« ニコン1のライバルなのか?SONY DSC-RX100 | トップページ | あかん、ゴミが増えている »

2012年6月 7日 (木)

カメラを取り巻く現状とかについて

前の記事を書いていて、ちょっと考えたことなんですけれど。

なんだか、最近では、コンパクトデジカメのセンサーに大型化の傾向が続いていますね。

まあ、近所のカメラ屋さんを覗いてみても、あきらかに展示数が少なくなってきているし、これまでのやり方(とにかく発売している機種を、できるだけ網羅して、タッチ&トライしてもらうスタイル)だと、新製品を出しても、もうけが出ないで、売り上げが落ちるのでしょうね。
ちょっと使ってみたかった、ソニーのDSC-HX200とか、展示すらしてないや。

まあ、普及率でいうと、多分飽和している市場ですから、なんらかの新規軸を提案できないと、「昔買ったこれでいいや」になっちゃいますよね。(それが多分、昔(1980年代以前くらい?)銀塩カメラが今のデジカメみたいに売れなかった、だけれど、値段が、なかなか値下がりしなかった理由だと思ったりもし ますけれど。普及してない分、値段も高止まりするという。デジカメの場合、これだけ新品の値段が下がったので、同じような基本性能だと、値上げする、積極的理由がないと、なかなか厳しいでしょうね。それが例えば、GPS搭載とか、タフネスとかの特殊(だが使うとハマるかもしれない)用途のデジカメが増えた理由でもありますね。

難しいのは、例えば、タフなデジカメを出して、他社との競争に(当然)なりますが、そこで自社製品を買ってもらう理由を、どうやって導き出すか。
デザイン?画素数?手振れ補正?裏面照射センサー?高感度画質?
ペンタックスの、「顕微鏡モード」は、ニッチだけど、コンセプトは大好きです。いつも使っている人じゃないと、思いつかない用途ですね。
「わが社の人材でなければできない」的な、とかいうと、海外の高級車メーカーの板金塗装工みたいですけれどね。そういうのは難しいか。

デジカメは、出し尽くしちゃったんでしょうか。いまや高画質ハイビジョン動画も撮れますしね。そういうことでは、ビデオカメラ市場も飲み込んでの大戦争ですよね。
メディア(SDとか、ブルーレイとか、HDDとか)を含めれば、ある意味、世界の未来を決めてしまうかもですよ。
そんな考えを拡張し、家庭内のネットワークを、ブルーレイとかHDDとかと繋ぐとかして、家庭内メディアセンターみたいなもの(と言っても、ちょっと大容量(2TB以上?)のHDDを内臓した、ちょっとしたPCみたいな情報処理機器と考えていいと思う)を構成することが、当たり前になり、そして、これまでビデオカメラで撮影したテープも、HDDレコーダで録画した番組も、家庭内メディアセンターにアクセスすれば、全てOKみたいな。
管理が大変だけれど、時代で管理すれば、機械的に管理できそうだし、なんだか「タイムマシーン」的な気分になれるかも。

そうすると、まあ、昔撮ったビデオテープが、全部デジタル化してしまえば、後腐れなく破棄できますね。もっと前の、VHSとかも、またさらに前の、8ミリフイルムの動画も、デジタル化してしまえば、便利ですね。
まあ、アナログマニアな方からは反論されそうですが、時代の趨勢は、デジタル化ですから。アナログは「趣味」として楽しみましょうよ。
まあ、今のブルーレイとかのフォーマットに記録したとしても、また(もっとハイ・デフィニションの)規格ができるんでしょうけれど。それはこれまでの歴史の流れですからね。

僕には、HDDレコーダーが、あんなに高価な理由がわからないんです。
HDDドライブ(例えばBUFFALOとかIODATAとかの)自体は、2TBでも10000円くらいの時代に、いまやPCの世界でも時代遅れな、320GBのHDDのブルーレイが2万円台とは、1万円以上、ピンはねされてますね。

ここでちょっと、近所のカメラ屋さんのこと。
時代の流れで、数年前から銀塩は軽視の傾向で、まあそれは量販系なので仕方ないとしても、最近はスマホとか、そのアクセサリの販売始めたり、それより数年前からは、プリンタの販売をしていたりで、うーん、だんだん「カレーライスを出すそば屋」みたいになってないかい?なんて。
でも、今でも写真用フィルムを安く売ってくれている(流石に、1本100円ではないですね。)し、カメラのオプション品が少なくなっている気がするのは残念ですが、方向性を間違わないで、今後もなんとか残っていて欲しいなと思う次第です。

例えばね、小さいお店だけれど、銀塩もOKで、カメラ関係(と、ビデオくらいは)中心で、寄り付きやすくて、長居できるスペースがあって、他の常連さんと談義したりでコミュニティを築けそうなカメラ屋さんって、あればいいですね。近所に。
特に名勝が近所にあるところには、ぜひあって欲しいです。ガイド(と食事・休憩・宿泊^^;)も兼ねて。
あ、民宿とかでも、話が面白い方の民宿は楽しいですよね。「当たった!」という感じ。
けっこうそういう民宿は、料理もおいしい気がする。気が利いているんですかね。

犬とか(本当に)好きな人に、あまり悪い人はいなさそうですが、写真を撮るオタクみたいの(時に話題になる、撮り鉄のごく一部とか、立ち入り禁止場所に三 脚立てるとか)が、他人の迷惑も気づかない、というのは、オタク化でコミュニケーション能力、空気を読む能力が欠損しているからのようにも思います。だか ら、同好の仲間が集まるコミュニティ・スペースというのが、いろんな趣味分野で必要に思います。それであって、後継者も出てくるし、文化の発展にもつなが るように思うのですが、いかがでしょう。

うちの近所なんか、太宰府天満宮もあるし、そんなお店があってもいいように思うんですけれどね。(ひょっとして、これ、昭和的考えですか?)

バイク屋さんなんかは、今でも結構、常連さんと仲良くやっているところが多いように思います。ま、なんにしても、お店のやる気次第かもですね。(初めてパンクで立ち寄ったバイク屋さんに、ツーリングに誘われたのは、嬉しかったなぁ。行けるかどうかは別としても。)

子供の頃、近所の稲刈りを手伝ったのを思い出しちゃった。あれも地域のコミュニティでの活動の一環ですよね。楽しかったなぁ。

|

« ニコン1のライバルなのか?SONY DSC-RX100 | トップページ | あかん、ゴミが増えている »

特になんてことないこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581560/54897152

この記事へのトラックバック一覧です: カメラを取り巻く現状とかについて:

« ニコン1のライバルなのか?SONY DSC-RX100 | トップページ | あかん、ゴミが増えている »