« まずは自己紹介 | トップページ | Pearlcorder L200のことなど »

2011年11月 2日 (水)

まずは最近の作業、ソニーM-88の修理

 こんばんは。こんな夜中に、なにやってるんでしょうね。

 というか、嬉しかったことがあったので、報告です。

 SONYの、M-88という、マイクロカセットテープレコーダーを知っていますか?
 オークションで入手して、小ささに感動し、意味なく音声録音しています。
 最初に落札した機器が、音が異常に小さく、録音もまともにできないので、結局3台購入しました。(そのうち、2台が、まともに使えない。)
 だいたい、こういう状況では、電子回路の中で、一番劣化しやすい、電解コンデンサを疑う、というのが本道だと思います。同じコンデンサでも、他の種類は、比較的寿命は長いと思います。
 ウェブを調べてみたら、コンデンサを交換したら、直ったという記事を見つけたので、自分もやってみようと思ったのですが、果たして、これほど小さいコンデンサが入手できるか、ということを考えました。
 で、時々お世話になっている、共立エレショップで電解コンデンサを探してみると、超小型と謳われている電解コンデンサを注文。
 内訳は、16V47uFを1、4V47uFを4、4V100uFを2、合計7個を2台分+失敗または不良にそなえ、2つずつ追加注文。合計630円で注文。これで2台のM-88が治るなら、安いもんだ。(でも、本当によいのか、ちょっとびびった。1台目で失敗したら、またやり直そう。)
 2~3日くらいして届いたので、2台分のコンデンサを全部とりかえるつもりで、作業にとりかかった。もちろん、最初の1台がうまく動作するのを確認できてから、次にとりかかる。
 M-88のコンデンサは、面実装なので、適度にピンセットなどで抑えながら、半田ごてで半田を溶かして、古い電解コンデンサを外していく。
 外して気づいたが、結構コンデンサの内容物がもれた跡が残っていた。こんな状態じゃ、まともに動きはしないよなぁ。やっぱり、変えようと思ってよかった。
 注文した電解コンデンサは、もともと装着されている面実装タイプでなく、普通の二本足のコンデンサなので、両足を全開に開いて、導線を適当に短く切って、外した古い電解コンデンサの跡地に、「極性を間違えずに」半田付けしていく。でも超小型との謳いは誤りでなく、基板を元に戻すのに、特段の苦労はなかったです。体積的な干渉もなく、すんなり戻せました。
 で、基板をネジ止めして、動作がうまくいくかチェックしたところ、
 「ふ~ん、普通はこうなるんだ。」
 という感じでした。
 そりゃそうよね、と言われればそうです。そうでなけりゃ、という動作をするってことが、僕の喜びですよ。はい。
 そして、外装のネジ止めをして、マイクロカセットテープを入れて、動作確認すると、大成功!ちゃんと治りました!
 こういう、ちゃんと治って、正常な(思ったとおりの)動作になった、というのが、すごく嬉しいです。

|

« まずは自己紹介 | トップページ | Pearlcorder L200のことなど »

オーディオ機器修理」カテゴリの記事

コメント

ふとソニーM88を検索したら、たどり着きました。
僕も使っていましたし、今でも手元にあります。
もう数年動かしてないのでどうかなぁ。
決して高音質とはいえませんが、二度と録れない貴重な録音テープがあります。
不調なカセットデッキを修理する手間を考えるととりあえず…で、クロスオーバーを録りたく、先日急きょ購入したFM搭載のPCMレコーダーが1万円で20円のお釣り。
技術の進歩は凄まじい。
さて、タンスの奥にはこれまたソニーのTCD-D10PRO2が…。
不調で使えません。
聞くところによると、サービスは昨年あたり終了したとこのこ。
まずいなぁ。どうにかして再生だけでもできるようになればと
思っているところです。

投稿: ロミエル | 2012年9月27日 (木) 11時52分

ロミエルさん、どうも初めまして。

実は僕はマイクロカセットといえば、ソニーのM-9なのですが(当時中学生でした)、録音したものといえば、しょうもないものばかりで。恥ずかしくて聞く気にもならないという。
それに比べて、M-88は、分解しても、洗練されていて、ずいぶんよくなっているんだなぁと思います。
M-9は、イヤホンジャックが弱く、調子が悪かった。

TCD-D10PRO2ですか。DATですね。これまた懐かしい。
DATは、高級品という印象があって、手が出ませんでした。
DATは、ビデオテープのように、ヘッドドラムにテープを巻きつけるのに時間がかかるので、ダイレクトに操作している感じは薄い(メカマニアに訴求する部分が薄い)のですが、それを超える音質のよさが、羨望の的でした。

まあ、(マイクロ、コンパクト)カセットテープもそうなのですが、実質、PCMレコーダとか、ラジオレコーダとか、ソニーのものでも13000円くらい、Qriomとかでは5~6000円くらいであるので、やはり便利で安いんですよね。

M-88みたいな、メカニカルなダイレクト感の残っている(当時フェザータッチとか言って、最先端だった、電磁駆動式でない)、機械って、素直でなごむんですよね。僕は。

M-88なら、なんでか好きになったので、5台くらいあるのですが、メールいただければ、1台くらい、着払いで送ってもいいですよ。

投稿: electronicsaholic | 2012年9月29日 (土) 00時16分

electronicsaphonicさま

返信ありがとうございます。
はじめてのコメントで軽い言い回しをしましたので、
丁寧な返信に感激しています。

D10でDATとお分かりということは、かなりツウです。
今ではとても買えませんが、当時は勢いがありました。
それでも34万はキツかったですが…。
相当に使いまくりまして、10年ほど前にまともに動かなり、
修理を依頼しようとしたら6万かかるとの診断で送り返してもらい、
そのままとなっています。

業務機は半永久的にサービスが受けられると聞いていたので
とても残念でした。(僕のただの思い込みでしょう。)

名前にメールアドレスを入れていますので、
クリックするとできると思います。

投稿: ロミエル | 2012年10月 1日 (月) 04時30分

あれ?
メール入ってない様です。
帰宅してから再度いじってみます。

投稿: ロミエル | 2012年10月 1日 (月) 04時32分

M-88の修理で検索していてたどり着きました。
壊れたM-88を持っています。そして直したいと思っています。
しかし、私にはそのための知識がありません。
私のM-88を修理していただくことはできないでしょうか。
状況は、電源ランプは点灯します、再生ボタンを押したら、
機械音がします。しかしテープは回りません。
どうか、ご考慮いただけないでしょうか?

投稿: karen0310 | 2015年4月14日 (火) 09時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/581560/53141596

この記事へのトラックバック一覧です: まずは最近の作業、ソニーM-88の修理:

« まずは自己紹介 | トップページ | Pearlcorder L200のことなど »