« もしかしてよ(歴史が誤りかどうかはともかく、勉強になるかも) | トップページ | メールの書式 »

2012年8月15日 (水)

レンズ作ろうかなぁ。

いやぁ、最近、CREE社(米国?)のLEDを使った、中華製?懐中電灯が、オークションで、割安で売っていることに気づき、これは乗るべきだろうと。(何が?w)

というわけで、2台ほど購入。

最初は、ズーム機能のないやつ。それなりに強い光。
100円ショップで買った、安物のLED懐中電灯よりは、はるかに大光量。
厳密には、「ルーメン(lm)」値を参照するのが、理系人間の性質だが、いかにも適当な、中国産品では、期待も薄いものだろう。実際に、そういう経験をされている方も、多いようです。

一応注釈。
最近、(特に輸入している)LED電球の明るさが、公表値どおりじゃなかったことがニュースになりました。
ルーメン値が、正しければ、それほど問題にはならなかったと言われています。
電力でおなじみの基準値は、ワット[W]だが、効率を考えると、それが「明るさ」とは直結しない。つまり、効率の悪い(=どこかでロスが発生している)LED電球だと、「それほど明るくないのに、電力が無駄に消費されている」(=熱などの問題が発生し、寿命が短くなりがち)と考えられる、または消費電力自体がそもそも正しくない?、ということなのかと思います。
そのルーメン値は、資格試験である電験(電気主任技術者試験)では、必須の知識なのだが、立体角とかも関係し、説明も面倒なのではしょると(w)、「光源そのものが出す「光」(つまり注入するエネルギーではない)の総量の大きさ、強さを表す単位」がルーメンと考えて、大きく間違いはないと思います。(だから、同じ電球でも、レンズとかで広げると、また、距離が遠くなると、暗くなるのです。)
気になったら、詳しくは、ウィキペディアで調べてください。

だから、良心的な会社は、性能を「ルーメン」できちんと示す場合が多い。(変換効率まで出してくれれば、更に効率的だと思うし、ロハス推進派にも「受ける」と思いますけれど、今のところ、そういう商品は出ていませんね。)
そこを、ただ直感的(主観的)に「明るいです」と言うから、「うさんくさい」と言われる。
で、実際、それほど明るくないこともある。

客観的、つまり誰が判断してもわかる、科学的根拠なしで、物事を言うことなかれという、好例です。
結果は、返品の山と、倒産企業の山(?)。
(会社経営は誠実に、責任を持ってという、好例だったりもしますね。企業の役割は、従業員の給料を払うことだけではない、ましてや自分の給料を確保することでもない、社会に役立つことを、「100年」続けることだと、誰かが言ってたような。)

閑話休題。

ズーム付きのやつは、実に明るい。
絞って、集中的に大光量を得られるってのが、泣かせる。
正直、その前に買った、ズームなし機種が、(本当はけっこう明るいのだが)ちょっと不満に思えた。
その理由の大きなところが、まあLEDの特徴でもあるのだけれど、光の直進性の強さ。
つまり、スポットで明るすぎること。

もう少し広い範囲で明るければ、もっと使いやすそうだなと思ったのです。

まあ、「買っちまった」ものは、しょうがないから、ちょっとした工夫で、なんとか少しでも使いやすくならないかというのが、DIYスピリットなわけで。

2機種を比べてみると、ズーム式は、レンズで焦点距離を変えているよう(だが、けっこう光学的には適当な設計かも;むらが多いし)で、それなら、ズーム無しでも、前面にレンズをつけることで、ある程度光を「拡散」させることができ、少々暗くはなるが、使いやすくはならないかなと思うわけです。

全体的な光の量については、けっこういい線だと思うので、素性はいいと思うんです。
ただ、中心に集中しすぎると、コントラスト(明るさの傾き方)が高すぎ、目が「明るい」ところに慣れすぎて、明るい中心部しか見難いという感じ(という説明でお分かりですか?)。

つまりこれを解決する手段が、「レンズ」を前面に装着すること、と思う。多分。

なので、「凸レンズ」を作りたい。
お、そういえば、透明プラスチックを作る技術は、うちにあるぞ(w)。
じゃ、作ってみるか。
プラスチックより、ガラスの方が、屈折率はよさそうだが・・・。ま、やってみなければ、わかるまい。

、と思ったのが、昨日(8/14)夜のことなので、今回は予告編ということでお願いします。

レンズの曲率とか、設計とかは僕は素人なので、テキトーな凸レンズを、テキトーな「型」をとって、作ることになろうかと思います。
例えば、「バスタブ」として、ボールペンのアタマを使って凹ませた粘土を使うとか。

レンズが作れたら、ルーターとサンドペーパーで、ある程度「ハンドメイドで」追い込みたいとは思うのですが、なにせ基準がよくわからないので、特に最初は、かなりテキトーに作ってしまうかもしれません。

ま、樹脂だと、ガラスより100倍は作りやすそうだし。

ともかく、近日中に、実施したい。

完成したら、またここで発表?したいと思います。期待せず、お待ち下さい。(失敗したらどうしよう。)

|

« もしかしてよ(歴史が誤りかどうかはともかく、勉強になるかも) | トップページ | メールの書式 »

エレクトロニクス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581560/55425528

この記事へのトラックバック一覧です: レンズ作ろうかなぁ。:

« もしかしてよ(歴史が誤りかどうかはともかく、勉強になるかも) | トップページ | メールの書式 »