« 原発で思うこと | トップページ | Senkaku »

2012年9月13日 (木)

今やらないとダメかもしれないこと

いまだに国内・国際紛争が終わらない世界。

これだけ科学が発展して、その上、今後これ以上の発展が望めるかというと、資源の枯渇などで、危ぶまれていると言われている現在。

今、(先進国が)豊かな時代に、なんらかの仕組みを作っておかなければならないのではないか、とぼんやりと思ったりしている。

例えば、アメリカが、とか、EU諸国が、総崩れとか、いう時代になったとして、どうすればよいかとか。

いまや先進国では軍事力で人民を押さえつける時代ではないけれど、そういう考えがどこかにぶっ飛んでしまった時に、世界はどうなるんだろうとか。

急激に経済力をつけた国が、強力な軍事力を獲得し、世界を征服しようとか思い出したらどうしたらいいんだろうとか。

高齢化社会になってしまってから、その対策を、「いつもの付け焼刃的対応」で対処しようとする政治家どもの首を、どうやったら、とばしてやれるだろうとか(笑)。

いや失礼。

別に今の豊かな社会が未来永劫続くとはとても思えないけれど、経済的・物質的に豊かでなくとも、幸せを感じる人は、もうすでにたくさんいるし。
先進国に生きていて、便利な生活を享受していても、不幸せそうな人は、いっぱいいるし。

ロハスじゃないけれど、持続的社会じゃないけれど、幸せな人の数を最大にする方法っていうのがあると思う。
それがかつて、資本主義や、社会主義の目指したところだと思う(結果はともあれ)。

少なくとも、民主主義は、幸せな人をたくさん作る方法のひとつだとは思う。
王様のような、人民から税を取ったりする側が「よい政治」を必ずするという保証があれば別だけれど。
でも民主主義でも、殺し合いをしたり、不幸せで自殺したりする。日本のように。

今、余裕があるうちに、みんなで、みんなが幸せになれる方法を考えていく必要があると思う。
つまらない風習とか、宗教的縛りとかにとらわれずに。(日本でもそうだと思う。)
国という縛りにとらわれない、条件なんてなく、先進国とかいうことに関係なく。
そういう意味で、多くの人間が、幸せに生きられる世界を、今、作っておかなければ、子孫が不幸になりそうな気がして、心配で心配でしょうがないんです。

まだそんな甘いこと考えてます。

|

« 原発で思うこと | トップページ | Senkaku »

特になんてことないこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581560/55649287

この記事へのトラックバック一覧です: 今やらないとダメかもしれないこと:

« 原発で思うこと | トップページ | Senkaku »