2014年8月 9日 (土)

困った。

いやぁ、困った。

10年くらい前ですが、まぁ言ってしまえば、今で言うIoTってやつ、考えてたんですよね。
知恵もやり方もわかんなかったので、まあそのうち、と思って放っておいたら、今きてますよ。

まあちょっと考えれば、こういうこと、思いつく人、やれる人、いっぱいいますけれど。

IoTまでいくと、プロトコルとか、いろいろ規格的なことを考えられる人が必要っぽいのですが、そうなると、それなりの組織が必要で、個人または少数精鋭でできるもんではないです。

そこまではいかないまでも、というか、趣味的に、マイコン応用的な、家電制御的な、ということを、前からやりたかった。

昔なら、Z80とか、8ビット(!)の、定番マイコン(というか、パソコンのCPUだった)があるわけで、それだけをやれば、まあ通用するかということはあったと思うし、あれは命令形態とか学習しやすいCPUだったので、それなりに勉強しましたよ。

で、10年くらい前。
H8とかを中心に、制御用マイコン。Z80は電力関係、処理能力とか時代遅れで廃れる(互換CPUが、ポケットコンピュータに搭載されたりとか)。
そのうち、PICが流行。

そして今。
PICは、まだ生き残ってるみたい。H8の後、SuperHとかあったけど、もう消えたかな。
あと、Arduinoとか、Raspberry Piとか(あれはLinux系で、ちょっと重いかな)。
前にも言ったけど、TOCOSのマイコン、あれよくできてる。

そんな中で、今、何に手を出そうかな~。と。(笑)
ま、単に電子制御とか、やりたいだけ。

Raspberry Piは、OSが重そう、ちょっとフォーカスがずれてるかも(でもそれがいいかも)な感じなので、とりあえずパスの方向かな。

Arduinoは、まあまあ、かも。安いし。でも、ちょっと大きい、のかな。

PICは、豆PICもあったりで、結構楽しそうだけれど、処理能力的な関係で、ある程度制限されそう。(それがよいかも。)

そうなると、という訳でもないけれど、TOCOSのTWE-Liteは、コストパフォーマンス的に、魅力的。安くて小さい。それでいて、消費電力も低い(スリープモードを活用すれば)。
デフォルトで(電子部品の組み立てのみで)ある程度の満足いく結果も得られるし、ディープに突っ込もうと思えば、SDKで、Eclipse使って、プログラミングもできるみたいだし。

PICも、かなりコスパはいいと思うけれど、いろいろと準備みたいのが必要だし、それを安価で標準で準備されていないというのが痛い(ちょっとした知識でカバーできますが、電子関係入門者には、やっぱりハードルが高い(というか、ひいては、そこが電子技術者の育成のハードルだった)と思う)のですよね。あとは費用対コストが、よく分からないとか。

そういう意味でも、TWE-Liteは、標準のツールを用意されているというのが、強いし、ありがたい。
アセンブラが使わ(え)ないというのが、まあ今風といえばそうなのかも。
(ハードの違いを、隠蔽できるメリットもあるし。)

別に、東京コスモス電機(とは言いつつ、神奈川県座間市に在住だったりする)の肩を持つわけではないけれど、ユーザー側からのハードルが低いのは、手法としても、とてもよいことだとは思うので、よいと思います。

ついでながらですが、TOCOSのページ、本当に分かりやすい。
そういう点からも、とても好感がもてますので、これからもがんばって欲しいものです。

とか、いろいろ述べましたが、結論はまだ出ていないのです。
PICも、Arduinoも、Raspberry Piも、どれも魅力的ですからね。
(ルネサスのGR-SAKURAも、本音では、応援したいのですけれどね。)
本気で、困ってます。頭もお金も限られてますからねぇ。

最近は
http://www.aitendo.com/
なんか見て、幸せになってます。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月19日 (土)

dsc-wx7で撮像素子前のフィルターを外してみたら

裏面照射CMOSセンサの前に、緑色の透明板が貼ってあって。

もしかして、いわゆる、ローパスフィルタだったら、これ外したら、解像度(解像感)上がるんじゃない?と思ったのです。

そういうことで、この「板」を外してみることに。
ジャンクから取り外した「不良品」(掃除しても、ゴミが写りこむ)があったので、ピンセットで、むりやり剥ぎ取ってしまい、掃除してから装着。

#ローパスというのは、一般に「周波数成分で、高い周波数のものを取り除き、あるところより低い周波数成分のみ通す(パスする)」という意味です。すなわち、色とか輪郭が急に変わるとか、目が細かい部分なんか(=高周波)をある程度「ぼやかす」ことです。それによって写真的によくなることもあるようですが、僕は個人的には、こんなものいらないと思う派です(ソフトでどうとでもなるし)。最近の高級カメラはローパスを弱める、またはつけない(必要ならソフトで処理)という傾向ですね。

結果:紫色の絵になってしまうことが分かりました。
(まあ、予想できたことですけれど:紫は、緑の捕色だし:光でM(=R+B)+Gは白色。)

外で撮影すると、どうなるかわからないですが、ホワイトバランスの自動補正でも、補正できないくらい、ということなんでしょうかね。
ホワイトバランスがマニュアルで調整できる機種なら、このままにしておいたかもですが、このままでは写真にならないので、あきらめて元に戻しました。

実際に撮影した写真がなくて恐縮ですが(相当暇なときに、またやるかも)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月28日 (土)

相変わらず

ココログ書くのは、IEじゃないと、満足いく結果にならない。

正直、めんどくさい。

というか、IEでも、使いにくくなってるってのは、なんでなのかなぁ。

改行くらい、まともに・・・。(という、この記事は、IEで書いてます。改行幅が大きいのは、IEのせいです。)

(追記)

改行幅が、一度のCRで、2行になって、めんどくさいなぁと思っていたら、ウェブ上では、1行に治ってました。なんで????

編集時の見た目と、ウエブ上の見た目が違うってのが、やっぱり、ダメです。

なじめません。

残念ながら、ココログは、遊び以上には、使えないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実はね。な話

電子パーツとか、買うときの、最近の話。

昔は、近所のカホパーツ(飯塚市のね;元、本家、というか、創業地ですかね)。

わりと最近も、やっぱり福岡市のカホパーツ。
で、結構最近は、ネットで、なんちゃら通商とか(秋月とか、若松とか、千石とか)。まあ、共立電子とか、メール便で、お安い送料で、助かったりとかで多用したりしてました。

直近だと、なんか、カホまで行くのもめんどくさい。けどあそこ、経費で落ちるし。でもめんどいので、自腹でいいよとか、結局(安月給のくせに)自腹切る。

そういう意味で、最近、(自腹)やっちゃってる(というか、つい、いっちゃってる)系なのが、aitendoです。
なんせ安い。もの自体の、ですが。
送料がまあ、かかりがちなので、わりとまとめて注文できるものは、ためこんでとかすると、お徳でしょうね。
多分あっち(海外)に作らせて入れるという方法を熟知してるところなのでしょう。
商品開拓も、半端ないペースで、雑誌の露出もかなりですね。

個人的に、USBオシロを、アマゾンより安く・・・無理?
ま、あそこは、あくまで「小売」なので、まあ、そこまでなのですが、・・・

メーカーですが、
http://www.tocos-j.co.jp/index.html
なんか、最近来てるなぁと。
いやぁ、やるなぁ。こういうこと、やるところ、いいなぁ。
戦略として優れているところ。

1. マイコン制御で、SDKなんか、用意されているところ(Eclipse環境ですよ).
2. それで満足できない(というか、難しくて、やっとれんぞという、せっかちな方)には、「なんもせんでも、基本は動くぞよ」というところ。
で、無線通信で、データ伝送が、簡単にできるよ~、というところが、素敵です。
「こんなんじゃ、足りねーよ」なら、普通以上の、マイコン開発環境もありますよと。
この辺の、無線デフォルトな、マイコンあたりを、積極的に制覇しておくと、将来のつぶしが効いたりとか、いやらしい考えも、あったりしますが、でもある意味の、指針を見出せますね。
つまり、「頭」の入る余地を作っておく、ということ。
最近じゃ、単純な(というか、むしろ昔懐かしい)MIPSなんて、さっぱり聞かないということ。

つまり、「考えること」が、未来を作るかなと。
そういう見地が、知る人に知るところに、なりつつあります。

例えば、単位電力(ワットですね)あたりの計算能力で、日本が、トップ10のうちの、ほとんどを占めている結果とか。
(最近じゃ、計算機のTop 500なんかでトップを取っても、「意味ないよね」的な考え方になってたりしますね。)
http://www.kyushu-u.ac.jp/pressrelease/2014/2014_06_25_2.pdf

もう、通り一遍等(というか、頭使わないで、一等賞的な、まあ言ってしまえば、ジャイアン的な)なところを超えて、真に「意味ある」コンピューティングをする、時代なのを実感します。

今は、ともかく体動かせとか、考えなしでも勢いでとか、力任せでは、ダメな時代みたい
ですね(仕事上も実感してますが)。

ああ、PICで、単純にいくか、ラズベリーパイでアレするか、おとなしくArduinoすべきか、ちょい冒険でSakuraするか、アレしてナニするか。

選択肢が減ったんだか、増えたんだか。(苦笑)

H8とか、アレとか、どうなったんだろう。(苦悩)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばらんばらん

久々です。なんか休みでも、余裕なくって。
最近は、わりとヤフオクで、ジャンクのデジカメ(僕の大好きなソニーの専門みたいになってますが)を、いじることが、けっこう多いですね。
以下、DSC-WX7です。

不動パーツですからね。まあいいかと、いつもより、突っ込んで、分解しました。

Wx7
(クリックで、多分拡大。)
ネジとかギアとか、少々、吹き飛んで、写ってないのが少々多少であります(笑)。
#写真とってから、見つかったとか。
まあ、本心は、鏡筒とか、簡単に外せる方法とかないかなーと思ったのですが。
そう簡単には、いかなさそうです。
本体色で、鏡筒色も変わるから、なんとか、色を合わせたいなと、思ったけれど、無理かなぁ。
でも、本体色に合わせて、レンズ鏡筒色なんか、よくもこれほど揃えて。
ソニーのこだわりは感じますけど。
(その割りに、両面テープ固定なのが、職人的こだわりを感じなかったり。)
修理部隊でも、ここまで分解しないと思ったので(多分ASSY交換)、公開してみました。
そろそろ、マイコンをいじりたいなぁ。
(いや、いや、仕事のことで、頭がいっぱいです。FEMとかいろいろ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月16日 (日)

Latitude E4310の液晶交換

ヤフオクで安く落札できたもので・・・。

Dscf6016

購入時は、もう少しまともだったのですが、画面を押したりして、ダメを押してしまったようで。
そういうことで、ヤフオクで液晶パネルを購入。本当は、中古ジャンク品で安いのがあればよかったのですが、我慢できず。

Dscf6017

前面ベゼルをどうやって外すのか?に暫く悩みました。

普通なら、傷防止のゴムの下などに隠れているネジを外すのですが、ネットに転がっていたサービスマニュアルを見てみると、「プラスチックスクライブ」を用いて?
プラスチックスクライブって何? scribe=書き込むもの?よく分からない。

ネジを外せと書かれてないということは、「スクレイパー」のようなもので、隙間をこじれば、とれるということか。ツメを折るのではないか心配。

ということで、親指の爪で、こじっていたら、ばきばきと外れたので、あ、これでよかったんだと。そうですか、そうなんですか。
あとは、ネジ止めされている、液晶パネル横の固定金具を移植し、コネクタを外し、と、特に難しい作業なし。

ちなみに、ツメの様子なんぞ。

Dscf6019

画面下部。

Dscf6020

画面上部。カメラがありますね。

Dscf6021

画面右横部。

いやしかし、本体安かったとか思っていましたが、今回の液晶とか、他にHDD、バッテリーとかいろいろ買うと、結局あんまり安くもないなぁと、またいつもと同じ失敗をしてしまってます。

最近ヤフオクって、ちゃんとしたチェックをした大手中古店と同じくらいの値段で出品してることが多くて、ジャンクも高く出品されていて、前みたいにおいしくない、という話(愚痴)を前もしたっけ。

まあともかく、うちで最初のCore i5マシンができました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年1月26日 (日)

SONY DSC-HX30Vの修理

DSC-HX30Vが、電源を切った状態でも2日くらいで電池が空になるので、部品用のジャンクを購入。

Dscf2023

ばらばら。

Dscf2024

今回はこの基板(モードダイヤルのある部品の下にある;右の丸いものはバックアップ電池?)を交換したら、よくなった模様。ただいまテスト中。

ここに至るまで、いろんな箇所の部品を交換してみたのですが、見た目でよく分からない故障が、一番やっかいです。何度分解・交換・テストを繰り返したことか・・・。
(そういったことを繰り返すうちに、いい部品まで壊してしまうのが最悪のパターン。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

新年あけましておめでとうございます2014

あけましておめでとうございます。

昨年はしょうもない内容のこのブログをご覧いただき、ありがとうございました。
今年も多分、基本的なスタンスとして、「何か役に立つかも、けど役に立たないかも、でも気が向いたときに、暇があったら、電子関係・カメラ関係の修理記事を書いていく」という感じでやっていくと思います。

基本的に気分がのらない、または暇がないことが昨年多かった(特に後半)ので、今年はどうなるか・・・。

昨日の大晦日は、テレビを見たり、ニコンF-801のニコイチしてたりでした。
おかげでF-801は、動作するようになりました。
年が明けて昨年の話をするのもなんですが、概要を・・・。

1台はErr表示、もう1台は電源入らず。
Err品から電源スイッチを移植しようと思いましたが、電源入らず品はスイッチには特に異常なし。
基板交換しようと思ったが、基板をたどると、エプロン(ミラーボックス)部とボディ(シャッター)部を剥がすことに。
意外にかんたんに剥がせることはよかったけれど、大修理になってしまいました。
Errの方は、底部が黒くなっていたので、なにかが焼けてしまって、固着したのかもしれません(フィルム供給モーターあたり?)。
もう1台の方は結局故障理由不明。基板上のICが飛んだかな。
日立のH8らしきマイコンが乗っていたのは感慨(今更だけれど)。

Err表示は、どうも機械的部分の故障によるのかもしれません。
電源が入るので基板関係はOKでも、機械関係のどこかが悪いと。
今回はフィルム給送音(あの「がひー」という音)も聞こえないので、まあそのあたりの故障だったのでしょう。

まあともかくそういうことで、年越し前に、ちょっとめでたい(?)こともあったので、いい気分で新年を迎えられたと思います。

昨年は悩み多い年だったので、今年はそういうことが少なく、幸せな一年が送れたらよいなぁ。
(気の持ちようという話もありますが。)

午年だけに、うまくいくと・・・。           ゴメンナサイ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月31日 (火)

1年を振り返る(のと、ブログ更新サボりのお詫び)

なんだかんだで4ヶ月以上も、このブログを更新してませんでした。
一応生存はしておりますし、大病していたわけでもありません。そこそこ元気です。
まあ、言ってみれば、めんどくさい病ですかね。(こら。)
ご心配おかけして、すみません。(え?してない?笑)

そうこうしているうち、台風、紅葉、初雪と季節は流れ、もう寒くて、朝に布団からなかなか離れられないように・・・。うーん。
今月頭は、風邪がらみで10日も寝込んだし。
3種類くらい、違う風邪をもらっていたような感じ。
前はこんなことなかったのになぁ。体力なくなってるのかしら。

この1年で、体重は1割以上減少。
特にこの数ヶ月は、少し体を動かすのが楽になった気が。
数ヶ月、お酒を飲まないようにしたから、というのもあるのかな。
BMIも(やっと)標準の範囲に入り、数値的には健康になっているようです。
頭は結構アホのままですが(笑)。
あ、でも休みでも散歩とかするようにしてるので、少しは脳にもよいかも。
しかし激しい運動とかは、まだやる気がしないですねぇ。

仕事で頭がいっぱいで、あまり電気機器関係に時間をかけてないので、ブログにアップするネタがありませんでした。

・・・すみません、嘘です。
安いジャンクデジカメを買って、ニコイチとかしてました。
中には、少し操作しているうちに、動くようになったりとか。
そういうのを記事にしようかと思ったりしてましたが、ま~だなんだか、めんどくさがりな性格が直ってないようで、全然記事にしてません。
写真も撮ってないですし。

散歩ネタも、だいぶ尽きてきたので、もっとダイナミックに(すなわち遠くへ)と思ってるところでもあります(思ってるだけかも)。

今年はそんな感じで、めんどくさがり病が治らずなので、来年は、少しはよくなればなぁとか思ってます。
あとは、もう少し頭がよくなってくれないかなぁと。(笑)

今まで(特にこの数年)なんとか生きてこれただけでも、感謝しないといけないのでしょう。
けれど、今年いろいろと苦労したので、来年は、いい年になってくれないかなぁ。

この記事を読んでくださった方も、来年はよい年になりますように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年8月13日 (火)

Topcor 5cm/3.5と、Jupiter-3/1.5の比較

先日の電車乗車のついでに、テスト撮影。
カメラは、E-PM1+怪しい(笑)ライカMアダプタ。

30%に縮小した画像対決。

Jupiter8_1

ゾナーコピーということで名高い、ジュピター3 50mm/1.5の画像ですね。
現代のカメラで撮影した割にはいいでしょう?(正直ここまでとは思いました。)
絞りは・・・このときはf1.5開放で撮影してたと思う。

次は、

Topcor50_1

トプコールの5cm/3.5です。開放fが大きい分、少しだけ精細な感じがするようなしないような。絞りは開放3.5だったはず。

ま、どちらも(同じ縮小率とはいえ)縮小ですからボケとか解像感はわかりにくいですか。

次は、縮小なしで比較。

原画はこれ(縮小してます)。

Haruda_1

まあ、コントラストな感じは、モノトーン的な駅舎なので感じられると思いますが、特に(この画面で写っている)オレンジとか、ブルーを拡大してみます。

これ以下、元画像の等倍切り出しです(クリックで等倍画像表示です、少しだけ大きくなります)。

まずトプコールです。
Topcor50_2

開放ですから、それなりに甘いですけれど、f3.5と考えると、結構くっきり。

Jupiter8_2

同じくらいの露出は考えていたつもりなのですが、こちらの方が、若干やんわりしている感じです。開放f1.5だからとはいえ、少しは(5.6くらい)絞った(と記憶している)ので、ここまでというのは、ちょっと考えます。

色はたいして違わないかな。

Topcor50_3

Jupiter8_3

後者のJupiter-3については、色合い、解像感とも、少しTopcorに負けているように思います。というか、あっさり目な画像ですね。これはこれで味がある気がしますが、時々フレアが出るのは、やっぱりノンコートですね。

同じゾナー系の、キヤノンのf1.5も、比較にはよさげなのですが、僕の手元には、ジャンクの、かなり光学系問題ありのもので。まあこのあたりも、気が向けば(その前に掃除か)。

そういえば、WM-20/30のこととか・・・。まあ暇なときにでも。(暇内~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«せいくらべ(ぉぃ)