高いところにあるのですよ。

人間みんな、そうあるべきだと思うのです。

サンゴの保存でもいいですし、そういった(自然保護とか)ことにお金や人員が補助されるべきなのです。

なんのために勉強するのか、じゃなくって、こういったことがしたいから、勉強したい、という風になる、というのが、今風じゃないのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)