« dsc-wx7で撮像素子前のフィルターを外してみたら | トップページ

2014年8月 9日 (土)

困った。

いやぁ、困った。

10年くらい前ですが、まぁ言ってしまえば、今で言うIoTってやつ、考えてたんですよね。
知恵もやり方もわかんなかったので、まあそのうち、と思って放っておいたら、今きてますよ。

まあちょっと考えれば、こういうこと、思いつく人、やれる人、いっぱいいますけれど。

IoTまでいくと、プロトコルとか、いろいろ規格的なことを考えられる人が必要っぽいのですが、そうなると、それなりの組織が必要で、個人または少数精鋭でできるもんではないです。

そこまではいかないまでも、というか、趣味的に、マイコン応用的な、家電制御的な、ということを、前からやりたかった。

昔なら、Z80とか、8ビット(!)の、定番マイコン(というか、パソコンのCPUだった)があるわけで、それだけをやれば、まあ通用するかということはあったと思うし、あれは命令形態とか学習しやすいCPUだったので、それなりに勉強しましたよ。

で、10年くらい前。
H8とかを中心に、制御用マイコン。Z80は電力関係、処理能力とか時代遅れで廃れる(互換CPUが、ポケットコンピュータに搭載されたりとか)。
そのうち、PICが流行。

そして今。
PICは、まだ生き残ってるみたい。H8の後、SuperHとかあったけど、もう消えたかな。
あと、Arduinoとか、Raspberry Piとか(あれはLinux系で、ちょっと重いかな)。
前にも言ったけど、TOCOSのマイコン、あれよくできてる。

そんな中で、今、何に手を出そうかな~。と。(笑)
ま、単に電子制御とか、やりたいだけ。

Raspberry Piは、OSが重そう、ちょっとフォーカスがずれてるかも(でもそれがいいかも)な感じなので、とりあえずパスの方向かな。

Arduinoは、まあまあ、かも。安いし。でも、ちょっと大きい、のかな。

PICは、豆PICもあったりで、結構楽しそうだけれど、処理能力的な関係で、ある程度制限されそう。(それがよいかも。)

そうなると、という訳でもないけれど、TOCOSのTWE-Liteは、コストパフォーマンス的に、魅力的。安くて小さい。それでいて、消費電力も低い(スリープモードを活用すれば)。
デフォルトで(電子部品の組み立てのみで)ある程度の満足いく結果も得られるし、ディープに突っ込もうと思えば、SDKで、Eclipse使って、プログラミングもできるみたいだし。

PICも、かなりコスパはいいと思うけれど、いろいろと準備みたいのが必要だし、それを安価で標準で準備されていないというのが痛い(ちょっとした知識でカバーできますが、電子関係入門者には、やっぱりハードルが高い(というか、ひいては、そこが電子技術者の育成のハードルだった)と思う)のですよね。あとは費用対コストが、よく分からないとか。

そういう意味でも、TWE-Liteは、標準のツールを用意されているというのが、強いし、ありがたい。
アセンブラが使わ(え)ないというのが、まあ今風といえばそうなのかも。
(ハードの違いを、隠蔽できるメリットもあるし。)

別に、東京コスモス電機(とは言いつつ、神奈川県座間市に在住だったりする)の肩を持つわけではないけれど、ユーザー側からのハードルが低いのは、手法としても、とてもよいことだとは思うので、よいと思います。

ついでながらですが、TOCOSのページ、本当に分かりやすい。
そういう点からも、とても好感がもてますので、これからもがんばって欲しいものです。

とか、いろいろ述べましたが、結論はまだ出ていないのです。
PICも、Arduinoも、Raspberry Piも、どれも魅力的ですからね。
(ルネサスのGR-SAKURAも、本音では、応援したいのですけれどね。)
本気で、困ってます。頭もお金も限られてますからねぇ。

最近は
http://www.aitendo.com/
なんか見て、幸せになってます。



|

« dsc-wx7で撮像素子前のフィルターを外してみたら | トップページ

エレクトロニクス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581560/60119940

この記事へのトラックバック一覧です: 困った。:

« dsc-wx7で撮像素子前のフィルターを外してみたら | トップページ