« はるかぜ | トップページ | dynabook ss rx1の液晶画面交換 »

2013年3月22日 (金)

内臓電池切れの中古デジカメ(E-PM1の話)

安かったんでつい魔が差して・・・。
(最近こんなんばっかり。)

オリンパスの、E-PM1なんか、買ってしまいました。

本当は、付属のレンズが欲しかったんですけれど、まあ、気に入らなかったら、本体だけ売れば良いしと思って、レンタルのつもりで(でも多分元の取れる値段)、購入。

3ヶ月保証つきだったし、とにかく使って、売るときのために、アラさがし。
なんて言いつつ、17mmとか、ボディキャップレンズを付け、コートのポケットなら、大きめのコンパクトカメラよりも納まりがよいので、少し情が移ってたりして。

白の塗装のつるっとした、それでいて、少し柔らかい感じも、なかなか悪くはないです。
これまでは、シルバーとかの、ソリッドな感じが好きだったので、白は避けていたのです。

ということで、わりと気に入ってしまったE-PM1なのですが、今日気づいたこと。

SDカードを入れたままで、充電池を抜くと、時刻がリセットされてしまう。

なんかおかしいと思い、ネットで調べてみると、どうやら、基板上にある「キャパシタ」が(あるいは基板自体?)、おかしいと、こうなるという情報がいくつか。
買って4ヶ月で出ることもあるとか。

結局皆さん、修理されているみたいで。
1万円以上かかった(らしい話もあり)ら、中古でもう1台買えますねぇ。

オリンパスのページでは、バッテリーを抜いたときの、時刻保持の期間が掲載されているのですが、E-PM1の場合、約1日。まあ、短くはないけれど、けして長くはない時間。
まあしかし、これで、いくらSDカード入りだとしても、電池を抜いたらすぐリセットされるというのは、ありえない。
コストダウンのせい、ではないですよね。

そういうわけで、とりあえず購入先にメール連絡。
さて、どうなることやら。

|

« はるかぜ | トップページ | dynabook ss rx1の液晶画面交換 »

デジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581560/57010059

この記事へのトラックバック一覧です: 内臓電池切れの中古デジカメ(E-PM1の話):

« はるかぜ | トップページ | dynabook ss rx1の液晶画面交換 »