« ブログ始めて感じたこと | トップページ | SHARP PC-MT2-3AEのこと続編 »

2012年1月15日 (日)

工人舎PAのバッテリー

どうも復活する気配がないのです。

しかし、純正品を購入できる気配もない。

で、しょうがないので、「リセルオンライン」という業者に頼むことにしました(というか、ここしか受け付けてくれなさそうだった)。ま、純正品買うより安そうだし。
でも、互換バッテリー業者のものもないって、PA(およびその兄弟機)って、あまり売れてなかったんですかね。(で、結果的に、実質オンキヨーに買収されたんじゃないか?という感じになったとか。邪推ですけど。)

注文・支払い決済をして、バッテリーを送ると、中のセルを交換して、送り返してくれるというサービス。

一応、ググってみたら、感想を述べている方がいらっしゃるようなので、多分大丈夫。
(とか言って、実は昔、信頼していた業者に裏切られたことありなんですけれど。)

あとは、バッテリーを送るという手はずなんですが、佐川なら、送料着払いでよい(他業者なら自腹)、という話なんですが、ヤマト運輸みたいに、コンビニとかから送れるっぽくはなさそう、なので、ためしに、丁寧に梱包材で包んで、定形外郵便で送ってみようかと。

結果はまた、ここに報告いたします。

というか、2009年10月22日発表(Wikipediaによる)の機種のバッテリーが、2年ちょいで、これほど入手困難って、どんだけよ。工人舎の製品は、好きだったんだけど、こりゃ、だめかも。

(1/16追記)

バッテリー、定形外で、無事送れました。どうやら、重さで値段が決まるみたいです。今回は200円でした。さて、どうなりますことやら。

|

« ブログ始めて感じたこと | トップページ | SHARP PC-MT2-3AEのこと続編 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581560/53746475

この記事へのトラックバック一覧です: 工人舎PAのバッテリー:

« ブログ始めて感じたこと | トップページ | SHARP PC-MT2-3AEのこと続編 »