« 楽天ツールバー | トップページ | 夜すぐ眠れるなぁ »

2012年9月25日 (火)

仕事してもなんかいじっている

NW-A856の修理。

前に液晶の壊れた64GB容量のA847の中身を、16GBのA845と交換し、パーツが余ったので、キーが壊れたA856(32GB)と、キー部分を交換しました。

何台も同系列機種を分解していると、要領もわかってきて、楽。
もう、あと何台でも修理してやるぞとか思うけれど、そんなにウォークマン要らないし(笑)。

それはともかく。

基本的には、これらの機種は、裏蓋のネジ2本と、ストラップホールに隠して?あるネジ1本を外し、横方向の爪を4箇所外せば、裏蓋は開きます。

で、メイン基板にアクセスしたいときは、左下(フレキシブルケーブルコネクタが2つあるところ)の黄色い透明テープを取り、基板の上においてあるプラスチックの保護板?を、黄色い透明テープごと外してしまえば、作業が楽。

A847とA845の基板交換は、音量の基板と本体のはんだを外し、メイン基板と電池、ヘッドフォンジャックは繋がったままで交換。
液晶へと、キーへのフレキシブルケーブルを外して。
裏蓋も交換して、A847の出来上がり。

A856のキー部分の修理は、互換性で不安だったけれど、結果はなんとかOK。
意外に基板交換よりめんどくさい。
裏蓋を外し、メイン基板と電池部を外し(半田は外さなくともよい)、よけておいて、裏からキー基板を交換。
ちょっと引っ掛けるところに癖があるけれど、よく観察すれば外し方はわかると思う。
基板交換より、一段深く外す必要あり。

結局、3台で2台作ったことになります。
そんなに「安く上がった」わけではないけれど、メーカー修理(の方がいいんですけれどね。)よりは安かったので、よいでしょう。

64GBもあれば、なんでも入れるでもいいと思いますが、これまで使っていた8GB機では、用途ごとに数台、分けて使用していたので、これからどうするか、ちょっと考えます。
(こういうソフト的なところが後回しなのが、浅はかで無計画なんでしょうね。)

|

« 楽天ツールバー | トップページ | 夜すぐ眠れるなぁ »

オーディオ機器修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581560/55744584

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事してもなんかいじっている:

« 楽天ツールバー | トップページ | 夜すぐ眠れるなぁ »