« GEO OnlineでCDを探してみた | トップページ | アコガレのカタチ »

2012年11月11日 (日)

脆弱性(vulnerability)をなくす努力なくしてネット社会の今後はない

いや昔から思っていた。

脆弱性がなくなれば、いろんなトラブルが解消される。
(それが難しいことは承知の上で。)

ウイルスといい、ネット詐欺といい、ある意味で、ネットが「いい加減」だった、弊害が出ているのかもねと思わせることが絶えないなと。

例えばMSオフィス。
これまた、「完成度が低くても、出せばいいのだ」的な、米国文化。
まあそれはいいこともあるのですが。
実際、現在のデファクトスタンダードとなってるわけで。
今やこれなしで仕事も進まないし。
余談ですが、昔は、けっこうオフィスは「見た目」と「印刷物」の違いがあって、信頼できなかったんですよ。確かに、便利だったんですけれど。今はだいぶマシですけれどね。(でも不満。)

でも、普及はしたものの、脆弱性とかに関して、耐性が強いとはお世辞にも言えない。
(マクロウイルスの問題が社会問題になったことを覚えている方も多いでしょう。)

最近では、スマホなんかでも情報を盗むとか言われています。

その根本は、「盗める」環境があることに他ならないと思ってるのです。

つまりですよ、普通の家でも、泥棒さんが「入りたがる」家と、そうでない家があるということですよ。
ブロックで囲われている家が、「隠れやすい」ので、空き巣に入りやすいというのは、もう広く伝わってますよね。そういうことで、いまや高いブロック塀は、絶滅寸前の状況です。

ネットでも、そういう考え方ですよ。
例えば、ブログで、「捨てアドレス」を使わないのは、危険だし。
なんか知らない人から来たメールを「開く」だけで、ウイルスに感染するというのは、僕も経験済みだし、危険極まりないことは学習済み。
けどそれは、メーラーが警告を出さなかったことにも原因がある。
そういうメールを送った人が、一番悪いのだけれど。
(いじめ問題と、ちょっとかぶるかも。)

一番「悪い」のは誰かというと、そういうシステムを作った人だと思うのですよね。
つまり、ネットは、もはや全世界の「インフラ」なわけで、例えばメールでも、「会社からしか使えないんですよ」とか、もはや言い訳に過ぎないわけで。(解決法はあるという意味で。)
つまり、道路と同じなんですよね。

すぐ穴の空く道路、すぐ渡れなくなる橋、すぐ使えなくなる電気、だれがそんなもの使うのかという話ですよ。
そういうレベルで、「弱い」のが、ネットの現実。
(しかも、インフラと化して、その結果、よく「知らない」人が使うという現実を、専門家が十分以上に理解しているように思えない点が、大問題。)

なので、プロトコル(通信規約?)とかいう、「低い」レベルで、脆弱性をなくす努力が必要と思うんです。
(注;ネットの、いわゆるOSI参照モデルという、7階層ある、通信レベルの話で、低いレベルは、「頭が悪い」とかいう話でないです。)

TCP/IPだと、第3層とか第4層だったと思うので、そこいらでなんとか。
場合によっては、新しいプロトコルの開発も重要ですね。ポストTCP/IPとか。
(すでにIPv4に未来はないですが。)

いや、スマホとか、新しいアプリ開発がもうかるってのは分かるんですが、「道路」を丈夫にすることにも、少しは関心をもった方がよいのではないかということですよ。

というか、道路工事の専門家はいても、ネット回線のインフラ的(改良とか、安全性とか、効率化とか考えている)専門家って、いるんですかね。(まあ、昔から、ネット関係のそういうところは、いい加減すぎるくらい、行き当たりばったりとしか思えないと思っているんですけれどね。)

PCが必需品な社会となって久しいけれど、なんだか結構いい加減な世界な気がしてならないんですよ。「見た目」とか、「まあたらしさ」ばっかり注目されてばかりで。(その方が儲かるから、という理由がみえみえなのが痛いですが。)

こういう仕事こそ、公務員の仕事じゃないんですかねぇ。
IPA頼りじゃ、情けないですよぉ。
(と最後に、ちくり。)

|

« GEO OnlineでCDを探してみた | トップページ | アコガレのカタチ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581560/56086188

この記事へのトラックバック一覧です: 脆弱性(vulnerability)をなくす努力なくしてネット社会の今後はない:

« GEO OnlineでCDを探してみた | トップページ | アコガレのカタチ »