« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

あじさい

Dsc00585

構図がいまいち。

まあ、ちょっと(というか、だいぶ)早いんですけれど。

ようやく、つぼみが出だしました。まだ小さいですが。
なんというか、冬の間に、あれほどざっくざっくと切られていたのに、こんなに大きくなるんですよね。生命力ってすごいと改めて思います。

ちょっとカリフラワーみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんかまだ引きずっていること

昔(5年くらい前かな)、こんなことがありました。

凹みあり、シャッター幕に破れありなライカIIIf赤ダイヤルを、安く手に入れたのですよ。
しばらくして、キタムラ経由で、オーバーホールしてもらいました。
なんか、京都かどこかの業者に出す、て言ってたなぁ。

で、返ってきたら、本体とケース?を固定しているネジが、斜めに入っている。
おまけに、巻き上げダイヤル上にある、フィルム窓の、透明窓が、欠けている。

業者さんの説明だと、なんでネジが斜めかというと、ネジの山がつぶれていたとか。
窓については、直すとお金がかかるとか、訳わからんことをほざいていた。

当然、両方とも、ちゃんとすべきでしょう。
ネジ山のつぶれとか、もしかしたら、手回しでネジ止めするところを、電動ドライバーで回して、ネジをバカにしたんじゃないかと疑うこともできますね。弟子が何も知らずにバカやったとか。

当時の僕は、ちょっと甘くて、斜めネジだけは直してもらい、窓の件は、まあ性能に関係ないからと、許してしまった。

今考えてみると、正直この件は、損害賠償ものだと感じる。

大事なことは、「当然言うべきクレームは、ちゃんと対応してもらわないと、お互いのためにならない」ということ。
ちゃんとすべきことを、やらないでいると、そのうち自分の首を絞めることになるわけで。
大変なことになってからじゃ、もう遅いわけで。
そこを勘違いして、単にクレームを言う客は、クレーマーと考える、バカ頭な店員も、けっこういるみたいだし、逆に、自分の個人的気分や、不当な利益を得るために、脅しに近い(または脅しそのもの)のクレームをつけたりする客もいる。
いい加減、前に進まないやり方をするのは、やめてくれと思う。

なんだか、この1年少しの間、テレビで頻繁に聞いたことのあるような話になったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月28日 (土)

SONY DSC-TX20はよいですよ

もう、コンパクトはすっかりSONYファンな僕です。

DSC-WX30のコンパクトさ、暗所耐性は、よいです。
TXシリーズより、約1段、明るいし。
動画もよいです。撮影時の待たされる感が、HX7Vとかと比べて、だいぶよいと思います。
なんだか、静止画も動画も、パナソニックのコンパクトデジタルカメラより、よい気がします。

でもやっぱり、海やスキーでも遠慮なく使える(実際に海やスキーに行けるかは・・・行きたいんですけれどね。)カメラって、確保しておきたい。
で、μ770SWなんかでお茶を濁していたり。(でもこれって、海とかで、水につかっても、レンズ下部が丸いので、水を逃がして、水滴の影響が出にくいという、大きな、本当に大きな利点があるのです。オリンパスさんは分かってくれていないみたいですけれど。)

前に出た、TX10は、「一応」AVCHD動画が撮れるし、まあ、確保しておきました。
結局、ほとんど使う機会はなかったのは、結果論。

で、今度のTX20、発売して、あまり経っていないのに、3万円割れという、TX10のころと比べると、ずいぶんリーズナブル。まあ、大人の事情なんでしょう。

価格.comなんかでも、1秒で動画撮影できるとかいうことで、TX10より全然ストレスがないやん、ということで、欲しかった。本気で。
でも、先立つものがないので、ヤフオクで、いろんなものを売って、お金を作りましたよ。はい。

時々利用する、デジカメオンラインさん、割と地理的に近いし、価格.comの最安値より(たまたま?)安かったので、注文。
で、ブツが(もう昨日か)届きました。

静止画とかは、TX10でも、そこそこいけた感じですが、やっぱり、動画のストレスは、ずいぶん軽いですね。
いやほんと、もう売ってしまったHX7Vとか、なんでこんなもの、発売したんだろう、というくらい、イライラしながら使っていたもの。
もう10年前の感覚で開発してるのか、と。(実際はもっと困難な問題なんでしょう。)

でも、TX20だと、いいですね。
WX30と同様の感覚です(大きく超えていないってのが、ウムムだけれど)。
画素数は、1600万で、控えめ?(いや、他の新機種と比べて、ということだけれど)

まあ、そういうことで、今回は、長く使えそうかなと思っているわけですが、一つ気になることが・・・。

Dsc00578

これは、背面(液晶ディスプレイ)の、すみっこのところです。
TX20はヘビーデューティ仕様なので、画面にダメージを受けることを考えると、液晶保護シートを貼り勝ちですよね。特に。
で、今回、前にTX10のときに買っていた、2枚組みのシートの、1枚があまっていたので、貼ってみたのが、この写真。
段が2段になっているのが、お分かりでしょうか。

TX10のときもそうだったのですが、「もしかして、最初から、保護シート、貼ってあったの?」と思わせる状態なのです。

シートを貼る前に、ガムテープで「剥がれるか」を試したら、剥がれず、シートを貼った後で、ガムテープで剥がれるか試したら、貼ったシートが剥がれる、という状況なのです。

ちなみに、WX30には、このような段差は見られません。
(と言っても、WX30は中古購入なんですけれどね。)

ということで、TX10およびTX20には、最初から液晶保護シートが貼ってあるのでしょうか。
ご存知の方いらっしゃったら、教えて下さい。
ググっても、わかんないんですよ。

ちなみに、昔、SONYのTシリーズ(型番失念)を買ったら、初回限定で、液晶保護シートが付属していたことがありました。

うーむ、自分、どんだけTシリーズ好きよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月27日 (金)

工人舎PAの専用VGA変換ケーブルその後

今朝8:30ごろ見積書FAX来ました。

いや実は昨日来てたはずなんですけれど、こちらのミスで、電話機のFAX設定がミスっていたみたいで、受信できなかったみたいです。

即、注文のFAXを送りました。

と、いうことで、まだ購入できるみたいですね、
工人舎PA用のVGA変換ケーブルは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月26日 (木)

ライカ用レンズ・ボディキャップについて

カテゴリーが「銀塩カメラ」ではないかも・・・(デジタル?)
それはさておき・・・

けっこう探すとないのが、ライカ(互換)レンズ用フロントキャップとか、リアキャップとか、ボディキャップとか。
金属のもいいし、プラでもいい場合もあるし。

お店で探しても、けっこう見つからないし、金属キャップなんか、何千円もして、もう買う気なくすことも多い・・・。

で、オークションとかで探したり。
古い(例えばFDとか、MDとか)キャップは、キタムラのネットショップ経由で、互換品が安めで出ているけれど。

最近のお気に入りは、「八仙堂」さん(ウェブサイトもあるし、ヤフオクにも出店されてるよ)。
メタルキャップでも1000円以下。
マウントアダプタもけっこうリーズナブル。(ヤフオクでは、もっと安いのもあるけれど、品質はどうなんだろう?)

送料の問題もあるので、まとめ買いしようと思うときは、ふっと頭をよぎります(とはいえ、280円便もあるので、「まとめ」でなくとも、買ってしまいがちかも)。

応対も丁寧だし、よいショップと思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤフーオークション出品者の立場になって最近思うこと

貧乏なので、ちょこちょこ手持ちの「お宝」を、ヤフオクで売るんです。
(一応注:ここで言う「お宝」とは、所有する本人が大好きな物という意味で、必ずしも貨幣価値に換算して高額だという意味ではありません。わかっているとは思いますが。)
まあ、荷物ダイエットにもなるので、悪いものでもないかも。

でも、最近気になるのは、商品が到着したかどうか、連絡してくれない落札者の方が時々いらっしゃる。
到着したかどうかだけで言うと、最近は各運送会社のサイトから、番号を入力すれば、配達済みかどうかは分かる。

でもやっぱり、親心というか、少しの間だけのお付き合いだったかもしれないけれど、それなりに気に入って使っていたものが、きちんとした状態で届いてくれたのだろうか、と、たとえその商品がジャンク品だとしても、気になるのですよ。
僕が気に入っていたものが、譲った相手にも、気に入ってもらえると、すごく嬉しいですしね。

落札の場合は、単にお金を払えばいいだけの話ですが、出品の場合だと、「気持ち」みたいのが強くなって、「ちゃんと相手の方に満足していただけただろうか」と、過剰に心配してしまうのです、性格的に。(だから、そのプレッシャーがいやで、しばらくオークション出品をすることはなかったのです。)

心配性なのかなぁ。

ま、グチでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月25日 (水)

工人舎PAの専用VGA変換ケーブル

ないんですよね。

どこに直したか忘れたのか、最初からなかったのか。
(中古で買ったんで、後者の可能性が高い。だって、見た記憶がないもの。)

あーあ、買うときに、ちゃんとチェックしておけばよかった。

さて、ないなら、買わねば、ということで、工人舎のサポートに問い合わせることにした。
しかし、昔、他機種の純正付属品を購入したときは、メール連絡でさくさく行った気がしたのに、いろいろ調べても、電話しか窓口がなさそう。この時代になんでだよ。

電話って、聞き逃すから、嫌いなんですよね。

ないものはしょうがないので、電話してみたら、う~ん、ピントがぼやけてる。
とりあえず、「買えるのか?」ということが聞きたいのに、なんか汎用VGAケーブルの話をしたり、待たされて、その後住所とファックス番号を聞かれて、ファックスで見積もりを出すから、どうたらこうたらと。
それから2日くらい経つけれど、いまだにファックス来てないぞ。
だいたい、「買える」のか?在庫あるのか?
電話しても、しばらく待たされるし・・・。

まあ、工人舎ももうパソコンを売っていないっぽいし、サポートに金かけたくないのかな。
割と好きなメーカーだったのに残念だな。

ま、買える買えないにしろ、またそのうち結論を報告します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月24日 (火)

やっぱりeneloopはよいですね

あれは衝撃だったなぁ。

ニッケル水素電池は、勝手に放電してくれやがることで有名だったので、知らない間に電池がなくなったとか、買ってすぐには使えないとか、そういうことと、おさらばできた、ということで。
やるじゃん、サンヨーさん。と、あんまり褒めることが得意でない僕でも、珍しく、即、賛辞の言葉が出てしまうほど。

絶対的な容量は、従来型の方が、4割くらい高めな感じだけれど、そういうものは、例えば、ラジコンとか、短時間に電気を食う用途に使うとよいのかもですね。
いや、分からない人には分からない話で申し訳ないですが、電池の内部抵抗が小さいせいか、ラジコンが速くなるのですよ。普通の乾電池と比べて。

で、昔のニッカド電池なんか、みんな処分(あ~、ゴミ箱行きじゃなく、ちゃんとリサイクルボックス行きですよ)、従来型ニッケル水素も、長いこと使われずに、朽ち果てて来ている、いや本当に。

エネループの充電ですが、専用充電器でなくとも、ニッスイ用で、一応、充電できるようで、これもちょびっと助かります。

でも、最近驚いたことは、昔のカセットウォークマン(TPS-L2)の再生時間が、なんか長くなってるという。そのまま使うと、トラブルの元になるかなと思ったら、テープ速度も変わりなく、まあ普通に使えているし、忘れた頃に電池がなくなるという感じなのが、嬉しい誤算(勝算、いや賞賛?)です。

ニッカドに比べても、2倍以上の容量ですからね。

いつか壊れても、自己責任ですけれどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月22日 (日)

僕のeee pc 1015PEMだよ

Dsc00558

ま、デュアルコアの、 AtomN550マシンなのさ。
で、9時間以上の使用時間ちう触れ込み。

はやりの、チクレット型キーだし、いいかな、とは思ったのだよ。
でもやはり、多少重たい重量(あ、前のVGN-Tとか、Dynabook RX1と比べたらね)とか、少し少ない解像度(いまどき、WVGAというのも)がちょっと。
Windows7 Starterというのは、ちょっとだけ残念だけれど、それほどでもない。

それよりも、チクレット型キーボードの、使いにくさよ。
いや、いいかも。(どっちやねん。)

でもなんとなく思うのは、昔からのキーボードは、やっぱり考えられてると。
デスクトップで(と思ったが)、「シリンドリカル・スカルプチャ」方式、というのを、ちょい感動した自分としてはね。

最初は、まあ、面白いと思った。チクレット。
でも、長く使っていると、なんだか、だんだんイライラしてくるのは、適応力のなさ?

ま、そんなこんなで、このPCを手放す時期が来たかもしれんと。
その理由は、件の、Core2DuoのDynabook。
ま、そのうち、Windows7(32ビット版)がうちにあるので、インストールしてみて、評価してみようかと思うけれど、XPだと、そこそこ、無難にこなすんですよね。
いっそこのままの方が幸せかもと思わせるほどに。

ま、ちょいと(いつもどおり)余談がすぎてますが、
AtomN550も、デュアルコアだけど、だいぶきついのかなーと、思う、このごろです。
最近の、安い、AMDのデュアルコア機も、どうだろうと、気になるけれど、素直にCore i5とかの値下がりに注目した方が、幸せな気もするんですよ。

ま、連続使用時間が長いのに越したことはないし、それで、本体が軽くて、レスポンスがよければ、結構、今のDynabook SS RX1でも、そこそこなんですよね。

やっぱり、パソコンは、使ってみないと、わかりませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月18日 (水)

TCM-100、TPS-L2、TCS-350の比較

Dsc00557
下からTCM-100、TPS-L2、TCS-350です。

TCM-100、TPS-L2は、高さ、再生・早送り・巻き戻し・停止ボタン配置がよく似てますね。
カセット蓋や電池蓋などのデザイン、金属(アルミ)素材なのにも、共通性が見られます。
それらに対し、TCS-350は、再生と早送り・巻き戻しボタンの位置が反対。また、カセット蓋も反対。この配置は、TCS-300、310と共通、つまり基本設計はそれらと同じではないかと思われるのです。(社内の開発部隊が別れていたのかな。)

それにしても、今のデジタル・オーディオ時代では考えられないほどの「デカさ」です。特にTCS-350。これだけ外装がプラスチックなのも、ちょっと残念だなぁ。まあ、思ったより軽いというメリットはありますが。

どっかで、ソニー社内で、社員がTCM-100をステレオに改造したものを作って、それがTPS-L2の原型だった、という話を読んだ気がします。これらのデザインを見ると、やはりその説が正しいように思います。

TCS-350は、やっぱり駆動系がちょっと不安定。そのうち駆動ベルトを交換することになりそうだけれども、TCS-100などのノウハウが使えそうにないので、ちょっと不安。
でも、時代が時代だから、交換した方がよいのですよね。
あと、電解コンデンサ類も。まあ、まだどこから手をつけたらいいか、皆目見当がつきません。いっそ全部換えた方がよいのかもですね。

NW系のウォークマンをソースにして録音したテープなんですけれど、それで再生しても、けっこういい音しているので、テープもあなどれないですね。ノイズリダクションは、ほぼ意味がなさそうだし。まあ、ランダムアクセスできないという、決定的な弱点は持ってますけれどね。
さすがに、マイクロカセットは、速度が半分(または1/4)になってしまうので、オーディオ用には苦しい。

オーディオ・ビジュアル分野は、ほぼデジタル化がされていて、割り切れば扱いやすいのですが、機械的な手ごたえ感は、だんだんなくなってきてますね。
そのうち、DVDとかのメディアも、なくなっていくかもしれませんね。全部ネットワーク経由でのデータ授受。一番使いやすさと容量のバランスが優れていると思う、ハードディスクが、今のところのメディア残留候補筆頭っぽい気がします。

クラウドは・・・どうでしょうね。聞くと一瞬だけよさげな感じがするんですけれど。「死後オレのデータはどうなるんだ?」みたいな騒動なんかあったりとか、管理がめんどすぎて死ぬ人続出しそうだとか。今のところ、いろいろな理由で、半信半疑なんで、活用に至っていません。でも、昔(?)のVPNみたいになれば・・・?

デジタル化で、メディアが単一(デジタルデータ)化されて、便利は便利そうだけれど、オーディオ・ビデオ・その他メディア(TV番組のオンデマンド化も含み)が、今まで思いもよらなかった方向へ進んでいくと思われる今後、果たして、僕は、それらに対応できる柔軟性を持ち続けることができるんだろうか、と思うこともよくあります。(逆に、面白い発想ができた人は、一財産作れるかも。)

TV番組(特に民放)関係が、どう変わっていくのかは、「可能性」という意味も含み、今後面白そうですね。オンデマンド化で、生放送とか、新番組の位置づけとかが、ナニがナニして、メディアがあんなことになって、BS・CS放送はどうなるとか、CM(CF)の形態が今後変わるだろうとか云々・・・(整理がまだつかないので、ここでは、ぼやかしておきます)。

なんだか飛躍しすぎてすみません。(しかし昔のカセットオーディオの比較写真を上げる目的だけだったのだが、ここまでの話になるとは・・・。すみません。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月16日 (月)

toshiba dynabook ss rx1の、所感

う~ん。

当初XPのSP2だったんで、SP3にアップデートしたりしてたのです。

なんだか、けっこう快適。

重さも軽いし。本当にDVD内臓?

バッテリーも、わりと長時間もちそうだし。

まあ、もう少し使ってみないと、いろいろ判断はしづらいけれど、SSD仕様にしたVGN-T30やT72なんかより、3倍くらい快適な感じがします。
2.5インチHDDのようなので、SSDにしても、それほどメリットなさそうだし(消費電力はよくなるかも)、しばらくまた使ってみます。

最新の 機種を買えない 貧乏人 ・・・おそまつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SONY TCS-350

Dsc00548

Dsc00550

Dsc00551

Dsc00552

Dsc00549

なんかね、ネットを検索しても、なかなか当該機種の画像でよさげなのがないので、自分であげてみることとした。資料として残れば、ということで。

いまさら~と、何度言われたかわからない、カセットレコーダー。

これの直系の先祖は、TCS-300(とか310)と思われる。
これらも、けっこうWeb上での情報が少なし。
僕も昔から、カセットステレオに興味深深な青春を送った野郎なので、TCS-300なんかは、カタログ見ながら、よだれ垂らしてました。
(もっと余談だけど、僕にとっては初代ウォークマンである、TPS-L2は、ちょっとだけ古すぎて、そんなに思い入れはないです。WM-2とか、WM-D6は、けっこう来ますけど。)

まあ、これ以下の大きさで、ラジオもついてるよ、という機種もありますけれどね。
しかし、TPS-L2とかは、なんとなく、ドアの開き方とかが、いい感じなんですよ。

あ、そういえば、調査中、TCS-300はTPS-L2の元になった、という記事があるみたいですが、TPS-L2の元になったのは、TCM-100(B)ですよね。
これだと、TPS-L2にそっくりです。アルミ外装だし。ちょっとだけ幅が狭いです。
ステレオ再生でなくてもいいなら、TCM-100でも、けっこういいです。スピーカー径は、TCS-350より大きめな気もします。プラスチック外装なTCS-350より、なんとなく高級感ありますしね。

あ、今回入手したTCS-350についてですね。
不動品ということで入手したんですが、電池を「くるくる」したら、電源が入るようになりました。しかし、駆動系(特にゴムベルト)が劣化してたら、と思いながら、再生・早送りなどしてみたら、けっこう動く。トルクもありそう。
実際にカセットを入れて動かすと、巻き戻しがいまいちだったり(カセットの品質も悪いようなので、一概に機械のせいとは言えないけれど)するけれど、再生はなんとかいけるよう。
スピーカーから音が出ないのが「?」なのだけれど、ボリュームをいじっているうちに、なんとか音が出るようになってきました。
(けっこう「ガリあり」の機械、触ってると治ってくることがあるんですよ。ただし、ボリュームを回すときに抵抗が大きいものは、ゆっくり目に回さないと、接点がはげて、修理不能になりますのでご注意を。あわてずにね。)
録音のチェックは、まだしてないです。

ま、とりあえず動く状態なのは、本当にラッキーだったと思うので、ちょこちょこ動かしていきたいと思います。

しかし少し大きいなぁ。

あ、メタル(再生だけ)対応ってのもいいといえばいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月13日 (金)

toshiba dynabook ss rx1

普通に中古品っぽい。ドライブが不安定なのくらいか。
Core2Duo、WindowsXPで、メモリ1GBなので、そこそこいけそうだとふんで。

外見はけっこう悪いが、その分安かった。

注文後に、AmazonでPC2-5300の2GBのSO-DIMMを注文。BUFFALOの、D2/N667-2G/Eというやつ。あわよくば使えないかと、淡い期待をしつつ。本体より先にメモリー到着。どうでもいいが、Amazon、箱大きすぎ。

一度起動。なかなかよさげ。vgn-t30や72よりも、軽そう(当たり前?)。

で、512MB(だよね)のオンボードメモリーを外し、2GBを装着。
起動。BIOSすら出ないよ。まあそんなもんでしょうね。
とりあえず現状の1GBで我慢しておくか。気が向いたら、1GBを購入しよう。

表面積は大きめだけど、薄くて軽いのは、よい。けっこう気に入った。
DVDドライブ内臓タイプ(そのうちLinuxでも入れるかなと思い)を選択したけれど、起動時にちょっとうるさいので、あと、ファン音もちょっと大きめなので、寝パソには無理か。

これで本当に10時間使えるのか?
10時間とは言わないが、長く持つようなら、外用にしようかな。

ヤフオクで、1.5GBメモリでWindows7な仕様にしてるのを見かけたが、まともに動くのかなぁ。うーん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月11日 (水)

初タケノコ

桜は、葉桜になってしまいました。

で、今日は、裏山にタケノコが生えているということで、掘りました。2本。
確かに、今朝まで、雨が降っていたので、チャンスではありましたね。

まだ小さかった(放っておくと、育つ前にイノシシが食ってしまう)けれど、まあ、季節物なので、ありがたくいただくことにしましょう。

また取れないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 4日 (水)

すっきりしたはしたけれど

こつこつ集めていた、(実はジャンクに近い)カメラを、大量に処分し、ほぼニコンとライカのみになったこの頃。

確かに、自分の管理範囲のものが少なくなるというのは、気分が楽にはなりますね。
逆説的に言うと、管理できる範囲が狭くなったんかい、という話もありますが・・・。

オークションに出すと、それなりの値段になり、まあよかったんだろうけれど、そんなオチオチとやっているんでは、環境を改善できやしないなと。
それ以前に、オークション専業にならんと、やってられないくらいの量の処分品。

で、だいぶ荷物も少なくなって、よい感じではあります。やっと自分の管理が行き届くようになったというか。

でも、一抹の不安というか、懐かしさというのが、残るんですよね。
例えば、オリンパスのOMを全部処分したけれど、マクロ50mmF2.0なんか、撮影して、ぎょっとした印象のある写りだったので、本当は手放したくなかった。
でも、そんなんじゃ、前に進めないと思った(第一、貧乏な今、少しでも金になれば、生活の足しになるし)ので、まあ、てっとり早く売れるものは売ると。

この1~2年、売れるものは、売ってきました。
必要なものまでは、ちょっとやめときましたけれど。
自分で保証するのは、ちょっと大変だなと思い、中古扱い店に売り込みに行くことが、ほとんどだったけれど、最近では、ネットオークションにも出すようになりました。
お店に出ているのと、同じくらいのクオリティーなら、ネットオークションでも、納得してもらえるかなと。まあ、自分観点なので、どうしても甘くなるのでしょうけれど。(そこがプロとの違い?)

まあともかく、管理範囲が狭くなったということで、気分も楽になったのは事実で、これが健康増進といえばそうなのかもしれません。
ともかく、余裕ができたような気がします。

しかし、そうこう言って、こだわる方がよいのか、捨て去って新しい道を進むのがよいのか、悩みどころなんですよね。温故知新という言葉もあることですし。

ちなみに、いわゆる「コレクター」(僕も多分その気はある)は、脳の先天的疾患という可能性もあるみたいですよ。
僕は、軽くあるみたいです。orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 3日 (火)

VGN-T30とT72Bの今の経過です

T30は、まあまあよい状態です。
しゃきしゃきいって欲しい場面では、不安もあるけど、前よりは、ずっといいです。
WindowsXPが、けっこう快適に動いています。

T72Bは、Ubuntuですけれど、前よりは、レスポンスとか、いいみたいです。
やっぱりGreenHouseは、条件を選ぶんですかねぇ。

ま、それはともかく、「良くなる」というのは、嬉しいことですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何か、下品

朝方、犬の散歩。

で、「やっぱり」、公園に、ゴミが落ちてた。

毎年のことなんで、あきらめてるけど、こうも毎年だと、ね。

うちの入り口に駐車しようとしている、どう考えても道路交通法を絶対理解していないで免許を取ったやつとかいたりね。

注意されなければよいと思うのは、間違ってるぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »