« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月25日 (日)

デジタルオシロ

そういえば、給料がもらえたら買いたいなぁと思っていたものの一つが、デジタルオシロ。
(まあ実際に購入するとしても、多分数ヶ月先になりそうですが。)

中国製なら、けっこう安い、3万円台?

GHz帯までいくと、10万円を切ることはなかろうですが、まあ、ホビーに使うのなら、このくらいでも。

いやもっと安いのもあるだろうと、PCとUSBで接続するタイプも考えたのですが。
イマイチピンと来るものが見つかってなく。

楽天とかで検索しても、仕様がちゃんと説明されてなくて、まず計測器は、仕様の詳細な説明が命だろうが!と妙に憤ったり。

ま、「分かってない」ショップは、無視ということで。

それにしても、いまだに、計測器とかの分野は、「分かっている人向けです」という、敷居の高さが解消できてないと思う。

最近は、いろいろな計測器のカタログを見たり、計測器を操作することも多くなったのですが、昔は「高嶺の花」と思われていた、SEMなんか、結構小型で安くなってるんです(まあ、グレードはありますが)。
感覚的には、高級車を買える予算で・・・。
(いや昔は、家1件くらいでは済まない価格で・・・。)

しかも、インターフェースも、相当改善されていて、使いやすい。

近年の計測器全体の進化として言えるのは、PCを使っていて、かつソフト的に工夫されていて、インターフェースがかなり使いやすくなっているということと、人の操作による事故防止にかなり力が入っているということと思います。
昔なら、熟練した技術者が、専門の機器に熟練していて、それでお金がもらえた。
けれど、今は、熟練してなくとも使える機材が多くなっているということ。もう、よく考えられている(というか、本当は、それが当然だと思う)。

当たり前のことを、当たり前に実現しているということですね。いや素晴らしい。
計測器も正常に進化していたという事実を知って、ほっとしました。

そんなこんなで、現代の計測器の世界に感動しているのですが、オシロでごちゃごちゃ考えている自分がちょっと恥ずかしいとか・・・。
ま、何に使うのか、もう少し明確化してから、機材の検討をしたいとは思うのですよ。
なにせこれまでがこれまでなので、我が家の財政正常化には、しばらく時間がかかりそうなようだし。

ま、趣味に、1回数万の買い物なんて、普通はしちゃいけないんでしょうね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

クラッシュ

Dsc01405

Dsc01406

ondaのVi10精英版というやつです。
中国製の、Android4.0パッドですね。

本棚から、カメラの充電器が落ちてきて、こんなことになりました。(ちょっと分かりにくいですね。でもうまく撮影できず。残念。)
静電式パッドの、左上部分(面積にして1/3くらい)が反応しなくなったので、廃棄です。

静電式パッドの、ぬるぬる感がよかったのですが、ブラウザを使っていると、けっこう頻繁に停止し、「アプリが停止しています」というメッセージが出て、その後普通に使えたり、また停止したりという、よく分からない動作をする点が不満でした。(ブラウザ以外は、割と普通に使えていたように思うのですが・・・。)

そういうことで、もし次に買うなら、デュアルコア(またはクアッドコア)のタイプにしたいなぁと思うのです。A9あたり?

そういえば、無印Android4.0パッドがまだあるので(これもブラウザがよくフリーズする)、縦が480ドット(とはいえ、Vi10精英版の600ドットと比べてあんまり不具合を感じないのは、Androidの処理のせい?)ということで、ちょっと不満だけれど、意外に電池が持つので、我慢できる(画面が小さいのが一番電池の寿命に効くと思うのだけれど、解像度も少しは関係するのだろうか)範囲なため、けっこう使ってます。

7インチサイズというのが、ジーンズの尻ポケットに入るぎりぎりなので、結構お気に入りサイズなんですよね。
iPad(miniでなく)は、10インチなので、やはり少し大きい。

でもやっぱり、使いやすいのを使いますよね。
iPadはFlash未対応(Web5.0を期待してという話もあり)なのが、ちょっとだけ難点ですが、けっこうさくさくなのがよいのですよね。

ま、iPadな話はそのうち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月22日 (木)

楽しい思い出とつながるもの

例えば、メシ食うでも、気の置けない友人との方が楽しいという話。

いい思い出と、いろんなものが結びついているみたいです。
例えば僕が、エレクトロニクス製品が好きなのは、多分、それを使っていて、楽しい時代を過ごしたからのようにも思えるのです。

カセットテープは、音楽を聞く楽しみと直接結びついていたし、パソコンの使い始めは、それのもつ可能性にワクワクしながら使っていたし。

そういう、新しいエレクトロニクス機器がどんどん出ていた時代に、若い時代を過ごしていたからなのかもね、と思うことも。

結構、好物の食べ物でも、よくよく考えてみると、楽しい思い出とつながっているケースが多い気がしたり。

いまや、そういう感覚が鈍ってくる年代になり、新しくそういう「楽しい思い出アイテム」が作れそうな気もしないけれど、よくよく考えると、昔はやっぱり、いろんなことが楽しかったんだなぁと、しんみり思う。
勉強が好きなわけではなかったけれど、特定の項目は大好きになってハマったり。
その一つが電子関係だったり。

そんな時代が懐かしく思えて、ちょっとだけうらやましくも思えて、その頃を思い出して、新たな気持ちでデジカメをいじってみたり、新しいことを勉強してみたりで、本当は、新しい「刺激」を受け、気持ちが活性化しないといけないのだけれども、いまいちそこが鈍い気がするのは、ちょっといかんなぁと。
まあ2年くらい前よりは、ずいぶんマシですけれどね。

うーむ、体力が落ちたせいか?
ジムかプールへ・・・金がないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LACIE(ELECOM)の2TB HDD

エレコムのブランドですか?LACIEって?
てっきり海外製品のブランドかと・・・。(汗

Dsc01401

AmazonのFFPってやつ。少しオリジナルより安い。
まあ、箱を買うわけではないので。

Dsc01402

お弁当(季節柄、おせち料理の方がいいたとえ?)みたいな感じ。
片側には、ケーブル類が入っていて、

Dsc01403

片側から、こんな感じでHDDが出てくると。
こんなんで大丈夫なのかという感じもするけれど、さらにAmazonの箱で覆われているので、けっこう大丈夫そう。

Dsc01404

裏。
穴が多いのは、冷却効果が狙い?

Dsc01405

電源が入ると、こんな感じで、裏側の青色LEDが点灯。
別にこんなんでなくともよかったのですが、HDDレコーダーにつなぐときは、こんな感じの方が受けるんですかね。予約時とか、夜中の使用時にうざい気がするけど。(トイレ灯にはよいかな。)

ともかく、2TB HDDも、(送料無料で)75k円の時代ですか。
なんか、これ以上大きいHDD、どう使おうかって方が悩みそう。
映画の永久保存とか?

でも、死んでもHDDレコーダーはあの世に持っていけないので、やっぱり撮りだめしないで、見ないとだめでしょうね。
自省の念も込めて。

(追記)
僕が買ったとき(先週)より現在、Amazon価格は少し上がってるみたいですね。
それでも送料無料で8000円弱。

Amazonでも、ちょくちょく(特に週末あたり)に値段が変わりがちですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ラッキー

先週は、さんざんな日々であったけれど、そんな土砂降りも、いつか止むのでしょうね。

昨日は給料出たし。
(まあ、努力に対する当然の対価ではあるけれど、それを超越して嬉しいのも事実なわけで。)

なくしたと思っていた、実験用の大切な試料が見つかってまずラッキー(これだけで今日は満足なくらい)。

そして夕方、任されていた忘年会の幹事の仕事?で、大体の日時が決まったので、さて間に合うかと、目をつけておいたお店に予約を入れたら、あっさりOK。

なんでもこのくらいスムーズにいけば、嬉しいですけれどね。

どうも、どこかがうまくいけば、どこかでトラブル(例えばPCがフリーズとか)が起きたりするのが常ですが、逆に考えれば、つまりトラブルが発生したら、そのうちラッキーな出来事が起きるものだと考えられれば、人生楽しいんでしょうね。

最近は、ネガティブが流行みたいだけど、ネガティブは、悪いことの予習みたいなもんだという考えもあると、朝のTVでやってたけれど、やっぱりあんまり楽しくもなさそう。

でも僕も基本ネガティブなんだよなぁ。長生きできなさそうです。

楽しいときは、楽しまなきゃ、例えメシを食べるだけでも。
と、思っていても、なかなかできない性癖。やだねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

給料

久々だなぁ。給与明細もらうのって。

とりあえず、半月分だけれど、ちょっと元気出てくるなぁ。
がんばってよかった。

さ、何買おうかな。(コラコラ)

コレを元手に、・・・やめときます。

ま、貯金か。とりあえず。

メガネ新調したいなあ(ボソッ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月19日 (月)

e-pl5とか、e-pm2とか

すみません。更新遅れまして。
ネタがなかったもので。

別に、入院とか、してないです。ただ、ちょっと落ち込んではいました。
そんな個人的なことはどうでもいいとして。

オリンパスの、新型の、e-pl5とか、e-pm2とか。
e-p5(?)が出なかったのは謎だが。(e-p4は、多分ないです。縁起かつぎ?)

ともかく、OM-Dと同じ、高感度を達成しているという触れ込み。

その一方で、動画のAVCHD対応が、なぜかなくなってる。
なんで?
なんか、これだけの理由で、e-pm1をとりあえず1台確保したくなるなぁ。
(ハイビジョン動画は、コンデジとか、NEX-5とかあるので、撮れないことはないのですが、例えばライカレンズを使ったハイビジョン動画は、現状難しそうで、しかもオリンパス機は、ボディ内手振れ補正がありがたい。)

僕としては、e-pl2は、サイズ的によかったと思うので、それを発展させて欲しかった。惜しい。

しかしAVCHD対応については・・・解せん。
なにか他のフォーマットの動きがあるのか?
(なにせ、ソニーもパナソニックも、景気がよくないみたいなので、そういうことを勘ぐりたくもなるよなぁ。)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2012年11月14日 (水)

vulnaravility

本当の「脆弱性」は、どんな形にしろ、自分の中に存在していると思うに至った。

で、そんなものに、固執すること自体がおかしいということを思うに至った。

しかし、そこから離れること自体が難しいことにも気づいた。
ついいろいろ、考えてしまう。

そして、そこから離れるためには、周囲の理解、優しさも大切であることにも気づいた。
(そうでないと、今頃僕は多分・・・)

ま、そんなこと思いつつ、来週は久々の給料日だぞ。
しかしその前に、成果をぶつぶつ・・・。

やっぱいろいろ大変。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アコガレのカタチ

僕は、けっこう、好きな音楽を聴いているってのが、そして、そんな音楽がつくれたらなぁ(とても無理だけど)と思うので、けっこう力が沸くような。

「できるかも」とかでも、よいと思うのですけれどね。

「できる環境」があれば、やってみれるんですけれどね。

こんなことできればなぁ、と思って、どっかから、「無理」と言われるという、現代社会が、なんだか嫌。

せめて、「やってみようよ」と、みんなから言われる社会って、今は無理なんだろうか。いやそうじゃないと、誰か言ってくださいよ。特に富裕層の方。

いやせめて、「アコガレ」を、「カタチ」にできる方法があればねぇ。特に若い人が。

とはいえ、日本では、「投資家」すら、未来にもうかる企業を見出し、投資する能力があるかと問えば、・・・(ry

とりあえずごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月11日 (日)

脆弱性(vulnerability)をなくす努力なくしてネット社会の今後はない

いや昔から思っていた。

脆弱性がなくなれば、いろんなトラブルが解消される。
(それが難しいことは承知の上で。)

ウイルスといい、ネット詐欺といい、ある意味で、ネットが「いい加減」だった、弊害が出ているのかもねと思わせることが絶えないなと。

例えばMSオフィス。
これまた、「完成度が低くても、出せばいいのだ」的な、米国文化。
まあそれはいいこともあるのですが。
実際、現在のデファクトスタンダードとなってるわけで。
今やこれなしで仕事も進まないし。
余談ですが、昔は、けっこうオフィスは「見た目」と「印刷物」の違いがあって、信頼できなかったんですよ。確かに、便利だったんですけれど。今はだいぶマシですけれどね。(でも不満。)

でも、普及はしたものの、脆弱性とかに関して、耐性が強いとはお世辞にも言えない。
(マクロウイルスの問題が社会問題になったことを覚えている方も多いでしょう。)

最近では、スマホなんかでも情報を盗むとか言われています。

その根本は、「盗める」環境があることに他ならないと思ってるのです。

つまりですよ、普通の家でも、泥棒さんが「入りたがる」家と、そうでない家があるということですよ。
ブロックで囲われている家が、「隠れやすい」ので、空き巣に入りやすいというのは、もう広く伝わってますよね。そういうことで、いまや高いブロック塀は、絶滅寸前の状況です。

ネットでも、そういう考え方ですよ。
例えば、ブログで、「捨てアドレス」を使わないのは、危険だし。
なんか知らない人から来たメールを「開く」だけで、ウイルスに感染するというのは、僕も経験済みだし、危険極まりないことは学習済み。
けどそれは、メーラーが警告を出さなかったことにも原因がある。
そういうメールを送った人が、一番悪いのだけれど。
(いじめ問題と、ちょっとかぶるかも。)

一番「悪い」のは誰かというと、そういうシステムを作った人だと思うのですよね。
つまり、ネットは、もはや全世界の「インフラ」なわけで、例えばメールでも、「会社からしか使えないんですよ」とか、もはや言い訳に過ぎないわけで。(解決法はあるという意味で。)
つまり、道路と同じなんですよね。

すぐ穴の空く道路、すぐ渡れなくなる橋、すぐ使えなくなる電気、だれがそんなもの使うのかという話ですよ。
そういうレベルで、「弱い」のが、ネットの現実。
(しかも、インフラと化して、その結果、よく「知らない」人が使うという現実を、専門家が十分以上に理解しているように思えない点が、大問題。)

なので、プロトコル(通信規約?)とかいう、「低い」レベルで、脆弱性をなくす努力が必要と思うんです。
(注;ネットの、いわゆるOSI参照モデルという、7階層ある、通信レベルの話で、低いレベルは、「頭が悪い」とかいう話でないです。)

TCP/IPだと、第3層とか第4層だったと思うので、そこいらでなんとか。
場合によっては、新しいプロトコルの開発も重要ですね。ポストTCP/IPとか。
(すでにIPv4に未来はないですが。)

いや、スマホとか、新しいアプリ開発がもうかるってのは分かるんですが、「道路」を丈夫にすることにも、少しは関心をもった方がよいのではないかということですよ。

というか、道路工事の専門家はいても、ネット回線のインフラ的(改良とか、安全性とか、効率化とか考えている)専門家って、いるんですかね。(まあ、昔から、ネット関係のそういうところは、いい加減すぎるくらい、行き当たりばったりとしか思えないと思っているんですけれどね。)

PCが必需品な社会となって久しいけれど、なんだか結構いい加減な世界な気がしてならないんですよ。「見た目」とか、「まあたらしさ」ばっかり注目されてばかりで。(その方が儲かるから、という理由がみえみえなのが痛いですが。)

こういう仕事こそ、公務員の仕事じゃないんですかねぇ。
IPA頼りじゃ、情けないですよぉ。
(と最後に、ちくり。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月10日 (土)

GEO OnlineでCDを探してみた

80年代前後のCDを探したいという話の続きです。

あ~んまり、期待せず、GEOのオンライン版で探してみました。

すると、期待以上の成果。
わりと古い音源があるのです。
まあ、ツタヤよりはマシくらいなので、満足できるレベルではないのですけれど。

でもこれは、相当な進歩かもしれません。
探せば、もっといいところ、あるかなぁ。

ネットだと、店頭では儲けが少ないような、回転率の低い作品でも、けっこうトータルで数が稼げると思うんですけれどね。
そういう視点が欲しいなぁ、レンタル屋サンにも。

動画配信なんかだと、光ブロードバンドの普及で(まあ回線契約を増やしたい思惑が大きいと思うが、これはネット回線に限らないか)、ネット関係で特に活発ですが(CSとかケーブルとか、駆逐しそうな勢いでもあるかも;僕はあまり利用しないので、憶測ですが。なんせADSL。)、その割に音楽関係は、なんかちょっとな感じなので、盛り上げて欲しいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

興味あることには無尽蔵にエネルギーが発生するのか

なんて思ってたのは、特に若いとき。

でも最近は、ちょっときついなぁ、と思うのは、トシのせいなのかなぁ?

でもね、最近じゃ、ちょい前にも書いたけど、人生でやれることって、意外に限られているみたいで。(いや、そうじゃないという人は、そういう方向で行ってください。その方が社会的に面白い結果になりそうなので。)

ま、一つは、気の持ちようなんですけどね。
(でも、それをコントロールするのが、多分40代からは難しいと思ったりする。)

でも僕も、いい年してブログなんて(いや本当よ)ねぇ。
でも、どんなことでも、「やること」に意義があると思うところもあるんですよね。
極論、「やらないくらいなら、くだらないことでも、やった方がよい」。
時間を無駄遣いすることが、一番くだらない。
(でも、そういう時間の使い方をしてしまい勝ち。)

一番は、いろんなことに興味を持つ(モーティベーションを持つ)ことだけど。
結構これが難しい。

なので、中期的(数ヶ月範囲くらい)な計画を立てようとするが、それもうまくいくかは疑問。

とある実験装置が、適切な操作をすれば、いいデータを出すらしい。
しかし、いいデータが出ない。
じゃ、自分のやり方がおかしいのかも。
でも、予想外のデータが出る。
なんでそんなデータが出るか予測しつつ、実験する。

という、ある意味、悪いループの繰り返し。
これじゃ気が滅入るなぁ。

統計学的には、データは多いほどよい(できれば1000件以上のデータが欲しい)ので、現実的には、ノウハウとかの世界(測定器のメーカーさんの)になりがちですよね。
悪いループは正直勘弁だから、いいループにね。

ということで、そんな中、打開するアイディアを出せるかどうかが問題だったり。

まあ、データを見ながら、方向修正できればと思うけれど。

あとは、「やってみなければ分からない」レベルのことなら、ともかく早急に動かして(そして失敗して)・・・やっぱり面倒だなぁ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 5日 (月)

Windows8のインストール成功

3300円くらいなら、しかもXPからでもOKなら、バージョンアップしてもいいよね。

という単純な理由で、ダイナブックSS RX1にダウンロード販売でインストール。
インストール前に、isoイメージも作れるので、いざとなったときも安心。
(プロダクトキーは、忘れず記録しておきましょうね。)

ま、うまくいきましたね。意外とあっさり。
DVDメディアも作成ずみ。

Windows7は、あまり使い込んではないですが、一応少しは使ってました。
Vistaもね。(ただ、Vistaは普通使いはとても疲れる。)

元のOSがVistaだったのですが、それと比べると、ずいぶんCPUファンが静かだなぁ。
というのが、まずよかったと思います。

動きも、そこそこよい。さすがは、7の後継だけのことはあります。
Core2Duoの1.1G程度でも、なかなかよい動きだと思います。

インターフェースですが、これがなんというか・・・。PDA?スマホ?
「スタート」画面が、完全に表に出ていて、かつてPC使っているというイメージだった、デスクトップが、補助的になったイメージすらある。主従逆転な感じ?下克上?(違うな。)

昔からPCを使ってたら感じていた、「階層」というイメージが弱まっていて、初心者には敷居が低くなってるのかもしれないけれど、理系人間の自分には、ちょっと違和感あるかな。
なんか無理やり、作ったみたいで。
で、スタート画面(アプリ画面)が、2種類あるけれど、マウスの右クリック活用度が高くなっていて、アプリがずらり並ぶ画面にもできるんだけれど、これが、もし使い込んでいって、アプリがたくさんになったら、どんなになるんだろう、と恐怖を感じたり。(だから、階層になってる方がよかったのにと思うことにならないか妙に心配。)

まあ、1日目なので、よく分かってない点もあるのかもしれないのですが、なんかお世辞にも使いやすくなったと感じないのが、今の正直な感想です。
あと、OSのアップデート前に、インストールしていたソフトが全部消えていた(多分気をつけてなくて、まっさらにインストールしてしまったからかもしれないです)のが、少し残念。

少なくとも、それまでのVistaよりは、見違えるほど快適なので、それだけでも、よしとします。

でも、どうしても、Androidとかと同じように見えてしまうんだよなぁ。うーん、いいのかなぁ。これって。

もっと使い込んで、面白いことがわかってきたら、またレポートします。

そうそう、捨てメアドがあれば、お楽しみが増えそうかなという感じがします。
MS系の、適当なのを、一ついただくかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

答え

あー、しょうもない実験するひまねー

の最後のクイズの答え。
(てか・・・わかるか。)

Dsc01228

今は亡きAIWA(しかも旧ロゴ)の、HS-J2というやつです。

ラジオつき、オートリバースつきで、メカニカルな動作機構なので、よいなぁと思い、ヤフオクで落札。
しかし、今のところ、ボリュームがおかしいので、音が変わらず、小さい。
テープの音も、どこかにょろにょろと頼りない。
一応、溶けていたベルトは交換。ボリューム内部に機械油をベンジンで薄めて注入。

RとLのボリュームが分かれているのもマニアックなのですが、そのボリュームも、動かなければ意味ないですね。

ま、気長に調整します。(だいぶ分解のコツも分かってきたし。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 3日 (土)

半端ないプレッシャー

今回ちょっと真面目ですよ。
(いやいつも結構真面目なつもりですがw)

仕事し始めて、1ヶ月経過しました。

まあ、正式に雇用の契約からは、半月ですけれど。
(それまで、体験就業みたいなもんで。ま、それはそれで、楽しかったので、別に無給でもよかったのですけれど。)
なので、今月の給料は、半月分です。

でですね、特に先々週くらいまでは、プレッシャーが、半端ないのですよ。
今だから言うけど。

朝、肩と足に、半端ない緊張が走る。
筋肉疲労も含めて。
寝ていて、無意識に、緊張していていたんだと思う。
こんなんで、これから仕事続けられるのか?という、否定的な意見ばかり思い浮かぶ。

正直なところ、「もうダメかもしれない」と思ったこと、二桁回ですよ。
やっぱり、自分は、社会不適合なんだと思うこと、多分三桁。

でもここで負けたらダメだと。

少なくとも、仕事して、これほど自分と他人の関係とか、いろいろ「真剣に」考えた時期ってないなと。(なので、ブログに書く価値もあるかもと思ったり。)

負けるかも、という不安は、職場の方々が、わりとおおらかな方(でも、技術職だから、技術には煩いですよ、当然。僕もそれは普通に感じるし、楽しく感じるところがある。)ばかりなことに、解消された節があります。

特に自分の中で、いろいろなことと、戦いながら、自転車を走らせながら、「ここで負けたら、また負けるぞ」とか、「今度負けたら、どうなるかな」とか思ったり、そんなこんなで、体力がついたせいかどうか知らないけれど、最近では、またちょっと違う境地にいたりました。

多分それは、いろんな「若くして就業意欲をなくした方々」の役に立つかもしれないので、ここにあえて恥をさらすつもりで書くことにしたいと思います。

第一に、「休み時間に、休めないなら、異常だ」ということ。
普通の会社なら、昼休みくらいあります。それがとれないときでも、まあ、昼飯食えたり、缶コーヒー買って飲んだりとかできます。
でもなぜか、そんなリラックスタイムすら、本来のリラックスしている気分になれないという心理状態になるのです(なってました)。

心療内科の先生の話では、「話している顔を見れば分かる」らしいのですが・・・。

いろんな環境的な要素が、自分を「落ち着けない」までの状況に追い込むことがあるんです。
大体、ご飯食ってる時すら、緊張しているってなんだったんだろう。

で、ある程度、ああそんなものか。でもこうすれば、自分はリラックスできるかもね。みたいな「とっかかり」が得られたら、「大いなる収穫」だと思います。

なんか僕の場合、そこが特に「普通」にならなかった気がしています。
多分、他の人も、このような感覚が、なかなか取れないという気がします。
(家庭環境もあると思いますが。)

この過渡期には、「この状況はおかしい、けれど、なんでおかしいのか、さっぱり分からない」んです。
「なんでこんなに腰が痛いんだ」「肩が痛すぎて仕事にならない」という症状。

それから2年。
いろいろあったけれど、「直った」とは思ってない。
むしろ求職活動していたころは、「ともかく仕事につくこと」(それはそれで、誤ってないんだけれど)と思っていた。
で、仕事に就いた。

あえて言うと、「試行期間」があったことがよかったとも思う。
もちろん、自分の就業意欲の部分での「復活」もあった。
「試行期間」だから、「失敗してもいいや」とかは決して思わなかったけどね。
(失敗しなかったとは言わない。w)

でも、いろいろ(昔の感覚が戻ってきたというのもあるのだろうが)、やってるうちに、ね。

同じような仕事していても、仕事環境によって、考え方が違うとかという話もあったりね。

でもそういう、文化的「違い」を、吸収し、「よい方向へ」、「昇華」するのも、一つのやり方だよねとか。(異文化を素直に吸収できるかという許容度。)

複雑な要素の交じり合う現代だから、やるべき事とか、あったり、そこが僕の「これから動くべき行動」をどうしようかと、おおいに悩むんですよ。

仕事が見つかったから、「上から言われるままに」やってれば、給料をもらえる、という、考え方をするつもりは「全く」ないのですが(というか、よくちょっかい出して、迷惑になってるかもとか思う)、それにしても、「先に進む」ための、ヒントを得ながら、先に「根気よく」進む必要はありそうです。

いろいろ自分なりに考えては、いるのですが。よかれと思い。
それが、「伝わらない」かもしれないということは、「伝える側」の、表現方法かもねとか思ったり。

よく、「なんでかよく分からないが、人に好かれる性格」を持っている、うらやましい方がいますが、自分はその真逆なのかなとか思ったり。

あとは、もともと、要領が悪かったり、とかで、迷惑をかけてないかとか。

ともかく、「変なプレッシャー」により、本来の自分の「良さ」がなくならなければ。

ともかく、このプレッシャーによる、体力低下は、避けないと。

でも、今は、結構、耐えられてます。仕事のプレッシャーに。
プレッシャーをかけられるってことは、期待されているってことなんだ、と思えるようになったからかもしれないけれど。

なんというか、これでいいじゃないかと思ってます。

(11月4日追記)

と、「処方箋」を作っておいても、けっこう、プレッシャーかかるんですよね。

あんまり悩みすぎない、というのが大事だけれど、なんだか、例えば交通事故の時の対応を、事前に考えておくみたいな、失敗する前の「予習」というか、心の準備も大切だし、そういうことでは、お休みの日(時間)でも、妙に気になるんですよね。

まあ、まだ職場の「意志」の方向性を、掴みきれていないためなのかもしれません。

せめて、家族との時間を大切にできるくらい、余裕が持てるまでにはなりたいのですけれど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Windows8をダウンロード

な~んとなく、そうだと思ってたんですけれど。

Windows8って、メジャーアップではなさそうですね。
なんというか、着せ替えしただけとか、ちょっと中身を効率化してみたとか、そのくらい?
ま、Windows7が、わりとよく出来ていたようですので。
その「正常」進化型、すなわちマイナーアップデートくらいのバージョンアップなら、まあ、信頼できるかなと。
(まあ、Windowsに関しては、Meとか、Vistaとか、メジャーアップの際に、「ヘタこいた~」みたいな例が多いもので。)

ま、Windows8ってのが、Windowsのバージョン8とは、意味合いが違うという話は、めんどくせいですか?しなくてもいいですか?
(ちなみに、メジャーアップデートとしては、Vistaと同系列っぽいですよ、8も。)

そんなくだらない話をしつつ、ですが。

なんかですね、今ですね(来年1月のいつかまでみたいですが)、ダウンロード販売で、3300円でアップデートできるらしいので、ダウンロードしてみてるのですよ。
まあ、時間がかかるようなので、明日になりそうなのですが。
(うち、ADSLなもので。)

まあ、今のVistaよりは2倍マシくらいと予想はしてます。

UIがどう変わったか、って、いろいろ出てますけど。
それにしても、MSといい、Appleといい、プレゼンのハデさときたら、見習うべきか、見損なうべきか。うーん。あんなプレゼン、日本じゃまずダメ出されますな。
よくあれほど、自社製品に惚れ込めるなとか。
(まあ、日本の企業のプレゼンにも、改革の必要はありそうですけれど。)

まぁしかし、貧乏な僕(初の給料が、今月21日ですよ)でも、「使ってみたい」と思う価格設定が、「自信の現れ」なのか、「これで勘弁して」というヘタレ根性なのか、見極めたいと思うのですよ。

なんにしても、興味あるトライアルです。
このブログでも、もちろん、僕なりの感想を公表するつもりです。

まあ、無難にまとまってるのではないかという予想は、間違ってないと思うんですけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »