« 異常な電話 | トップページ | WM-R2プレゼントは終了 »

2012年6月30日 (土)

相手の感情と自分の感情

まあ、ちょいと考えていたことでもあって。

人間、他人に好まれたい(認められたい)と思うもの。

で、僕も悩んでいたことで、ちょい理解したことがあったので、皆さんが少しでも、生きる上で楽になる材料になればと思って公開するなり(土左日記か!)。

僕も本で読んだ話なんですけれど。

感情を発生するのは、常に受けた本人だということ。

例えば、AさんがBさんを叱責したとする。
Bさんが、落ち込んで「死にたい」と思ったとする。
「死にたい」と思ったのは、Aさんでしょうか、Bさんでしょうか。
もちろんBさんです。

ここで、Bさんが、「Aさんは私にがんばって欲しいから、あんな厳しい言葉でアドバイスしてくれたんだ。だって、自分が嫌われるような行為をわざわざしてくれてるのだから。」と、ポジティブに考えたとします。
心の中の状態がよくなったのは、Aさんでしょうか、Bさんでしょうか。
もちろんBさんです。

さて、上の2つの場合で、Aさんの気持ちは、変わっているでしょうか。
変わっていませんよね。

だから、相手の言う事に、過度にネガティブな反応をすることは、損するということです。
そのうち心臓病とか、うつ病になるだけです。
逆に、上のようにポジティブに考えると、自分を高めることになるので、よいです。

これを応用して、今、自分が恵まれない環境にあるなら、「これは自分を鍛える時期なんだ。ここを乗り越えれば、自分はすごいことをやった自信がつき、一段上がった人間になれるんだ」と解釈するとよいと思います。

また一方で、こういう話もあります。

相手の気持ちが完全にわかるとか、相手に自分の気持ちを完全に伝えるのは、無理です。
焦点を絞った一部なら、わかるかもしれません。それでも少し解釈のずれが発生することだってよくあります

だから、「完璧」は無理だ。自分で補って、相手の気持ちに「似せる」ことしかできない。

だからこそ、工夫し、相手を満足させることができるんだと思います。「(思ったより)気持ちのいい応対をするお店だな、今度また買いにこよう」と思われるのです。
逆に、相手を満足させられない場合もあるでしょう。
これも、機械的に相手の気持ちの「コピー」が作れないがゆえのことだと思うんですよね。

なんにしても、「わざわざ」ネガティブ思考をして、自分を精神的に追い込まないような訓練をしよう、そして相手に予想以上の楽しさを与えられるような言動をする工夫をしていきたいです。
いや、僕なんて、まだまだですよ。

|

« 異常な電話 | トップページ | WM-R2プレゼントは終了 »

特になんてことないこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581560/55082007

この記事へのトラックバック一覧です: 相手の感情と自分の感情:

« 異常な電話 | トップページ | WM-R2プレゼントは終了 »