« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

マイクロフォーサーズ用ライカMアダプタ

Dsc00411
結局、買いなおしたんですよね。
どうもマイクロフォーサーズのフランジバックは、約20mmと、19.3mmという2通りの記述があるのですよ。もちろん、正確なのは、19.3mmと思われます(「約」と付いてないですから)。

で、写真手前のは、どうやら20mmで作ってるらしい。なので、後で買ったもの(ボディに付けている方)よりも、厚みがやや(1mm弱)薄い。

実際にレンズ(ズミクロン50mmF2.0沈胴)を付けてみると、前の方は、近接が全然来ない。後の方は、今日、外で撮影してみたところ、ややオーバーインフ(100ftくらいが無限遠)気味だけれど、実用できそう。

P3310085
実写。絞りは5.6か8か忘れました。
レンズが傷だらけだからか、曇っているのか、フレアっぽいですね。
ピントは来ているっぽいのですけれど。
ちょっと掃除して、再挑戦か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月30日 (金)

桜は咲き始めると早い

昨日桜が開花したと思ったら、今日はけっこうな数咲いているみたいだ。
三部咲きとまではいかないか?
僕は咲き始めが好きなので、余計意識してしまうのだろうか。

週末は、花見客がたくさん出そうだけれど、けっこう明日とか雨降るみたいなんだよなぁ。まあ、散ることはなさそうだけれど。来週末くらいまでは持つかなぁ。

僕は犬の散歩で毎日花見できるけれど、毎年この時期、家の前の道が混雑するんだよなぁ。
マナー悪いし。
人が集まりそうなところは、ガラも悪い気がする。そういう人たちが、そういうところへ集まる習性があるのだろうか。と毎年思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VGN-T72BLのCFを換えてみる

前は、グリーンハウスのGH-CF32GFXというコンパクトフラッシュ(以下CF)を、日立型1.8in IDE変換ボードを使ってSSD化してました。
しかし、Ubuntu11.10で、けっこうプチフリっぽい挙動をし、スムーズではないので、CFを換えてみることにしました。
前にこのCFを、VGN-U50に使ったところ、非常に遅かったので、ちょっと使いたくはなかったんですけれどね、本当は。
4チャネル読み込みとか、スペック上は、よさげだったんですけれど。

で、経験上ヒット率の高い、Transcendの400倍速CFを、楽天のesupplyというお店が安かった(楽天のポイントで、さらにお安い、しかもポイント10倍だった、送料も無料だ、というのがけっこう大きい。助かりました。)ので、32GBを購入。

OSがないので、またUbuntuをインストールしてみています。
ベンチマーク比較は、できなさそうなのですが、体感速度とかのレポートは、またしたいと思っています。

今現在、Ubuntuのアップデート中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月29日 (木)

桜が咲きました

Dsc_0163
梅も今年はけっこう遅めだったのですが、桜が、やっと咲きました。
朝は咲いてなかったんですけれどね。
夕方の散歩で、見つけました。もう結構咲いてましたね。

暖かかったからなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月23日 (金)

鼻がね。

どうも鼻具合が悪く、鼻水が出るんですよ。
で、耳鼻科に行って、一応、アレルギー検査をしてもらったんですよ。

結果、アレルギーはないと。
で、季節の変わり目なので、自律神経系に異常が出ると、そういう症状が出ることがありますよ、という説明で。

ま、花粉アレルギーみたいな、やっかいな体質でないのが確認できたのはよかった。
家内なんか、薬飲んだり、いろいろ大変みたいで、かわいそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新SSDの、VGN-T30Bのその後

しばらく使ってみてます。

調子いいですねぇ。
プチフリの兆候が、ほぼ見当たらないです。

この調子だと、電池の持ちもいいし、いいモバイルマシンにできそうです。
(iPadは、いまいち合わないし。やっぱりキーボードが、安心できます。)

ま、それはそうと、今日は雨なので、あまり出歩くことはできませんでしたが、ヤマダ電機に久々に行ってきました。
フレッツ加入で、ノートパソコンがソニーは3万、それ以外は5万引きで、富士通のやつなんか、ぱっとオン、オフとかCMでやってて、いいなぁと思うんですけど、僕の好きな、モバイル(11~13インチ画面、1kg程度、デュアルコア、10時間駆動というのが、自分のつけている条件)が置いてないんで、残念。
前には、Macが置いてあったと思ったけれど、今はないですねぇ。僕の行った店舗だけ?
しかし、BBIQで、同じような割引をやってたら、一発で加入しちまいそうなキャンペーンですけれど、なんでBBIQは、そういうキャンペーン打たないんでしょうね。
本当は、月当たり費用で安い、BBIQの方が、長期契約だと、結局お得になるということは、わざわざ計算せずとも自明なんですので、フレッツは、(勧誘が)しつこい、ハエのようなものと認識しております。電話でもよく勧誘がありますが、「ああ、BBIQに入っていますので」で、殺しております。(ホントは、ADSLなのは秘密ですよ、皆さん。)

結局なんだかんだで、帯域制限かけちゃうんだから、言葉で100MBPSとか言われても、素直に信じる気にならないですよね。そこが「ベストエフォート」という言葉のマジックだって、分かってる人には、分かってるんですけど。

結局、NTTが儲かる仕組みなんですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月22日 (木)

歩いた歩いた。

いろいろな理由をつけて、歩く機会を増やしてます。
走ってもいいけど、苦手なもので。
あとジムとかは、貧乏なので、行けないし。

で、犬の散歩で、朝夕足して、だいたい5000歩くらい。
で、他になにかと買い物とか、ちょっと市場調査(と言う名のショッピング)とか、まあ、さすがに最近は、実際に物を買うことは控えているけれど、気軽なリフレッシュとして、近所のお店を訪ね歩くというのをやっています。
なにかと、モーティベーション(理由付け)をしないと、なかなかね。

で、今日は、前の記事にも書いたとおり、太宰府天満宮まで歩きました。
大体往復8000歩くらい(1万歩くらいあると思ったんだけどなぁ)なので、今日は、なんだかんだで14000歩歩きましたよ。これまでの最長かな。
P3220048

まあ、1月に行ったときに、大吉だったことの御礼も兼ねて、さらには、いつも立ち寄る、揚子江の豚まんが、久しぶりに食べたくて、というわけで。
しかし、鬼太郎ショップが、別のお店になっていたのは、ショックだったなぁ。
スターバックスは、TVでも話題になってたので、まあそういうことで。

ついでに、というわけではないけれど、天満宮の裏の、3軒(もっと奥にも何件かあるけど)の、梅が枝餅屋さんの近辺に立ち寄り。梅がきれいでした。
こないだ、テレビの情報番組で紹介されたお店も、流石に、平日夕方だけあって、人はほとんどいない。うーむ、こういう場合、「梅が枝餅くださ~い」とも、言いづらいな。まるで貸しきりみたいになりそうで。こうなると、梅が枝餅数個とお茶で、数万円払わないと、気がすまないような気がして。気にしすぎですか?

ま、でも、どこのお店で食べても、梅が枝餅って、たいていおいしいですね。

また1万歩オーバーを目指していきたい。そのための目的地があると、歩きやすいので、面白そうな場所をあらかじめ調べておいたりするといいと思うのですが、なにげに歩いていて、面白そうなものを見つけたりするのも、散歩の楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一眼デジカメの価値

一眼デジカメについて、最近、親父さんから、よく聞かれます。
「使ってないのない?」「あらかた処分したので、ありません。」

ほんとなんですけどね。
でも、年配の人、けっこう一眼タイプのデジカメに興味あるっぽいのですよね。

聞いたところ、「古いレンズが使えるよね」。
ケースバイケースですけど。
これをちゃんと説明しようとすると、レンズの変遷を、メーカーごとに、説明しないといけないので、ややこしい。
とりあえず、「どんなレンズを使おうと思ってるの?」と問うことにしている。

ま、昔使ってたのと同じメーカーのレンズなら、描写に安心感ってのもあるだろうし、こういう考えって、嫌いじゃないので、できるだけ親身に答えるようにしています。

でも確か、うちの親父って、ミノルタのMDレンズのカメラじゃなかったっけ?
αなら、カールツァイスを使える楽しみも待っていたりするんだけれど・・・。

それとも、マウントアダプター地獄(天国?)にお誘いしようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あれ?E-P2に?

Dsc00399
LUMIX G14mmF2.5。
またやっちまった・・・。

で、太宰府天満宮に写真を撮りに行ったんだけど、まあ、よく写るんだけれど、いまいちインパクトに欠けるような気がするのは、そこそこ安いレンズだからなのかなぁ。

でも、このコンパクトさはよい!
多分オリンパス17mmよりもいい感じ。ちょっと機能的なデザインな感じもしますけれど。
オリンパス14-42mmは、(画質はよく分からないが)コンバータが付きますよね。
NEXの16mm用にもあったけど。

そういうシステムも魅力だけど、基本システムとしてコンパクトってのは、ありがたい。
お散歩時に、そうそう大きな一眼カメラを持ち歩くわけにもいかないし。

ニコン1J1もいいんだけど、いまいちグリップ感がなくって。
2台持っていって、1台ポケットに、というのは、今後暖かくなってきたら、厳しいスタイルかなぁ。

E-P2用(とか、J1用とか)に、ホルスタータイプのケース、誰か作ってくれないかなぁ。
誰も作ってくれないなら、自分で作ってみようかなぁ。ものは試しに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月20日 (火)

今度のSSDは良いかも

安げで、容量もまあまあなので。VGN-T30B用に、購入。30GB。IDE-50ピン(東芝仕様)。
Dsc00397
一見なんというか、地下鉄とか、トンネルの落書きみたいな。
第一印象は、「うさんくさい」。

そんなSSDは、amazon経由で購入しましたよ。

OSもクリーンインストールしました。

けど、これまでの経験上、たいして期待してませんでした。

しかし、
Ssd_cdm_201203
ですよ。
ちなみに、このブログでアップした、G-MONSTER+基板な場合は、
Ssd_cdm

この結果が意味することって言うと、

今回当たりじゃない?

基板を介していないからか?うーむ、期待しちゃうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

F-1の中継が見られない

開始当初から、フジテレビのF-1中継を見ていた自分。
さすがに最近じゃ、体力的に深夜は厳しいので、録画して、面白そうなら見るといったずぼら具合だが、それでも録画した放送、特に日本GPは、興味深く見ていた。

最近は規制が細かすぎて、なにがなんだか分からないのと、F-1マシンに、いろんな付加装置(ディフューザーとか、最近はFダクトとか)がつきまくって、80年代のマシンと比べて、美しさがない。それでも速いから、驚きなんだけれども。
(その割りに、DRSなんて導入して、なにがやりたいの?と疑問に思う。昔、WECをダメにしたFIAだから、F-1もダメにしちゃうんだろうかと思ったこともあり。)

でも、究極の速さを競うから、その精神というか、そんなものが伝わり、ドライバーにも感情移入したり。(モータースポーツ初心者は、クラッシュが楽しみみたいなところもあるみたいだけど、今じゃ逆に、ドライバーの安否が心配で心配で。)

2012年オフシーズンの情報を、ウェブページ(TopNewsとか、ESPNが多いかな)で見ていると、カモノハシみたいなノーズが多くて笑ったり。(マクラーレンは違ってたけど)

そんな中、2012年のF-1中継は、BSフジで、というニュースが飛び込み、がっくりしてしまいましたよ。うち、BSアンテナ、立ててないやん。

いろいろ事情はあるだろうし、放映されるだけマシというもの。ル・マンも、インディ500も、いつの間にか、放送されなくなってしまったし。
でも、うーむ、ぜひ地上波は残して欲しかった。たとえ深夜3時からだとしても(録画するし)。
学生時代は、いろんなモータースポーツ中継があって、寝る間も惜しんで、TVにかじりついてましたよ。トヨタもホンダもF-1から撤退するし(理由はなんとなく分かる)、また日本がモータースポーツ鎖国になってしまう日が来てしまうのだろうか。

モータースポーツの世界も、なんとなく、新しさというか、昔を脱却するみたいなのが、なくなってきているような気もしたりしているのですが、どうでしょうか。
技術は、進んでいるんですけどね。
それを包む、(レギュレーションとか環境問題とか)環境の問題ですかね。

そのうち、電気自動車で24時間レース、どっかでやらないかな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月19日 (月)

はこBOON、楽だわ~

オークションで落札された商品を送るのに、「はこBOON」を使うことにしてみた。
なにせ、料金が安い。
だいたい2kg以下のものを送ることが多いので、だんぜんお得感が違う。
相手の方にも喜んでもらえるに違いないと思って、初めてだけど、チャレンジしてみることにした。

前もって、ホームページで、調べておいたので、だいたいOKな感じ。
配送する品物の大きさ、重さ、こわれもの指定、配達時間帯などの情報を、自宅のパソコンから入力し、受付番号を控えておいて、ファミマのファミポートという端末から、印刷した受付票?を、レジに持っていき、発行してもらった伝票を、荷物に貼って、レジに渡す、といった感じ。
ファミマが近くにないので痛いが、だいたいの情報を、自宅のパソコンから入力できるのが大きい。自分みたいに、慣れない内は段取りの悪い性格の人間は、やっぱりパソコンが一番確実な情報ツール。手書きも面倒だしね。

今回、4つの商品を出品・落札されたけれど、いずれもはこBOONを希望。まあ、当たり前といえば当たり前。
しかし、こっちも楽(=失敗も少ない)なので、これ、ハマってしまいそうです。

振り込みは、ゆうちょ銀行が多いのかな、と思っていたら、最近?、月に何回かを超えたら、手数料がとられる(110円)からなのか、それとも銀行の方が都合がよい理由があるのか、銀行振り込みが3件あって、前に出品していた時とは、事情が変わったのかな、と思いました。

しかし、銀行もインターネット・バンキングを申し込んで、配送もネット経由で申し込みして、楽は楽なんだけれど、引きこもってしまうんではないかな?と心配にもなりがち。
あと、ネット経由だと、セキュリティもしっかりしておかないとね。

稼いだ小銭で、安酒を買い、一杯やってます。あ~いい感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月18日 (日)

宝物を、オークションで売る。

ま、いろいろ、自分の中では、宝物で、手放したくないものってありますよね。
他の人から見ると、ただのガラクタ。

僕の場合は、昔のカメラだったり。

で、だいぶキタムラに売ったけど、まだニコンが大量に残っている。
ニコン好きなもので。

なんか、結構気に入っていた、ニコンS2+ニッコール50/2が、1万円だったりすると、けっこう凹んでしまう、という感じで、いろいろどうしようと思っていたけれど、面倒なのでがまんしていた。

在庫も減って、整理もしやすくなったので、久々にオークションで売ることに。
まあ、キタムラより数千円高く買ってもらえたらとか、貧乏な僕は思っていた。

もう、だいぶ処分した後だったから、既に「お宝」クラスのものしかない。
けれど、もっと減らしたいので、やむなく4点ほど出品した。

とりあえず、キタムラで査定0の商品もあったんだけど、これが5000円くらいになる。
さらに、M型ライカは買い取り20000円以下だったが、ヘキサーRFを出したら、倍以上。

正直、人に気を使いすぎるほど使い、消耗してしまう自分は、ネットオークションは苦手。
今回も、まだ落札者が決まっただけなのに、ずいぶん疲れているという。
でもまあ、買いたい人には、例えばキタムラより安く買えて、売りたいときには、例えばキタムラより高く売れる、ということがわかり、ちょっとくらい疲れても、この方がよいよね、と思う。
まあね、プロの目というのがあるから、そこはキタムラさんも、悪くはないとは思いますよ。

最近キタムラさん、iPhoneやら、中古腕時計やら、多角経営化が激しいですね。
店員も、(いい店員さんが、転勤でいなくなったせいかもしれないが)ややがっかり感のある方ばかりになってしまったし。
いろいろ大変なのかな。でも、ドイさんみたいなことには、ならないでくれることを祈る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

E-P2のことでいろいろ

まーたネット通販で、E-P2用の、シューのカバーを買いました。
E-P2の場合、外付けファインダー用の端子もあるから、これが隠れないのが、ちょっと気になっていた。まあ、貯めていたポイントで払いました。

そういうことをやっていると、今度は、外付けファインダーが欲しくなってくるのよ。
ローアングルで、上から構えられるし。バリアングル液晶でないのが、補われるのですよ。
(E-PL3とか、今度出るOM-Dなんかだと、バリアングル液晶なのだが・・・)
(E-PL3は、相当できがよいと思うんだけれど、デザインがいまいちなんだよなぁ。E-PL2のままでよかったのに。)

昨日(土曜日)は、犬の散歩で、フォクトレンダーの15mmヘリアーで大宰府政庁跡の梅を撮影。なかなかいい感じで撮れたと思うんですけれど・・・。

アダプタが、ちょっと問題ありそうだという。いや、アダプタの問題と決め付けるのはいかんけど。
どうも、あと1mmくらい、レンズが先につかないと、レンズ表記の距離と合わないようだ。
分かりやすく言うと、例えば、3.5フィート(約1m)の目盛りに合わせても、どうも2mくらい先に焦点が合っているっぽい。なので、レンズをゆるめて、大体1mmくらいのところで、普通の距離みたいだということ。

ライカMと、マイクロフォーサーズとの、フランジバックの差を考慮すれば、レンズアダプタの厚みは、おかしくはないように思うのだけれど・・・厳密には違っている?(1mmは厳密じゃないだろ>僕)

ま、ともかく、どういうことになっているのか、これも「観察」ですね。
キタムラさんで、ボディ借りて試すかな・・・怒られるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アダプタが来た

Dsc00389
とりあえあず、手持ちのトプコールを付けてみました。

ちなみに、ボディの剥げは、ホルツのリムーバで、剥がしてしまいました。
なんかいい感じです。

専用レンズを買うか?それとも、このアダプタで乗り切るか?

とりあえず、今、太宰府では、梅がきれいっすよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月17日 (土)

オリンパスは、デジカメのデザインを真剣に考えていなくはないか?

オリンパスさん。

デジカメのデザインは、私がやります。

なんとなく、できそうな気がします。御社の発売しているデジカメを見ていると。

なんてね。冗談ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

光学レンズのカビ取り?

Dsc00379
いやぁ、なつかしの、Contax レンジファインダー時代のレンズ。
無理して?アダプターをつければ、ライカにも付けられるかもしれないとゆう。

これまた、傷多しということで、キタムラの査定にひっかからなく、手元に戻ったとゆう。
こんなよいレンズを、放っておくなんて、なんてカメラ屋なんだ。

中に気泡があるのが、味があって、時代を感じるところです。(ちなみに、気泡は、光学性能に影響はないらしいです。)

ともかく、ちょっと紫外線ライトを当てて、殺菌してみているところです。
この紫外線LEDライト、数ヶ月ぶりに使おうとしたら、電池が腐って、しかも線がぼろぼろで、張り換えとかに結構な手間がかかってしまった。安物(の電池?)はいかんねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月15日 (木)

OLYMPUS E-P2なのだ

いろいろあって、暫くおさぼりしてました。で、↓これ。
Dsc00378
前にE-P1を、出たばっかりのころに、ツインレンズキットで買った。けっこう高かった。
でもな~んか、フィーリングが合わなかった(どっちかというと、その後購入した、E-PL1の方が合っていた)ので、結局手放した。
でも、デザインはいいなぁ、特に黒は、と思っていて、たまにE-P2(E-P3は流石にまだ高すぎる)なんかのボディの中古検索したりしていたんですよ。
レンズは、一応、E-P1の予約景品でもらった、フォーサーズ・マイクロフォーサーズアダプタというやつがあるし(一応、フォーサーズは、E-3とそのレンズが3本ほど残してあるのだ:理由は、望遠が明るい唯一無二な50-200mmF2.8-3.5があるからだ;ちなみに松レンズは高すぎて買えないよ)、ボディだけで安い出物があればいいな、的に、あまり期待せず、ね。

で、結構安いE-P2があったので、つい購入。
まあ、いろいろ手持ちのフィルムカメラを売ってしまえば、なんとかなるか、と思って。
やっぱり(はげちょびんだけど)、黒塗りカメラはいいですね。E-P1になかったもんなぁ。

今、これ用に、ライカM用レンズアダプタを注文中。
マイクロフォーサーズレンズも、いまいち安くならないし、当面ライカ(互換)レンズで遊ぶ用として使ってみるかな~。あとM42アダプタで、カールツァイスレンズなどで遊ぶというのも乙というもの(とりあえずフレクトゴン35mmとか、ペンタコン50mmとか落ちてるはずですよ、けっこうマクロできて、なにげにすごいです)。

あ、そういえば、軽い、ズイコーDマクロ35mmが、どっかにころがってたはずだが・・・。どこ行ったのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 9日 (金)

旧態依然なデジカメのインターフェース

デジカメ大好物な私ですが、さすがに、最近マンネリな感じがして、「これ、かっちょええ~」と、感激する代物には、なかなかお目にかかれません。

そんなこんにちですが、、
Dsc00354
この、ばかちんが。
貧乏なくせに。

しかし、写りはよし。けっこうしゃきっとしている印象。
なにより、携帯しやすいというのがよい。
NEX-5とかだと、パンケーキは35mmカメラ相当で24mmで、まあそれはそれで、広く撮れて、お得感もありなのですけれど、広すぎると思う時もけっこうあるのですよね。
かと言って、50mm相当では、風景とか、生活感とかは出しにくいし。
そういう意味で、27mm相当なのは、結構適度な感じかも。最短20cmで、うーむ、もう少し寄れたらとか思うけれど、一眼と比べるなら、まあよいかなと。

うーむ、ズームと違って、電源ボタンを押すとすぐ撮影できるのは、ちょっと嬉しいかも。

ま、それはいいとして。
Dsc00355
前から気にはなっていたこと。

この、ボタンが所狭しな感じ、15年前と、なんら変わってなくはないでしょうか。
まあ、ニコン1J1に限った話じゃなく、デジカメ全般なんですけれど。

タッチパネルは、ある意味、いいアプローチだとは思う。
でも、あれもちょっと。

機能はたくさんなんだけど、それをスムーズに扱える感じにはなってない。いまだに。

フィルムカメラなら、「ああ、これだけ操作性が改善されたから、もうこれ以上は望まない」というところに近いところまで来ていた気がするんですよ。ただし、皆さんご存知のとおり、フィルムカメラは、デジタルカメラのような多彩な機能はついてないですよね。

で、機能が多彩なら、ボタンを増やそう。うん、ある意味理解できる。
でも、ボタンを増やす(あ、タッチパネルも、タッチする場所がいっぱいある、という意味で、同罪です)、という、ある意味「安直」な方法に頼るのも、もうそろそろ、限界かなと。
少なくとも、15年前と変わらないというのは、テクノロジーの世界では、ちょっと問題ありかと。

じゃあどうせいというの?と言う声が聞こえますよ。はい。

究極は、「いい(残したい)と思った」「感動した」ら、その瞬間を、とらえたイメージどおりに撮影してくれるカメラではないでしょうか。
かの有名な米谷美久さんも、カメラのないカメラ、というか、念写(オカルト?)に近いカメラが理想だとかおっしゃっていたようで、それはうなずける。

数年前に、「人間は、本当に残しておきたい瞬間を撮れない」という感じのフレーズが耳に残る、確かビデオカメラのCMがあったけれど。

ま、上の2例に近づいているカメラって、現状、ないと断言できる。
あえて近づいているのが、例えばニコン1シリーズとか。

あえてレトロにしているカメラも、それはそれでいい(ただし僕は多分買わない)と思うけれど、本道は、「後退」でなく、「前進」だと思う。

カメラも、デジタル機器になってしまっているので、パソコンやTV、ビデオ(ブルーレイなど)と同じ、陳腐化が早い部類の(ある意味最先端の)機器だと思う。少なくとも、メーカーはそういう売り方をしている。

これから大切なのは、
1.ハードだけでなく、ソリューション(活用法)の提案を、一般(個人)ユーザーにも行う体制作り
2.陳腐化の激しい最先端の世界(すなわちデジカメやビデオカメラなど)を、新しいインターフェースの開発などで、常に最先端にいることを目指していく企業姿勢
が、必要なんではないかと思うのです。
逆にいうと、これが継続的にできるかということが、日本がこれからも世界の技術を引っ張っていく存在になれるかどうかの、分岐点(判断点:僕はここまででいいや、外国に負けてもしょうがないという諦めをする点)となると思うんです。

これらの点に比べれば、例えば、裏面照射CMOSなんて、正直、「誰かが思いつく」アイディアに過ぎないわけです。まあ、その配線とか、処理回路部分などは、企業秘密なので、海外企業が太刀打ちできない部分を、ここでは持っているわけではあります(だからそこにあぐらをかいていると、いずれ寝首をかかれるわけだが)。

ともかく、「これが最適、最高なのだ」という、固定概念は、捨て去らないといけない。
つまり、デジカメのインターフェースを例にとってはいるが、どんな業種(たとえば、毎日使う急須やポットなどにも、あてはまるかもしれない、という考え方が必要だと思う)でも、現状に満足して、あぐらをかいていれば、あっという間に(多分数年、へたすれば数ヶ月という時間で)、海外の新興勢に追い抜かれる。そうなると、デファクト・スタンダードを日本の技術で実現することもできず、結果として、海外勢に、利益をごっそり持っていかれると。

若者に望むのは、「なぜ日本は、国際的地位がここまで高いのか」ということを、考えて欲しい。「なぜ日本には兵役義務がないのか」について、意見が述べられるようになると、けっこうすごいなと思います。

年配の方に望むのは、「生涯新鮮な気持ちでないと、時代に取り残されるよ」と自覚すること。
どうやら、年をとっても、勉強はできるよう(運動能力は難しいらしいけど)なので、ぜひ年配者の方は、これまでのいろんな経験だけじゃなく、若者の気持ちなどを考えて、適切な(企業や社会が発展する仕組みを考える癖をつけるとか)ご指導をしていただきたいと思います。それとともに、CADなど、大事だと思うコンピュータの知識について、早々にあきらめず、がんばって習得する気力を蓄えて、がんがん若い者に質問するくらいに、柔軟な気持ちを持って欲しいなと思います。
あと、若い人を楽しませるテクニックも、磨いてくれたら、うれしく思います(若者と年配の中間の立場としては)。

あ、そういう話じゃなかったんだっけ。閑話休題。

ともかく、デジカメが小さくなったということ。それはよい。
でも操作はしにくい。う~ん、脳(ハチマキ)にセンサーを組み込んで、意思をカメラに伝えるシステム。
シャッターだけの機能の場合が多い、リモコンに、主たる機能を詰め込み、本体は、ほとんど操作しないでよいシステム。
(僕が昔から考えていたんだが)ヘッドフォンや、ヘルメットにつける懐中電灯のような感じでカメラを搭載し、思ったところで、視線(カメラ)にある画像を撮影する、または動画を撮影する技術。

ん~、もっと進むと、特に小さいお子さんを持つ世代なんか、「うちの子の、いちば~んかわいいいところを撮ってぇ」(具体的定義がしにくいが)みたいな要望にこたえられるとか、いいですね。

あと、医療関係で、「あんたはよ病院にいきない」(九州外で意味不明か?)てことを、アドバイスするシステムとか~。

ま、アイディアは尽きない(というか、今の生活に、満足できんし)。
大きな家に住むことが理想ではないけれど、大きな理想、アイディアの元で生きるってのは、いいなあと思うんですよ?
ということで、まとまったんですかね~?
ま、デジカメのIFについて、何か思いついたら、ここでまた、発表したいです。
とりあえず思うのは、「リモコン」がもっと活用できないかということ。どうでしょう。
(僕は特許より、市民利益を優先したい~)

長文すみませんでした(__)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 8日 (木)

Canon F-1のファインダーカバー修正

結局、前修理したNew F-1と、手元にあった、旧F-1は、値段がつかなかったので、引き取ってきました。

で、旧F-1の、ファインダーカバーがへこんでいるので、修正を試みました。
Dsc00342
こんな感じで、頭頂部(?)と、後頭部(??)がへこんでいる。
「アクセサリーシューがないから、簡単に修正できるや」と高をくくってました。結局、へこみを直すのは、結構苦労しました。
ま、とにかくカバーを外さないといけない。基本的には、New F-1と、同じような感じでしたけれどね。
Dsc00345_2
目隠しの板を外した状態。この板が、アルミで薄いので、すぐ曲がって、汚くなってしまう。
Dsc00347_2
ネジを外し、丸い部品を外した状態。ここで、接眼レンズが外れるので、前後がわからなくなるとまずいので注意。心配なら、外しておきます。

ここで、外から見えるネジ4本と、ファインダーを外すボタンの周りが、ねじ込みになっているので、ゴム板とかで、外します。すると、カバーを外せます。
Dsc00348_2
遮光スポンジがぐちゃぐちゃ。プリズムが腐ってしまうこともありうるので、全撤去。本当は新しいスポンジを補充すべきなんでしょうが、面倒なので、
Dsc00349_2
きれいに掃除しただけです。
露出計に狂いが出るかもしれませんし、フィルム室への光の混入もありえますけれど、とりあえずこれで様子を見ることにします。
Dsc00352_2
裏から鉄の棒を当てて、表からプラスチック・ハンマーで叩いたり、ま、いろいろテクニックを使って、凹みを直したのが、この状態。まだ汚いですね。でも我慢できる状態にはなったかな。

Dsc00353
と、いうわけで、記念写真。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SONY TCM-100の修理

前にオークションで購入したやつは、回路や外観はOKなんですが、モーターがどうやらダメになっている(というか、固くて回転しない)。

以前TCP-L2の超ジャンクを購入して、手元に置いてあったのだけれど、こちらは、配線がくさっていたのを交換しても、まったく動作しなかったので、あきらめていた。
しかし、モーターの軸は、手では動くので、このモーターを、TCM-100に移植してみることにした。
配線は、だいたい同じような感じで接続すればよかろうと。問題は、線の長さが足りるかだが、これもなんとかなった。

で、電池を入れ、操作。
動いた。モーターは生きていた。
そういうことで、ベルトを交換し、ヘッドがちょっと錆びかけていたので、掃除して、テープをかけてみると、スピーカーで、まあ、聞けているようだ。

で、部品どりついでに、別のヒンジが折れていたTPS-L2に、ヒンジ基部を少し多めに切り取り、瞬間接着剤で接着し、腕をつけたら、まあ、少し見た目が悪いが、普通にヒンジが開閉できるようになった。まあ、ふたがパカパカ開かなくなっただけですけれど、少し気分がいいかな。

そういうことで、2台に部品を提供した、TPS-L2は、天寿を全うしてくれました。

本当は、ネジが腐って折れてしまった、別のTPS-L2に、メスネジ部を移植しようと思ったけれど、どうもカシメで止めてあるようなので、あきらめました。

なんか、この時代の機械って、無骨で、ちょっとかっこいいんだよなぁ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月 7日 (水)

人にぶつける

なんか最近ツイッターでいいような記事ばかりでごめんなさい。

なんだか、思うんですけれど、

考えている、または思いついたこと、いろんなことを、吐き出して、いろんな人に、ぶつけていくということが、大事なことのように思えてきた。
自分の中だけで悶々とせずにね。

でも、うざいとか、めんどくさいやつとか言われてしまうんだろうなぁ。
そういわれそうなことばかり、考えているものなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大処分

銀塩一眼レフカメラは、ニコンと、キヤノンAFの一部以外は全部処分することにした。
中程度の段ボール箱で3箱くらいだろうか。

でも、ペンタックスのSPとかみたいに、値段もつかないようなやつばかりなんで、たいした金額にはならないこと必至。
ライカR4+ズミクロン50mmとか、ニコンS2+ニッコール50/2みたいなのは、ちょっとは値段つくんでしょうけどね。
ま、いつものことなんで、過度な(実は常識程度の?)期待はしない。




あ、Acom-1が、箪笥の上に、転がってる・・;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

例えば、男子が陥りがちな、コレクションなど、しない方向で自分を律する方が、家庭をもつ身には無難に思う。

よほど裕福で、間取りに余裕がないかぎり、結局嫁に何か理由をつけられて、あきらめてコレクションを手放すように強制されがちだからだ。

しかし、そういった深く入り込む趣味すら持てない者に、なにか社会を動かすようなことは、けしてできないように思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 4日 (日)

オリンパスとお別れ

意を決して、コレクションしてた、銀塩オリンパスOMシステムをすべて処分することにした。
ダンボール2箱分くらい。
銘玉50/2マクロ、90/2マクロ、35-70/2.8などのレンズも、モードラも、ほとんど使ってないOM-4TiBとか。
修理しようと思ってたM-1も。

もったいないけど、処分することで、前に進めることもあるだろうから。

キタムラさん、できるだけ高く買ってくださいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 3日 (土)

ふぃー

ま、一応、10000歩達成。

久しぶりなんで、ちょい感動。

いやしかし、カメラが(写さなくても)好きな人の、理解がされにくいという現実を、改めて、知らされました。
ま、こんな調子なんで、遅かれ早かれ、すべての銀塩カメラを手放すことになるのかなぁ。

ま、とりあえずそれだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

片付けその後とかいろいろ。

3日前から部屋の片付けしていて、昨日、朝寝坊してしまいました。
慣れないことやるから・・・。

そんなこんなで、昨日今日と、家に住むカメラを、いくつか売って来ました。
特に銀塩とか、今後もあまり使いそうもないので。

ニコンF5、F100、35Ti
ソニーDSC-R1、NEX-3
ライカMinilux
コンタックスG1+P45+B28

てとこかな。ちょっともったいなかった気もするけれど、背に腹は変えられないもんで。

今日は、ちょっと遠出したので、万歩計が、午後2時の時点で8600歩を超えてました。
久々に1万歩いけるのか?

にしても、まだまだ片付いてないなぁ。だいぶ処分したつもりなんだけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

あー片付けが

日ごろの運動不足解消ってわけでもなく。

まあ、大掃除を何年もさぼっていたおかげで、がらくたが資産ならず四散^^;していると。

そんなわけで、押入れに入れていて、もういいや、と思う本なんかを中心に、処分。
うーん、全体の1/3くらい、捨てられたかな。

それとともに、PCとかPDAの類も、処分。
Thinkpad 240Zは、ちょっともったいなかったけど、処分。
Mebius MURAMASAも、ちょっともったいなかったけど、処分。
懐かしく、気に入っていた、CASSIOPEIA(キーボードタイプ2台、PDAタイプ1台)も処分、
DOSマシンの、Intertopの2台も処分。
PC-9821ノートも、処分。DOS関係は、もうこの際、縁を切ろうと、関連書籍も処分。
もったいないけど、うちは博物館ほど、広くもないので。
ヤフオクで処分っても、ほぼタダな品ばかりだしね。

そんな中、IBMのPalmTop PC110のモデル2431-YD1の、未使用で押入れに入れていたものを発見。
(確か昔、T-ZONEが存命のころ、処分品を2台確保した1台、のはず。もう1台は行方不明。捨てたかな?)
どんな状態なのか、皆目検討もつかず、開けて動作確認する気もせず、どうしようかと。

試しにヤフオクに出してみるか?(欲しい人、いるのか?)

他にもレトロ趣味な品(といっても、せいぜい1980年代後半くらいですよ)が掘り起こされては、ゴミ袋入り。
そんなこんなで、この2日くらいで、相当片付けたはずだが、周りを見渡す限り、あまり変化がないのは、どうしてかな~。

せめてFDやMOのデータは、HDDに移動させておきたいんですけれどね。
昔書き溜めた論文とかのデータとかがあるしね。
(まあ、いまや役に立たないものも多々ある。)
そのうち、FDDやMOドライブ自体が枯渇する恐れもあるし。
(現にFDDは、各社生産を打ち切ってきてますよね。)

で、学生時代から溜め込んでいた本とか、実家に保存してもらおうと、ダンボールに入れているんですけれど、既に中サイズのダンボールで10個と、クラシックカメラの防湿プラケースが2つほど。
カメラのプラケースは、レンズのも含めて、あと6個くらいありますけれど、実家に置くには惜しい品々も多数あり。本でもそうだけど。

まあ、2日がんばって、一抹の光明も見えつつある気がするので、これからは、ちょっと考えながら動く必要があるかもしれませんが、なんとか、この機会に、風通しをよくしたいと思っています。

あ~、それにしても、CDも百枚以上あるんだよなぁ。どうするかなぁ。

ビデオカメラも、各フォーマット1台ずつ保存で大丈夫か、心配でもあるし。
(8mmビデオおよびDVカセットの動画は、すでにDVDにしましたが、DVカセットの、ハイビジョンのやつ(HDV)は、うまくDVD化できないので(VAIOには無事に取り込めた)、どうするか考えて数年。そうこうするうちに、iLinkがノートPCに搭載されなくなってきて、焦るし。
Core i5搭載で、iLink搭載の、Windows7ノートって、どのくらいあるんだろうか。

そう考えると、テープ式のビデオカメラって、今まさに移し時ですよね。

物の片付け以上に、気になります。

なんか、少し前に聞いた話ですが、1冊100円くらいで(ただし原本は戻らない)、スキャニングサービスしてくれるって所がありましたよね。そんな感じのところを探して、本の量を減らすようにしてみるかなー。

しかし、小さいディスプレイを見つづけるのに、支障のある視力になりつつある自分に、危機感が生じているんだぞ。(笑)こんなんで、電子化書籍を読みこなせるのか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »