« デザインって、難しい | トップページ | 新発売のたびに »

2012年7月 2日 (月)

多分塾か家庭教師の勧誘の電話

「あのじつは中学生のお子様のいるご家庭にお電話差し上げているんですけれどお子様の英語とか悩んでいらっしゃることとか・・・・」

多分塾か家庭教師か。
かなり早口。トーンも低く、ぶつぶつ小声。
こんな人が先生だったらやだ。きもい。

それとも、セールスの専門の人かな。ならなおやだ。
こんな、マニュアル読んでるようなやる気のない、妙な人のところは。

気持ちは教育の入り口。しかも、教える側の気持ち、教わる側の気持ちどちらも必要。
ただ人数稼ぐような、家畜扱いされるような教育機関は、ダメでしょう。

しかしいつも思うが、なんで手紙やら電話やら、教えたはずのないところから来るんだろう。
その時点で、もううさんくさくて、頼む気にならない。帳簿売りとか、裏社会に繋がっているわけだから、違法な行為なんか平気だろうし(怖がりすぎですか?)。

大体、子供の行く塾・家庭教師くらい、こっちで決めるわ。
向き不向きもあるからね。

昔、TVでも有名な某家庭教師会社に頼んで、最初はいい先生に当たったが、なぜかいきなり馬鹿先生に変えられて、即文句を言ってもとの先生に戻してもらったことがある。正直、金返してもらいたかった。有名な大会社でもそういうインチキするんだぜぇ?

そういえば、大学生の頃、同じ英語学校の人に、2回勧誘を受けて、同じ質問をされて、的確に答えてやったら、「よくご存知ですね。」とな。なにがソルトアネッグじゃ(笑)お馬鹿にもほどがある。あ~マニュアルマニュアル。人間性皆無。

そういや、僕は予備校は1年行ったけれど、塾は行ったことありません。
教科書全部勉強すればいいんでしょ?それ以外のことやるなんて、めんどくさくて。無駄なカネもかかるし。

|

« デザインって、難しい | トップページ | 新発売のたびに »

特になんてことないこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581560/55105195

この記事へのトラックバック一覧です: 多分塾か家庭教師の勧誘の電話:

« デザインって、難しい | トップページ | 新発売のたびに »