« 透明樹脂を作成 | トップページ | sonyのDSC-RX100のこと »

2012年8月11日 (土)

また片付け

少し放っておいてたけれど、最近、また一念発起して、片付けを始めた。

目標は、2つの古い、3段の引き出し型の棚を排除して、2つの、縦長の小さい引き出し10段くらいの(書類棚っぽい感じの)棚に、リプレースすること。

まあ、古い棚の方は、1/4くらいに減っていたので、それほど内容物はないのですが。
それを整理して、小分けして、小さい引き出しに入れていく。
整理ケースみたいに大きいと、ごちゃごちゃ入れる割りに、目的のものが出しにくいので、小さい引き出しの方が、私の場合は便利です。

引き出しには、けっこう余裕があったので、いらない物(ちょっといるかな、と思う物も)を、どんどん捨てる。
そうすると、床に散乱したがらくたも整理でき、家具の移動もしやすい。
要るけど、ちょっと邪魔だし、どこに置くか悩んでるものは、とりあえず小さめのダンボールへ。

そうするうちに、「移動通路」もでき、古いケースを運び出し、10段引き出しを、空いた場所に設置。少し横幅が狭いので、余裕ができる。
いやぁ、余裕って、いいですね。新しいことを、やれそうな気がする(だけ)。

やっぱり、少し小型の引き出しは、いろいろ入れやすいので、いいです。しかも取り出しやすい。
大きいものは、ダンボールとか、やや小さいけれど、引き出しに入らないものは、100円ショップで300円で売ってる(?)、DVD・CDケースに入れてしまう。
細かいけれど、なくしたくないものは、こんなケースがいいです。

古い棚は、そのまま捨てると嵩張るので、バラす。
でも、このままでは、まだ「燃えるゴミ」の袋には、入らなさそう。
さて、市販の「リサイクルのこぎり」みたいなやつで、ばらばらにして捨てるか、それとも、面倒なので、粗大ゴミとして出すか。悩みどころです。

できれば、「燃料」または「材料」にしたいところですが、そんな設備なんかないし。

片付けで、荷物が少なくなると、見通しがよくなって、「いるもの」「いらないもの」の判定もしやすくなります。
人によっては、「棚の本(資料)を読んだら、右端に返し、左端になった本から捨てていく」とか、「ダンボールに入れて、半年(?)出さなかったものは、捨ててしまう」みたいな話もあるようですが、まあ、思い入れがあったり、動くのが楽しいものとか、単に使わないから捨てていいみたいな感じも、ちょい寂しい気がします。
昔のフロッピーに入っているデータなんか、さっさとHDDにコピればいいのに、と自分でも思う。

まあ、本なんかは、電子化してもいいようにも思いますけれど。
自炊するより楽で安い業者(ただし本はスクラップにされ、帰ってこない)があったみたいですが、まだやっているのかなぁ。

本は、ダンボール10個くらいある(本当はもっとあるけど)ので。どうしようかな。
電子書籍のフォーマットが統一されているのなら、一気に電子化もよいのですけれど。
(5年くらいしたら、淘汰されるかしら。)

|

« 透明樹脂を作成 | トップページ | sonyのDSC-RX100のこと »

特になんてことないこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581560/55395811

この記事へのトラックバック一覧です: また片付け:

« 透明樹脂を作成 | トップページ | sonyのDSC-RX100のこと »