トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月29日 (火)

また片付け&処分

貧乏なので、また手持ち機材を処分。
その待ち時間に、某カメラ店で、いろいろ物色していて、Nikon 1 J1ってよさげと思った。
前から思っていたけれど、なんでミラーレス一眼って、今まで機械式シャッターもついたものしかなかったんだろうかと思っていた。あってもいいんだけどね。ないのもあればよかったのよ。
で、Nikon 1って、ボディがそこそこ小さい(レンズキットでペンタックスQとあまり値段変わらなくなったけど、こっちは小さい代わりにセンサーも小さい。)し、機械シャッター音もしないし。犬が寝てるのを撮るのにいいのですよ。
処分したお金で足りそうなので買おうかと思ったけれど、中古のD80とかD90が、結構安いので、どうしようか悩んだ挙句、買わないことにした。
そして近くのパソコンショップに入り、まあ何も買う気もなく物色していたら、VAIO PのWindowsXP・HDD仕様のやつが、かなり安く出ていたので、ついカッとなって購入。
機材を処分したお金はだいぶ手元に残ってるので、まあよしとする。

でもなんか、またやっちまった感たっぷりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VGN-T72BをSSD化

先日購入したVAIO VGN-T72Bです。
HDDがないので、SSDにしようと思っていたら、VGN-T30Bは東芝型、T72Bは日立型の1.8インチHDDという、同じメーカーで異なるインターフェースという罠にはまってしまったのでした。
で、コンパクトフラッシュを日立型1.8インチインターフェースに変換する基板を購入し、取り付けてみました。
日立型は、2.5インチIDEとピンの数が同じらしく、基板上に1.8インチと2.5インチの切り替えをするジャンパピンがあって、一度2.5インチの方にしていて、HDDとして認識しませんでした。
正しくジャンパピンを設定しなおして起動、BIOSに入ると、おお、認識してる。
じゃ、ということで、ためしにVGN-T30Bのリカバリディスクで起動。しかし、システムが一致していないとか表示され、インストールはできませんでした。
せっかくここまでもってきたのに、がっかりだけど、いざとなれば、Linux(Ubuntuあたり?)をインストールすればいいでしょう。
バッテリーは結構もちそうだということが判明。
暇なときに、今度はVGN-T30Bの方をSSD化してみます。

けっこうツメがあまいな自分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月26日 (土)

いろいろ処分しました。

断捨離ってわけでもないのです。
けっこう未練たらたらです。
でも貧乏なので、使っていたものを売りました。
今のところ、「これマストアイテムだから」というところまでは、なんとか踏み込んでない(まあ、マイクロカセットなんかは、売ろうにも売れないですので処分できないですけれど)ので、売ってしばらく呆然とするようなまでにはいたりません。今のところ、ですけれどね。

今回処分したもの。
①キヤノン IXY30S 黄色
 明るいレンズ、スーパーカーのイメージの黄色が気に入っていた。
②ソニー DSC-TX7 濃紺
 コンパクトでAVCHDが撮れる。
③リコー R10 黒
 リコーの高倍率コンパクトで最後のCCD機
④iPhone3GS 32GB黒
 iPhone4Sのキャンペーンのため、今までと同様の出費で機種交換ができたので、いろいろ(まあ音楽プレイヤーは、WALKMANがあるし)考えて、これ売れば、今までといっしょの出費で、いくらかお金がもらえちゃう、しかも6ヶ月通信代1000円引きだ、ということで。
⑤iPad 32GB(中古購入)
 iPhoneが快適なので、これが大画面だと、もっと快適かと思っていたら、キーボードのある方が僕にとっては快適だということがわかったので、売ることにした。数ヶ月使わなくても、電池が残っていたのはすごかった。

ま、代替機種があるので、それ~ほどは、惜しくないと言えば、惜しくないけど、それなりに愛着もあったので、お別れはつらかったです。

例えば、DSC-HX7が結構気に入っているけど、ジャンクから修理して動かしたDSC-HX5の方が、レスポンスがよいので取っているとか、防水のDSC-TX10をアウトドア撮影用に買ったとか(HX7とTX10は、動作は遅いが、ひずみのないハイビジョン動画が撮れるんだよ。)、あとはじゃんぱらクーポンで高く買い取ってもらえそうだとか、今ホークスセールで買い取り価格がアップするよとかあって、上のヤツを売ってしまいました。
結構最近はじゃんぱらでも査定が厳しくなってる(ような気がする)ので、なかなか満額にはならないですが、減額されても、結構いい値段で売れてくれたので、よかったです。
ヤフオクとかで売ってもよいのですが、いろいろ、ねぇ。
じゃんぱらより1割くらい高く買ってもらえても、梱包とか、いろいろ気を使ってしまい、なんだか割りに合わない気がして。

ま、皆さんは、今ホークス景気なので、思い切って、いろいろ買ってくださいね。
回りまわって、必ずあなたの給料を上げてくれますよ。
日本の景気もよくなりますよ。
東北・関東が微妙なこのごろ、日本を元気にするのは、西日本だと思いますよ。

その時の状況で、できれば、いろんなものを、買いましょう。
(不要なものまで買わなくともよいですが、いろんなことに興味をもつことって、若さを保つことにもなるはずです。)

僕の場合・・・金がなくとも、欲しいものって、いっぱい出てくるんですよ。餓鬼ですか。
さすがに、最近はあれもこれもとはなく、少しは、必要なものを、という観点に立っています。
そういうわけで、安く出ていた、傷入りパナソニックのDMC-FZ100を購入してしまいました。
これいいです。AVCHD動画があまり歪まず撮れるところとか、フリーアングル液晶だとか、高倍率ズームだとか。今持ってるソニーは、動作が遅いんだよなー。最近の新製品は、だいぶレスポンスがよいようだけれども。
(新品買わないと、景気よくならんだろーが、という話は、僕の身入りがよくなっての話です。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無線LAN中継器を買ってみた

プラネックスの、無線LANシンプルエクステンダーFFP-PKE03を、Amazonで購入した。

かねてより、無線LANの届かないところがあるのが不満で、どうにかして、対策しようと思っていたが、APは結構まだいい値段。中古でも結構する。で、じゃんぱらに行ったら、面白いものを見つけた。
ロジテックの、LAN-W150N/U2BKというUSB2.0接続の無線LANアダプタ。
これの面白いところは、小さいということだけではない。なんと、親機モード搭載で、しかも1000円台というお安さ。
2000円台は引くが、1000円台は、結構とびつきがちな僕にとって、魅力的。
これでPCにこいつを挿して常接でいいんじゃないかな?と思い、設定。
結果:届きませんでした。これまでも届くところなら、届いているんですけどね。(SSIDが違うから、元のをとってるわけじゃないですよ。念のため。)
常接PCを違う場所においておくという方法もあるけど、電力の無駄遣いっぽいので躊躇。
で、いいのがないかな~と、探していたら、Amazonでは、フラストレーション・フリー・パッケージ(不満にならない梱包、という意味か?)で、安くプラネックス製品が買えるので、僕としてはちょっと張りこんで、3000円くらいの、FFP-PKE03を購入してしまった、というわけです。
直接LANケーブルを接続して設定もできるというところもいいけど、WPSで自動でセキュリティ設定がされてくれるという手軽さ、あと、USBハブもしくはカードリーダーじゃないかしらと思うくらい小さく軽いというのがよいなぁ。
無線LAN親機はバッファローを使っていて、AOSSで接続設定ができるんだけど、これでできるかなーと不安に思ってやってみる。で、ケーブルで接続し、設定内容を覗いてみると、どうやらうまくいっているっぽい感じ。
携帯端末に無線設定をするときは、キーの入力がめんどくさいので、セキュリティ強度が低くなるけど、WEPでやることが多いけど、FFP-PKE03では、WPA/WPA2 PSKをサポートしていて、より強固なセキュリティなんだけど、どうもWEPの設定では、バッファローの親機のようには、接続できないみたい。
ま、いろいろいじって、満足のいく運用をさぐっていくつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VGN-T72Bが来たよ

ソニーのVGN-T72Bを落札した。
HDDおよびマウンタがないんだって。
どうも他はよさげみたいなので、SSDを乗せるテストのため、入手した。

先日述べたように、うちには2.5inおよび1.8inのZIFコネクタのSSDがある。VGN-T72Bは、1.8inだとのこと。
前にVGN-U50をコンパクトフラッシュでSSD化したとき(話がそれるが、CFはグリーンハウスのQUADタイプを使ったら、劇遅だったので、トランセンドの400倍速にしたら、HDDよりは快適になった。なぜかDMAモードが上がったのだ。)、この機種は、東芝タイプのパラレルATAタイプだったので、ZIF-IDE変換器を購入し、余裕こいてT72到着を待っていた。

で、到着する。分解方法は調べてあるので、(もうHDDはないから、結構思い切れますね。)おもむろにネジを外しまくり、ケーブルを外しまくり、HDDのあった場所を見る・・・と?
これって、日立仕様(ThinkpadX40とかにも使ってるやつですね)のコネクタではないですか。
いろいろ調べたが、ZIFから日立IDEに変換するヤツはなさそう。ましてや、日立仕様のSSDなんか、ことごとく品切れとな。(ま、そりゃそうか。)
というわけで、しょうがないので、現在入手しやすく、安価な、コンパクトフラッシュから日立インターフェースに変換するやつを手配。CFは、前使って失敗した、グリーンハウスQUAD32GBで再チャレンジしてみようと思っている。
念のため、40GBの中古HDDも購入し、備えておくことにした。
これらが手元に届くのに数日かかるだろうから、ちょっとT30Bで、T72Bについてきた充電池の劣化具合でも見ながら、遊んで待つことにしよう。ははは。

こいつら、SSD化できれば、結構いいモバマシンとなると思うんですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TPS-L2のその後

片チャネルしか聞こえないTPS-L2。
てっきり片側のボリュームが錆びてるんだろうなと高をくくってた。
でも、ちょこーとでも、ノイズでもなんでも音がすればいいのに、全くしない。
こういう場合、多分どこかの配線が切れてるんでしょう。
ちょっと面倒、かな。
基板上のパターンのはがれはなさそうだし、半田のはがれもない。
線の途中で中で切れていたらどうしよう、とか考えながら、観察。もう上下前後左右から。

あれ?
この線、ひょっとして、ネジに噛みこんでないかな?
基板を固定するネジだけど、ベルト交換作業で、必ず外すべきネジ(というか、基板をずらさないといけないため)なので、作業中に、ミスしてしまったかな?
ともかく、ネジをゆるめ、線を開放。端っこの被覆がむけていたので、絶縁テープで処理。
多分、この部分から、アースされてしまったのでしょうね。

結局、これで両方のチャネルで音楽が流れるようになり、めでたく解決。

動作も他の同型機より比較的静かなようなので、メカ的には、当たりなのかも。

ぷらんぷらん開くドアについては、気が向いたら、パーツ作って、瞬間接着剤とかで固定しようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月21日 (月)

TPS-L2(初代ウォークマン)を修理

ヤフオクで、電池でモーターが動くものなら、大体3~5k円で落札される、TPS-L2なのですが、僕は1円とか、1000円とかで、見た目の(すごく)悪いやつも落としてみます。

「誰も手を差し伸べないなら、僕のところへおいでよ」的なノリで、安価な出品商品が、終了まぎわになっても入札されないようなものを、つい落札してしまうことがあります。

まあ、駆動用ゴムベルトとか、焼き切れた電子部品や、電解コンデンサとかの交換、劣化した配線(気持ち的には、大体1~2本程度でかんべんして下さい)を張りなおしたり程度とか(面倒なのが結構多いのです。古い配線は、半田ののりも悪くて。)、錆落とし、モーター軸などへの少量の希釈オイル注油(大量はだめです。かえってひどい目に合います。ベンジンで10倍程度に希釈した液を、ちょっとずつ、です。CRC-556は、すぐ乾燥する上に、プラスチックやゴムを劣化させるので、絶対使いません。)程度の作業で直ればラッキーかなと。

ちょっと脱線します。修理で使うのは、若干の材料費(消耗品)と、自分の「知恵」(知識じゃないです。想像力もいります。)です。
工具も、精度のいいのを使うに越したことはないですけれど、これは、自分でいろいろ使ってみて決めるのがよいです。ものはグッデイとかナフコとかハンズマンとか(って言うと、住所わかりそうな・・・)なんかにあります。100円ショップものは、できれば避けたいです。昔、固いネジを外そうとしたら、軸が回転してしまったことがあります。何十回と使うんであれば、最初は高くても、長く使える、精度(というより、自分の感覚にマッチする)がよいのを選ぶのがよいと思います。

工具はまさに自分の手足の延長ですので、できるだけ思い通りに加工できる(動かすことのできる、じゃないですよ。成果物を生成しやすい、ということです。)ものを、実際に触って、決めてください。作業効率が上がるだけでなく、自分の達成感も上がることを保証します。

余談がすぎました。(別記事にすればよかったと反省中。)

前に安価に落としたTPS-L2は、さすがに、腐食が激しく(化学変化の起きたような臭いが充満する、ひどい状態。だいたいアルコール入りウェットティッシュで拭きまくるけど、臭いはなかなかとれない。多分アルカリ電池の液漏れでやられたんだろうな。)、まあ、あまり期待はしてなかった。出品された画像を見て、すぐ、錆だらけってのは分かってた。

だから、あきらめ半分、もし動かせれば、ラッキーだな程度で入札。異常に安値で落札できたので、ともかく(アルミの)錆をとりまくった。つまようじや、ひどいところはマイナスドライバで削りまくった。ネジは腐ってなかったので、なんとかネジを外し、内部もふき掃除。

で、電池の近くが腐食していて、線が断線していたので、新しい線でつなぎ直す。
でも、今のところ、まだ動かせていない。(でもだいぶきれいになったから、少し満足。)機会を見て、また挑戦する予定。

さて、今回のTPS-L2は、前ほどひどくはなかった。若干外観が悪かったので、前ほどではないけれど、相場?よりは、安く落札できた。動かなかったら、前のやつと2個1で直そう程度の考えしかなかった。

外観がきたないのは、積年の汚れ?粘着質的なものとか、埃のタール状になったみたいなものが、黒くこびりついていた。こいつらは、アルコール・ウェットティッシュでしつこく磨けばだいじょうぶ。だめならベンジン(それでもだめならアセトンという手もあるが、プラスチックを溶かすくらいなので、最終手段)。完全にはきれいにならないが、(というか、前のやつ、アルマイト加工?の青色が落ちてるくらいひどかったもんなぁ。)、最初よりは、ずいぶんキレイになった、と思うので、満足しておく。

で、今回のブツは、カセットのふたの支持するところが腐ってなくなっていた。まあ、これは手でやってもいいだろう。問題は内部だ。

お決まりの手順であけてみると、基板や半田の劣化も前のより全然少なく、メカ的にもきれいなもの。電気系が生きていれば、ぜひ動かしてやりたい。

ネジを外して分解して、裏や奥のほうなんか、ちょこちょこ掃除しつつ、いろんな角度から、よ~く観察してみる。(この、「観察」に、十分な時間をとって下さい。自分の最初に思ってなかった故障原因にあたることもあります。ありがちなのが、思わぬところの断線。)

で、今回は、電池ケースのお尻?の方の、配線が、完全に切れていることがわかった。
切れているなら、半田ごてを使ってつなぐしかない。

そこでいくつか問題が出る。
1.半田が四半世紀以上経過してたり、腐食(酸化)してたりで、劣化している。
2.TPS-L2自体の配線が、25年以上の時間経過で、錆びたりして、細く劣化している。
1.については、半田ごてで、新しい半田を盛ればいいように思うが、そうはいかない。適当に半田ごてをあてるだけでは、意図せず周りのプラスチックを溶かすだけ。なので、まず、劣化していると思われる半田表面を、細いマイナスドライバーなどでこそぐ。その後、半田ごてを当て、新しい半田を補給すれば、よい状態になります。前もって配線が切れている場所に、こういった手当てをすることで、作業効率がかなりよくなります。
2.については、できれば、最新の配線を用意して、張り替えてください。古いウォークマン(や、カセット装置)だと、30年以上昔に作られたってのはザラなので、配線(大体、多線芯のビニル被覆)の細い線が、空気などで錆びて、とても細くなっています。配線も、できれば消耗品と思って、張り替えるだけの気持ちで作業してください。(できれば、元のビニルの色と合わせて作業すると、また後に作業するときの効率がよいです。)

今回は、別の線に張りなおすことにした。現状の線は、とても弱くなっていたので、被覆(ビニル)をはがすと、電線も切れまくるという状態(は、よくあるのです)なので、いっそのこと全とっかえがよいという判断。まあ、面倒なので、現状の線は、一応ほっておく。(切断処理しない)

一応、交換しようと思う2本の線の色は、現状となるべく近い色とした。

で、交換して電池を接続したところ、モーターが動くようになった。
こうなったら、いつもどおり、千石さんのゴムベルト(35mmと45mmΦ)に交換し、とりあえず動かせる状態になった。
ボリュームのガリがあるが、これもいつも通りなんで、気にしない~。
しょっちゅうボリュームいじってたら、そのうち直るやろう~。(九州弁やね)

でも、一日で結論ってのも早急だが、実は、右(R)チャネルの音が、まったく聞こえない。
あんまり期待してなかったけど、う~ん。なんとかしてあげられたら。

ということで、今後また、いじってみた結果がよかったら、報告します。

えれあほでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソフトバンク・ホークス、日本一!

とうとう、やってくれましたね。

8年間が長かった~。

ダイエー時代(王監督時代?)から、大体強いんですけど、なかなか日本一まではねぇ。
運が悪いというか、雑だったというか。
今回は、全チームに勝ち越ししたり、年間通じてリーグ1位を明け渡すことが少なかったりで、おおいに期待はしていたのですよ。

しかし、いきなりホームで2連敗とは思わなかった。
結果最終戦までもつれこんだのは、落合中日の強さなんだと思います。
和田とか、打席に立つと怖かったもん。
浅尾も、いい投手ですよね。

第5戦だったか、5対0で勝っていても、9回の馬原の登板が怖かったし。(よく抑えてくれた。)
最終戦もね~、安心して見れなかったですよ。
いつ逆転されても、おかしくない。この緊張感がすべての7試合にあったっていうのが、すさまじさを感じ、手に汗を握り、最後まで応援する力にもなったですね。

ともかく、ソフトバンク・ホークス、優勝おめでとう!
12月11日のパレードを楽しみにしてるよ~。(TVでかも~^^;)
ケータイ、auに乗り換えず、ソフトバンクのままでよかった。
(iPhone4Sに最近機種変更しました。)
おかげで堂々とソフトバンク・ショップに記念品をもらいにいけます(笑)。

秋山さん、孫さん、ソフトバンク・ホークスの選手たち、僕も心で、あなたたちを胴上げしましたよ。
ありがとうございました。そして、お疲れ様でした。ゆっくりお休みください。

えれあほでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月19日 (土)

動画?静止画(写真)?

最近僕が悩んでいることの一つ。

イベントの記録を、動画で残すか、静止画で残すか。

動画のほうが、見ていて面白いのですけれど、めんどくささがあり。
静止画の方は、見ていて想像力が沸きたてられるけど、誤解を生む可能性が高い。

で、大事なことって、例えば、子供の運動会とか見るでしょう?
当然ビデオやカメラで、子供の様子を残したい。
最近じゃ、どっちかというと、ビデオも画質がよいし、メディア保存もBDドライブやHDなどに保存すればいいし、写真にこだわる必要もない気もしています。
でも、写真もいいんですよね。
えっと、また~機械の話なのですけれど、よく整備された、マニュアルのフィルムカメラって、使っていて、気持ちよいものなのです。
ライカとか、無意味に高価なぜいたく品と言われる方もいらっしゃるかもしれませんが、昔の値段と比べると、今の値段はばかみたいに安価みたいです。少なくとも、昔のバルナックライカの時代のように、家1件と同じ値段ってことはないです。相当よい状態のものでも。

なんで、機械好きには、たまらないのですよ。(もはや写真が写らなくともよい、という境地は異常?)

でも、以上の感覚は、多分時代遅れだし、子供・孫からは、あまり好まれないだろうなぁという時代も来るでしょうね。現に、動画対応デジカメの増加や、(ハイビジョンなどの高解像度の)動画再生環境の普及などで、静止画のみのカメラって、どんどん減っていくような気がします。少なくとも大衆にはね。

ニッチとかマニアな人だと、よく整備されたライカM3の巻き上げをするだけで、至福を感じられるようですし、そういう意味で(薬代と思って)ライカ趣味をあきらめる向きも、特に否定できるもんじゃないとおもいました。

で、動画デジカメですよね。これで、昔のシネレンズとか、もっと言うと、ズミクロンとか、ゾナーとかで、動画が撮れるわけですよ。面白くないわけがないですよ~。

うちには、SONY(多いな)の、NEX-3と5があるんで、マウントアダプタで、ライカとかコンタックスとか、ミノルタとか、FDとかのレンズを使おうと思えば使えますよね。
そんだけマウントアダプタとレンズを買う余裕は今はない~~~~。

すっかり言うのを忘れていたけれど、写真は、想像力を掻き立てられる(写し方にもよるけれど)写し方ができるのが魅力ではあります。

現実主義な人の多い現代では、写真は廃れざるを得ないのかもしれないと思ったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

字面ばっかりですみません

えれくとろにくさほりっくです。

なんというか、癖なんでしょうね。
字面が多い投稿ばっかりしております。
見づらいだろうと思います。すみません。
できるだけ写真や絵をを交えるのがいいと思うのですが、不精なため、やりっぱなしになっております。

でも基本、だれかのためになるだろうかな、という情報を発信しようと思ってはいます。
ご迷惑かけます。今後いろいろ改善したいと思っています。

えれほり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やろうと思っていること

特にお知らせするものでもないのですが、自分の気持ちを盛り上げるため、やろうかと思って、二の足をふんでいることを思いのままに書き連ねてみます。

一番の懸念は、ワイドXGA画面のモバイルPC計画です。
 一応、モバイルPC(工人舎PAとかNetWalkerとか)はあるし、最近はAndroid端末とか、iPhone3GSでもWIMAXルータ経由でインターネットアクセスできるようにはしていますけど、やっぱり解像度が高く、適当に画面も大きいのがいいです(ちょっと老眼来てるかも)。連続使用時間も長め(理想は10時間以上)がいい。
 一応、アスースの、EEE PC 1015PEMって、デュアルコアAtom機を、モバイル用と思って買ったけど、重い。電池が重い。
 で、なにげに安かったんで、ヤフオクで落とした、VGN-T30Bです。
 これ、結構軽いし、画面10インチちょいで小さいし、電池もスペック上8時間くらい(実際は5時間弱くらいかな~)もつようだし、DVDはどうでもよかったけど、これでそこそこ快適に動けば・・・よかったのですが。
 やっぱり、遅気味の1.8インチハードディスクだというのもあるみたいで(買うときは、まさか1.8インチとは思わなかった)、起動時間とかもかなり遅い。起動してしまったら、スタンバイも結構早くて、よさげでもあるのですけれど。
 で、こいつをSSD仕様にしてしまえば、快適モバパソとして使えそうだと。
 あ、ちなみにiPadは、使ってみたけど、僕、苦手です。ホッケーゲーム用にはよさそうですけれど。

 で、手持ちでやれそうなことと言うと、ガラクタ箱に入っている、64gbのzif ssd(G-Monster)+zif-IDE変換コネクタとか、CF-1.8in(toshiba)変換器+GreenHouse 32GBQuadとかを利用する。(あれれ結構資源ありますね。)
 今のT30をバラスのは面倒なので、ジャンクでHDDのないT70あたりがオクの方(笑)にころがってないかと思ったけど、ご縁がなく、今のところ落札できてません。
 そのままでも、そこそこ動くからそのまま使えという話もあるけれど、やっぱり快適に使えるといいので、そのうち、SSD交換やってみたいと思います。
 あ、比較用に、Crystalmarkのデータを取っておかなければ。

 手元のVGN-U50で、(トランセンドの)SSDに変えたら、結構快適になったような感じがする(メモリーが256MBなので、そんなたいしたものでもないですけれど)ので、うーん、やるべきか、やらざるべきか。やってみないとわからないもんですけどね。

 他には、PICとか、Arduinoとかの勉強とか(関係ないけどVHDLはちょっと勉強した)、ジャンクで買ったマニュアルフィルムカメラの修理とか、予約録音した、NHK英語講座をMP3再生機に転送するのを、どうやって(ファイル名とかの)ルール付けするか考えるとか、金欠なので、もう手放そうと思っているジャンクを、オークションに出品しようとか、図書館に行って、(軽めの)本を読もうとか、いろいろ考えているところです。
 あー、iPhoneSDKの本とか、KORG DS-10の本とか、完全に、つんどく状態です。

 でも最近買って読んだ、尾木直樹先生と、水無昭善さんの本は、ちょっと面白かったです。2冊ですが、読書の遅い僕が一日一冊ペースで読めたのは奇跡です。P.F.ドラッカーさんの本なんか、1ヶ月以上かかったのに。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近いじったもの:SONY M-400

またマイクロカセットレコーダーです。
SONY M-400をヤフオクで落札。電池とテープを入れて、再生などのボタンを押してみるものの、早送りだけ、かろうじてできた。
多分またベルトが劣化、伸びて、滑ってるのだろう。
で、バラす。
裏からバラしたら、ベルトが滑っているのが見えたので、交換。30mmΦ。
で、また動かしてみた。でも、再生できない。ん~?。
よく見てみると、奥の方に、もう一本ベルトがあるっぽい。
で、表もカバーを取り、カセットの蓋を押さえるネジも外し(ここちょっとやっかい)、カセット室内部のふたのねじを外し、おまけにピンチローラーの金具まで外し(Eリングを飛ばさないように注意)、キャプスタンの押さえパーツのネジを外すと、ベルトにアクセスできるようになった。ので、交換。22Φ。
てなことやってたら、Eリングをなくしてしまい、他の、支障にないところから拝借するというポカとフォローをしつつ、組む。
組んで動かしてみる。モーター音がうるさいが、カセットを入れても、なんとか動いているみたい。ならし運転をしてみたが、やはりうるさい。とりあえず様子をみよう。
後から気づいたが、テープを走行させるときに点灯するべきランプが点かない。どこでミスったんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月16日 (水)

ともかくうまくいったかも?なもの

どうも、エレクトロニクス・アホリックです。

最近うまくいったとか、いかなかった、こととかです。
ウォークマン関係です。

リハビリみたいに、いじりまくってます。

wm-f404  リバースボタンの具合が悪いけど動く、アジマス調整で音がよくなった。
wm-gx707 巻き戻し終了時に、ががっと異音がするけど、ベルト交換して何とか動作。
wm-ex811 ベルトを千石のやつに変えたら、なんとなく動いてる
wm-fx5 ベルトを変えて、少し金具を曲げたら、なんとか動いてる

wm-f202 電池ボックスがないので、検証のしようなし。
wm-ex80 モーター音がうるさい。多分ジャンクになりそう。
wm-20  モーターが動かない。コンデンサの故障も含めて検討。

他にも、wm-2とか、wm-r2とか、ベルト交換だけで、一応動作する、というのが結構あります。

こないだベルト交換した、wm-3を久しぶりにひっぱり出したら、左チャネルの音が小さかった。けど、しばらく動かしていたら、直ったっぽい。
直して動くってのはいいのだが、時々使ってあげないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャンクの初代ウォークマンをいじってみた

えっと、こんばんは。electronicsaholicでございます。

暫く前に、ヤフオクで落札した、初代カセットウォークマン(GUYS & DOLLSではないですよ:分かる人だけ分かって:)不動品を、いじってみたんですよ。

外はもちろん、中もわりと腐っていて、半田も錆びて?灰色にくすんでいる。ダメかな?と思ったけど、やるだけやってみる。
結構、断線が多い(配線が劣化して:20年以上まえの機器だから、しょうがないんですけどね~)ので、支障がない範囲で、電源周りの配線を張り替えました。

結果:動きませんでした。

こういうのは、相性ていうか、めぐり合わせもあるので、今回はそれにそぐわなかったってことで、こんなもんです。

でも、何とかして、動かしたいので、(動かないものを見てると、ぜひ動かしたくなる、例えば、廃線になった汽車とか~打ち捨てられた旧車とか~)、気長に原因を追究していきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々に更新。Pearlcorder L200のその後

Pearlcorder L200なんですが、その後、溶けたピンチローラーのゴムを何とかしたいと思い、ジャンクの山をヤフオクで落札したわけです。
で、オートリバースのPanasonic関係のジャンクから、ピンチローラーを抜き取ったけど、これが微妙に小さすぎて、だめだった。

で、同じジャンク箱にあった、ソニーのTCM-55(モノラルポータブルレコーダ)のローラーがひとまわり大きそうだったので、外してとりつけてみた。(もう外すときは、ラジペンでもぎり取り、他は捨てました。電池入れて、モーターやLEDなぞ動けば、しばらく確保しますけど。)
結果、うまくいったようなので、録音・再生をテストしてみた。だ~いたい、よさそうだったんで、このまま様子を見ることにした。

相変わらず、巻き戻しは、少し不調(トルクが弱ってる?)なのだが、それ以外は、けっこう調子がよくなって、よい傾向です。

最近は、ソニーのM-100っていう、薄型マシンも手に入れ(これも2個1で、なんとかOKになった)たので、嬉しい。これらって、結構10代のころ、カタログをなめるように眺めていた、あこがれ機種だったのよね。こいつらが、1000円前後で入手できるって、いいです。

後ろ向きなのはいけないとわかっていても、昔の青春時代のブツを手にすると、たまりません。そういう僕は、変ですか?変ですね。すみません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 2日 (水)

しまったか。

私のニックネームですが、electronicsに、holicとつけたのですけれど、辞書を見てみると、-aholicと付けるのが正しいようですね。つまりelectronicsaholicと。
しまったなぁ。と思って、electronicsaholicにしようと思ったら、ニックネームの文字数が多すぎる、と怒られた。

ま、とりあえずタイトルだけ変え、そのままにしとこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

wm-d6の修理について

実は、今、タイトルどおりのことに悩んでるんですよね。

コンデンサを変えるべきなんでしょうね。

症状は、約2倍速になるとか、不安定な再生になるとか。

ま、私のほうでも、いろいろ考えて見ます。
ソニーのwm-d6について詳しい方、書き込みしていただければ嬉しいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Pearlcorder L200のことなど

ヤフオクで、オリンパスのPearlcorder L200を落札したのですよ。

で、来てみたら、ピンチローラーがどろどろで、使い物にならないと。
結局、ピンチローラーのゴム全部ぶちぬいて、様子を見ることにした。
(今考えると、ローラーの表面に、ゴム塗料かなにか塗るべきだったか。)
オクで別のオリンパスのジャンクを拾って埋め合わせるかとか思っても、そもそもこの
筐体、再生時にノイズが出るっていうことなので、あきらめようかな。
ま、僕はテープが回るだけで面白いと思う人だから。

早送りはできるんだよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まずは最近の作業、ソニーM-88の修理

 こんばんは。こんな夜中に、なにやってるんでしょうね。

 というか、嬉しかったことがあったので、報告です。

 SONYの、M-88という、マイクロカセットテープレコーダーを知っていますか?
 オークションで入手して、小ささに感動し、意味なく音声録音しています。
 最初に落札した機器が、音が異常に小さく、録音もまともにできないので、結局3台購入しました。(そのうち、2台が、まともに使えない。)
 だいたい、こういう状況では、電子回路の中で、一番劣化しやすい、電解コンデンサを疑う、というのが本道だと思います。同じコンデンサでも、他の種類は、比較的寿命は長いと思います。
 ウェブを調べてみたら、コンデンサを交換したら、直ったという記事を見つけたので、自分もやってみようと思ったのですが、果たして、これほど小さいコンデンサが入手できるか、ということを考えました。
 で、時々お世話になっている、共立エレショップで電解コンデンサを探してみると、超小型と謳われている電解コンデンサを注文。
 内訳は、16V47uFを1、4V47uFを4、4V100uFを2、合計7個を2台分+失敗または不良にそなえ、2つずつ追加注文。合計630円で注文。これで2台のM-88が治るなら、安いもんだ。(でも、本当によいのか、ちょっとびびった。1台目で失敗したら、またやり直そう。)
 2~3日くらいして届いたので、2台分のコンデンサを全部とりかえるつもりで、作業にとりかかった。もちろん、最初の1台がうまく動作するのを確認できてから、次にとりかかる。
 M-88のコンデンサは、面実装なので、適度にピンセットなどで抑えながら、半田ごてで半田を溶かして、古い電解コンデンサを外していく。
 外して気づいたが、結構コンデンサの内容物がもれた跡が残っていた。こんな状態じゃ、まともに動きはしないよなぁ。やっぱり、変えようと思ってよかった。
 注文した電解コンデンサは、もともと装着されている面実装タイプでなく、普通の二本足のコンデンサなので、両足を全開に開いて、導線を適当に短く切って、外した古い電解コンデンサの跡地に、「極性を間違えずに」半田付けしていく。でも超小型との謳いは誤りでなく、基板を元に戻すのに、特段の苦労はなかったです。体積的な干渉もなく、すんなり戻せました。
 で、基板をネジ止めして、動作がうまくいくかチェックしたところ、
 「ふ~ん、普通はこうなるんだ。」
 という感じでした。
 そりゃそうよね、と言われればそうです。そうでなけりゃ、という動作をするってことが、僕の喜びですよ。はい。
 そして、外装のネジ止めをして、マイクロカセットテープを入れて、動作確認すると、大成功!ちゃんと治りました!
 こういう、ちゃんと治って、正常な(思ったとおりの)動作になった、というのが、すごく嬉しいです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

まずは自己紹介

生まれて初めてブログを作成します。electronicsaholicです。
ま、名前どおり、電子もの好きです。ので、そういった話題が多いと思います。
なんというか、いろいろデジものとか、携帯端末とか、その他いろいろ興味があるものについて、できれば、皆様のお役に立てる情報をあげていけたらなぁ、と思うしだいです。また、僕の困っていることに、アドバイスいただければ、とても嬉しいです。

ともかく、ブログデビューなので、いろいろご迷惑かけると思いますが、これからよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2011年12月 »