« これはひどい。 | トップページ | 相手の感情と自分の感情 »

2012年6月29日 (金)

異常な電話

NTTの加入者線に入っている回線につないでいる電話機に、非通知の場合は受けないという設定をした。

それで、まあかかってくる電話の件数が、格段に減少し、ずいぶんと気持ちの良い機能で、シャープさん、ありがとうと細やかな配慮に感謝していた。

実はその前に、留守番電話の設定をしたのだが、そのとき笑ったのが、まあ、留守番電話だと分かった時点で、殆どの電話が「切られた」ということ。
最近、テレビで「オレオレ詐欺」の対策で、留守番電話設定にしていれば、詐欺師がわざわざ留守番電話に記録を残すことはないなんて話していて、妙に納得した。
ふーん、うちにかかってくる電話は、詐欺師ばかりか~。と感慨にふけったものだ。

そういえば、NTTの光の勧誘が前は多かったが、それもなくなったのはちょっと不思議。よくわからんが、留守電だと、すぐ切るように、上から指示されているのか?それに素直に従うオペレータさんも、結局お金がもらえりゃそれでいいんだね、今はそれが当たり前なんだね、あなたはそれで満足なんだね、とかくだらないことを考えたりしていた。

で、今日。
上記のような事情を乗り越えて、勇気あるチャレンジャー?が、我が家の加入者線に乗り込んできたのです。
それほどまでのチャレンジャーなら、きっと良くも悪くも面白い。受けて立とう、と、数ヶ月とらないで埃のかぶった無線子機を取り、通話ボタンをクリックした。

僕は、ありったけの期待を込めた、人懐っこい声で応答することにした。
「もしも~し!」

これだけウェルカムな気持ちで電話を取れば、期待しない人なんて、いないはず。
そう思って、応答に期待していた自分の耳に入ってきた言葉は・・・!

「すみませ~ん、間違えました~。」

人懐っこさでは、僕に負けない、(40代くらいの)男性の声でした。

いろいろと突っ込みどころがありすぎて、思わずブログネタにするほど衝撃的な事件でした。

せめて答えろ、「なんで声だけで間違い電話だと分かったのだ!!!」

|

« これはひどい。 | トップページ | 相手の感情と自分の感情 »

特になんてことないこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581560/55081365

この記事へのトラックバック一覧です: 異常な電話:

« これはひどい。 | トップページ | 相手の感情と自分の感情 »