« 防水カメラについて | トップページ | もどかしい(というより、自分の恥さらし) »

2012年5月 9日 (水)

機械式シャッターのないカメラ

まずね、前から、機械式シャッターをなくしたカメラには、ある意味の、改革があるとは思っていたのですよ。

昔から、特にフォーサーズ(E-330にインスパイアされてからかな)に、「いっそのこと、ファインダーなしで、ミラーもなしの、フランジバックがごく短いカメラを出してもらえないかなぁ」といったことを、機会があるたびに言ってみていた。

で、これは現在、実現しました。まあ、今のところ、APS-Cサイズセンサー機までですけれど。大革新とは言わないまでも、まあ、「やっと、やってくれた」くらいの感慨はありました。

しかし、まだまだ甘い、と僕は思う。

例えば、ニコン1なんかは、いい挑戦だと思う。
AFの高速さ、露出の正確さは、銀塩時代からのニコンのお家芸。だから、そのあたりがよくても、悪いですが「当然!」であり、そこが他社にないところ。地味だけれど、嬉しい。
(悪いけれど、キヤノンのカメラ、ちょくちょくフォーカス外すんですよ。僕だけ?)

なにがこの機種を際立たせているかというと、「撮像面におかれた、位相差センサーで高速なAFを実現」というところと、「(J1みたいな廉価機でも)機械シャッターを使わなければ、1/16000(!!!)のシャッター速度。まあ、機械シャッターは、V1だけですけれど。(どっちも選べる利点はあるかも。)
ま、CMOS特有の、「動体ひずみ」は出ますけれど。電子シャッターだと。

確かシャッターって、ちょっと前に、液晶シャッターという話もあったみたいだけれど、どこに消えたの?(液晶カーテンという話もあったなぁ。住宅の話ですが。)

機械シャッターは、NEXや、各マイクロフォーサーズ機も、多数派が採用していて、まあ、レリーズ時に、「かしゃ」と機械音が鳴る。その音自体が、いまいちメカマニアの心をとらえない音である(?)上に、なんだか下品な感じすら受けてしまう。(やっぱり銀塩時代のカメラには、かなわないか・・・残念。)
自然、またはスマートな撮影をするなら、レリーズ音は、小さい方が、つぶしも効くでしょうよと思う(静かなコンサート会場やら、寝ている幼児の写真撮るときとか)。

これを思ったのは、SONYの、(僕は)名機(と思う)DSC-R1ですよ。
レンズ交換はできないけれど、APS-CサイズのCCDと、広角からいける、大径カール・ツァイスレンズが、「これは写るぞ、いや、写すぞ!」という迫力で、被写体に迫る。
しかも、電子シャッター?で、ほぼ無音で撮影できる。
ただ、液晶画面が小さめで、好天時に見づらく、また、高感度に弱めなのは、あばたもえくぼ。晴天時の写真の、すばらしいこと。
自分的に、永久保存級でしたが、貧乏に勝てず、売りました。

ちょい脱線しましたが、まあ、R1くらいのものが、今の時代、できないわけがないと思うんですよ。しかもほら、LiveMOSとか、まあ多くのコンパクトカメラがそうであるように、リアルタイムで画面を見ながら、いいところでシャッターを押し、記録できる。(いやむしろ、シャッターを押してなくとも、ここはよいと、カメラが判断して撮影してくれたりする時代も来るかも。)
ここは、銀塩では、逆立ちしてもできないほどの機能で、便利ですよね。

そういうことで、今は技術的障壁があるんでしょうが、将来は、フルサイズ35mmサイズのデジタルカメラで、ミラーレスなんて、できちゃうような気がするんですよ。
そしてハイビジョン動画なんかも。
すでに、動画用EOSなんか、開発が進んでますよね。NEXもか?

僕が学生の頃は、アナログハイビジョンの開発段階で、MUSEデコーダーがどうとか、今のデジタル・ハイビジョンより、かなり高額で高度な技術のものしかなかったんですが、今は、地上波デジタルで、すでにかなり高画質ですよね。
家庭用のデジタルビデオカメラ、もっと言うと、普及価格帯のコンパクトデジタルカメラでも、AVCHDや、H264とかの、ハイビジョン動画が記録でき、SDカードメディアの容量上昇・価格下落とともに、普及が進んでますよね。

まあ、(特に大企業は)技術は陳腐化させない方向で、次のより新しい企画を模索し、製品を開発しているわけではあります。
製品を出した時点で、その商品は「陳腐化」するわけですので、常に新しいものを作ろうとするアンテナは、ぜひ持っておきたいところです。

話が横にずれまくってますね。

まあ、(やっと?)結論を言っちゃえば、大型CCDの、いわゆる「ミラーレス機」でも、例えば液晶シャッターとかを使って、またはシャッターを使わなくともよい方法で(結果的に、それほど高価でない方法で)、「うるさくないカメラ」って、できそうじゃない?と思うのですよ。

オリンパスの、伝説の技術者、故・米谷美久さんも、理想のカメラは、カメラのないカメラだ、と仰っておられました。
僕は実は、「スカウター」カメラってやつを、作れたらいいなぁ、と思っているんですよ。
最近は、東芝が、レグザで、「もう録画予約する必要はない」といったコピーで、2週間くらい、全番組をHDDに保存するよ、みたいな機種があるらしい。まあそれはそれで便利だけど。(関係ないけど、セルレグザとか、なんとなくよさげ。)
ま、そこからインスパイアされたわけでもないんですけれど、「メガネ」の、前面に、撮像素子を(できればハーフミラー的に)貼り付け、ハイビジョンな情報をHDDに記録し続けると。

ま、そういう機能を、メガネにつけると、例えば、幼稚園や小学校の運動会の撮影時に、とっても楽だな、なんて。
欲を言えば、ズーム機能なんだけれど、逆に不自然だ、という意見もあるかも。まあ、今はハイビジョンで、解像度も高いので、けっこうズームにもたえられるかも(再生機器で、ズームできるという機能は、欲しいですねぇ。)

ともかく、「自分が見ている」=「自分の記憶に残っている」(つまり、あとで「あー、あー」というもの)を残したいんですよね。
あと、撮影自体を自動化したら、「生」で、うちの子の活躍を見られるじゃないかと。
だって、運動会とか、撮影に集中するあまり、カメラを通した姿しか見れないがちじゃないですか。

話を元に戻すつもりで、まーた脱線かよ>わし

ま、ともかく、これからは、大型センサーを搭載する機種にも、液晶シャッターなり、シャッターレスなりで、静穏で、しかもできれば小型化して、新製品を出してくれたら、うれしいです。

正直、センサーサイズが大きいもの、そして、新しいものほど、画質がよいです(ま、そこが、長生きする製品が出ない理由なんだろうなぁ)ので、これからに、期待してます。カメラメーカー様。

最終的には、越えられない壁が、つまりセンサーサイズの問題が、決着をつける(つまり、コンパクトは画質が悪い、フルサイズは画質がよいを、甘受しなければならない)時期が来る様な気がするんですよね。

どこが真っ先に実現してくれるかな?フルサイズで高感度も抜群なカメラ。
(D700が、ある意味最適かも。D800が素子サイズが小さいから、今のところ実力がわからないけれど。)

あ、僕の場合は、今のところミラーカメラはD700が画質ベスト(次点はEOS5D。:貧乏なのでmark2は買えねぇ)。そういう意味では、センサーサイズが有力なのかな。次点はNEX-5、持ち歩きしやすいカメラという意味では、Nikon 1J1とE-P2が、持ち歩き候補ですね。
NEX-5は、いいカメラです。けれど、ちょっとだけ気をつけないといけません。例えば、放置しての自然放電が、結構多いです。気づいたら充電なので、こまめにチェックはいります。

いろいろ売っている割に、片付かない我が部屋。

いや単純に、静かなカメラ、いいんです。
自然を撮影しやすい、という意味で。
#自然って、意味広いですけれどね。

こんな与太話を延々聞いて、「うちの会社にぜひおいで下さい」とか、絶対ないよね。

|

« 防水カメラについて | トップページ | もどかしい(というより、自分の恥さらし) »

デジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581560/54667151

この記事へのトラックバック一覧です: 機械式シャッターのないカメラ:

« 防水カメラについて | トップページ | もどかしい(というより、自分の恥さらし) »