« リチウムイオンバッテリーがことごとく劣化の件 | トップページ | 今やらないとダメかもしれないこと »

2012年9月13日 (木)

原発で思うこと

別に脱原発だとかいう話ではないです。
あえて言うなら、急にやめるのは、二酸化炭素の観点からはきついなぁということを思うくらいか。

それより思ったのは、なんで廃棄物の処理技術が完全に確立されていない技術が、実用化されたのかなぁ。
そこが不思議でならない。

あと地震とか津波とか、「いずれはこうなる」ことが分かっていて、原発をその場所に作った人は、まあ強引かもしれないが、昔のなんとか十字とかいう(肝炎関係だったか、血液製剤だったか)会社と、あんまりやっていることは変わらないなぁなんて思ったり。

せめてもっと考えて作ればよいのに。チェルノブイリなどの前例はいっぱいあったのにね。

あと、耐用年数を超えても稼動させている原発って、どういうこと?

技術的・科学的観点から不思議な点が多くて多くて。

|

« リチウムイオンバッテリーがことごとく劣化の件 | トップページ | 今やらないとダメかもしれないこと »

特になんてことないこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581560/55649175

この記事へのトラックバック一覧です: 原発で思うこと:

« リチウムイオンバッテリーがことごとく劣化の件 | トップページ | 今やらないとダメかもしれないこと »