« 年末の片付けは | トップページ | iPad2も侮れない »

2011年12月27日 (火)

引き出しの住人と、そこからの妄想

あ、かの引き出し家具に、ソニーの「DSC-F707」とか、「DSC-R1」もあります。
F707とR1は、同じ電池を使うので、よいですね。
F707は、なんといっても、赤外線撮影ができるところでしょう。
もともとは、当時のハンディカム同様、寝ている子供のビデオ(写真)が撮れるよ、という売りでした。なぜか今はもうないのですが(高感度特性がよくなったからか?)。
R1は、これは、もう、APS-Cサイズセンサーと、広角カールツァイスレンズ(実質24mm)の高画質でしょう。高感度(たとえばISO800)で撮影すると、今の水準ではなく、がっかりですが、普通に晴天下で撮影するに、全然不都合なかったです。時々存在を忘れます。引き出しの主です。

D700は、センササイズの大きさによる高感度(しかも自動で増感)の画質のよさと、明るい優秀な単焦点およびズーム(もっと言うと、マイクロ)ニッコールレンズ(ニッコールの描写が、銀塩時代から僕の感性に合っているんですよ)の存在とあいまって、「これは最後の最後まで手放せない」と思う一台です。これで撮った写真は、ほんとうに、銀塩に迫る画質だと思います。
D3は、もっといいかもしれませんけれど、とても手が届きません。
EOS 5Dも気になるライバルですけれど、40D+Lレンズ(28-70f2.8)の画質が、いまいち僕のフィーリングに合わなかったので、けど、銀塩で 80-200F2.8Lレンズで撮った子供の写真のよさが忘れられないという感じで、どうしたものか、悩みどころです。
いっそキヤノンは「なかったもの」として、ニコン一筋に、ということにするとお金がかからないのでよいのですが、どうしようかしら。
ニコンは、失敗が少ないんですよね。僕の場合。

EOSは今持ってる7(フィルム機です)で、古い(安かった)Lレンズ使って写すというスタンスも面白いかも。M42アダプタも一応持ってるし。
小銭がたまれば、EOS3(1Nや1Vでもいいけど)を追加とか。で、フィルムスキャンでこだわるとか。一台USB接続のCANON機、確保してはいるん ですよね。(うちの子が子供の頃のネガフィルムをスキャンしたいと思ったのと、フィルムスキャナが少なく(普通のスキャナに統合されつつあるのかな?)、 今のうち、と数年前に購入しておいたやつです。でも一度もスキャンしてないのです。

フィルムで生きるってのも、ある意味かっこいいですよね。
具体的に、比較してみようかな。デジタル対アナログ、またはデジタル35mm機同士の勝負を。

あ、そのためには、最新のデジタル35mmセンサーカメラ(EOS5DMKIIとか、D700の後継機とか、α900(または後継)が要るのかな。これはお金がかかりすぎ、無理かなぁ。

(F5またはF100と、D700を比較すれ、くらいならできるかも。)

|

« 年末の片付けは | トップページ | iPad2も侮れない »

デジタルカメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581560/53579092

この記事へのトラックバック一覧です: 引き出しの住人と、そこからの妄想:

« 年末の片付けは | トップページ | iPad2も侮れない »